概要

仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか

仮想通貨はビジネスに使えるものでしょうか
投資をする時には、話題となっているトレンドでも、その投資対象はどのよう仕組みの物なのか、本当に投資をする価値はあるのかを考えることが非常に重要です。

暗号資産を安全に管理するために大切なこと

ジョナサンさん:暗号資産の管理でよく耳にする言葉に「ウォレット」「秘密鍵」「公開鍵」があります。「ウォレット」とは、暗号資産を保有したり、管理したり、移転させたりするためのものです。「秘密鍵」「公開鍵」はそのために必要な暗号のこと。銀行の預金口座で例えるなら、「ウォレット」は預金口座で、「公開鍵」は口座番号、「秘密鍵」は印鑑またはインターネットバンキングの契約番号(ID)、ログインパスワード、ワンタイムパスワードなどのセットです。

安全な管理方法とは? ウォレットの種類を学ぶ

――暗号資産を保有する概念は分かりました。取引所からの流出など、不安に思えるニュースも聞こえてきます。どのように保有するのが安全なのでしょうか?

ジョナサンさん:暗号資産の保有場所として、まず多いのは暗号資産取引所のウォレットですね。そういう意味では、取引所はウォレット代行サービスとも言えます。秘密鍵は取引所が保有していますので、もし何かしらの事件があって、取引所が暗号資産の移転を禁止してしまったら、法的な手段を使わずして取り戻すことは難しい。過去に何回かあったように、取引所がハッキングされて、暗号資産が流出することもあります。

――個人が安全に保有するには、取引所の外に置いたほうがいいということですか?

ジョナサンさん:個人が暗号資産を安全に管理するのによく使われているのは「ハードウェアウォレット」です。これは秘密鍵を管理するために設計された専用のハードウェア。スマホやパソコン内のアプリやクラウド、サーバーで管理するのではなく、専用の物体で暗号資産を管理します。

――危ないウォレットアプリですね……。どうやって見分ければいいのでしょう?

ジョナサンさん:正直、一般の方がそれを見分けるのは難しくて…。技術に詳しい人にお金を払ってウォレットアプリの監査をしてもらうくらいしか方法はないですね。でもそのお金が出せるのならハードウェアウォレットを買ってください。安いものなら3000円くらいからありますから。ということでオススメはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットにも様々なレベルのセキュリティのものがありますが、総じてウォレットアプリよりもセキュリティが高かったりします。

――ハードウェアウォレットと取引所のウォレットの使い分けが必要ということですね。

ジョナサンさん:もちろん、ハードウェアウォレットにも紛失や盗難などのリスクが伴います。そういう意味でもリスクを分散させることが大事です。例えば7割の暗号資産はハードウェアウォレットに置き、残りの3割を取引所に置いて、値段の動きがあったらある程度売買できるようにしておこうとか。長期的に投資している人は100%自分で管理しても良いと思います。

暗号資産が取引所から流出!利用者がしてはいけないこととは

――取引所がハッキングされて、暗号資産が流出してしまった場合に利用者はどう対応すればいいのでしょうか?

ジョナサンさん:流出が起こってしまったときに、一番してはいけないのは「焦ること」。

――いや、どうしても焦ってしまいますよ……。

ジョナサンさん:ですよね。でも、焦らないこと、それに加えて「取り出さないこと」も大切です。取引所がハッキングされたからと言って、焦って自分の暗号資産を取り出そうとしないでください。ハードウェアウォレットに取り出すならまだしも、どこのものとも分からない、セキュリティが非常に甘いウォレットアプリを焦ってダウンロードして、そこに移したりしたら…。そのウォレットにウイルスが仕込んであって、暗号資産をすべて抜き取られるという可能性もあります。

あなたがハッキングに遭う可能性もあります

――ハードウェアウォレットにせよ、ウォレットアプリにせよ、取引所ではなく私たち個人のウォレットがハッカーに狙われることもありますよね?

ジョナサンさん:実際にそのような事例も報告されています。ふたつ紹介しましょう。

――暗号資産に限った話ではありませんが、十分に注意したいですね。

今回のまとめ

ジョナサン・アンダーウッドさん FLOCブロックチェーン大学校 校長
ビットバンク株式会社 チーフビットコインオフィサー
アメリカ出身のビットコイン研究者。ビットコインのオープンソース、ウォレットプロジェクトの開発や、プロトコルを定める提案などに参画。2017年日本において、ブロックチェーンエンジニアが技術や知識を学ぶ場が少ない現状を打破したいという想いからブロックチェーン大学校株式会社を設立。2018年FLOCブロックチェーン大学校校長に就任。 ブロックチェーン教育、および暗号資産(仮想通貨)のセキュリティ問題に関しては、国内でも有数の識者であり、メディアを通じての啓蒙活動も積極的に行っている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる