海外FXお役立ちガイド

フィボナッチはバイナリーオプションで有効

フィボナッチはバイナリーオプションで有効
左近寺

バイナリー実践トレード手法!フィボナッチとピッチフォーク

フィボナッチリトレースメントは、トレンドの中の押し目や戻りを見つけるために使われることが多いので、ある程度トレンドができた後に引きます。 手順は次の通りです。 ①トレンドを見つける 黄色の枠のレンジをブレイクしてトレンドができ、 ある程度進んでいることが確認できます。 ②トレンドの起点を100%に(レンジを抜けた所ではないことに注意) トレンドの頂点を0%に設定

フィボナッチリトレースメントを使ったバイナリーオプションの取引

まずはフィボナッチリトレースメントの使い方の通り、トレンドを見つけましょう。 次に、トレンドの起点を100%に合わせ、高値を0%に合わせましょう。 ここで引かれた数字のラインは、 全て上から落ちてきた時に反発すると思われる候補です。 特に23.6と38.2はラインとして良く機能するので、 この2つの地点に水平線を引いて下さい。 トレードチャンスを増やしたければその他のポイントにも線を引いても良いでしょう。 その後はフィボナッチリトレースメントがあっても 邪魔なので消すことをオススメします。 そして、23.6と38.2のラインに落ちてきたら「HIGH」で勝負しましょう。 実際に、その後のチャートではこの2つのラインに達した時に 「HIGH」をしておけば勝利していた可能性が高いポイントが多くあります。 このように、フィボナッチリトレースメントはとても有効であることがわかるでしょう。 このインジケーターは、使用者が少なくないので同じようにチャンスだと思っている人が大勢いることが見込めます。 仮に自分が「HIGH」で参加したいと思ったのであれば、 市場参加者の多くがロング(FXにおけるHIGH)で入りたいと考えています。 このため、レートが上がり、自身のバイナリーオプションも上手くいきやすいです。

ピッチフォークとは

ピッチフォークの使い方

ピッチフォークは、トレンドラインを引くためのツールなので、 まずはトレンドをトレンドを見つけましょう。 画像では黄色の枠のレンジをブレイクしているので下降トレンドです。 その後ピッチフォークを開き、トレンドの起点に合わせます。 ブレイクした瞬間ではないことに気を付けましょう。 その後、トレンドの両端(押し目と戻り)にピッチフォークを合わせれば完成です。 ポイントは、真ん中の線をトレンドの起点とすることです。 これを間違えると機能しないので注意しましょう。

ピッチフォークを利用したバイナリーオプションの取引

まずは、トレンドを見け、ピッチフォークを引きましょう。 そして、赤い線(フィボナッチはバイナリーオプションで有効 主力となる3本線)に達したら 「LOW」でエントリーするチャンスです。 ただ、注目して頂きたいのは、 トレンドラインとなる1本だけでトレードしている点です。 画像の場合は、ピッチフォークの中心の線に達した時に「HIGH」でトレードできなくはありませんし、実際にしていたら高い勝率が望めるポイントなのは確かです。 しかし、これはトレンドに敢えて逆らう逆張りという高等技術なので鍛錬が必要です。初心者の方向けではないので、 まずはトレンドラインに達した時の「LOW」を行いましょう。 フィボナッチはバイナリーオプションで有効 バイナリーオプションは高等技術を駆使したからといって特別ボーナスがあるわけではないので、トレンドラインとなる1本だけを使っても何の問題もありません。

フィボナッチリトレースメント・ピッチフォーク両方の注意点

フィボナッチリトレースメントとピッチフォークはトレンド相場で効果を発揮します。そこで重要なのは、トレンド相場を見つけることです。 これらのインジケーターは引こうと思えばほとんどの場所に引けます。 レンジの中でもトレンドに見える点は多くあるので、 フィボナッチはバイナリーオプションで有効 どこもかしこもチャンスに見えるはずです。 しかし、適当に引いたものは機能するはずがありません。 今回紹介したように、ちゃんとレンジブレイクしたのか枠を引くなどの工夫をして本当にトレンド相場なのかを判断するように心がけましょう。 そして、どちらにも慣れていない人が多いと思われるので、必ずデモトレードで成功率を検証してからバイナリーオプションに臨みましょう。 設定すれば勝手に出てくる移動平均線などとは違い、自分でチャートの中に描くため、慣れなければ難しいです。 特に、ピッチフォークは知る人ぞ知るインジケーターなので、ぶっつけ本番で取引すると痛い目を見ることになるかもしれません。

フィボナッチリトレースメントとピッチフォークは トレンドが出た後に使うインジケーターです。 このため、トレンドが出た後だと認識する必要があるので、 まずは現在の相場環境を理解することが大切と言えます。 このため、少し手間はかかるものの、 手法として落とし込むことができればかなり有効なトレードができるでしょう。 初心者方にオススメなのは次の方法です。 ・フィボナッチリトレースメント 23.6と38.2からの反発を狙う ・ピッチフォーク トレンドラインとなる1本からの反発を狙う ぜひ使ってみて、自分なりの手法を考えてみて下さい。

北田式・フィボナッチ・アカデミーでは勝てない!実践者が72万円騙し取られたリアルな口コミをインタビュー!

左近寺のアイコン画像

左近寺

投資初心者のアイコン画像

投資初心者

左近寺のアイコン画像

左近寺

投資初心者のアイコン画像

投資初心者

左近寺のアイコン画像

左近寺

投資初心者のアイコン画像

投資初心者

左近寺のアイコン画像

左近寺

投資初心者のアイコン画像

投資初心者

北田式・フィボナッチ・アカデミーは稼げない!体験者の証言を元に分析

勝てる手法ではない可能性が高い

そもそも手法が本当に検証されているのかどうかは、 トレーダー自身がそれぞれで試してみないと分からない ものです。

フィボナッチリトレースメントは、上昇相場での押し目や下降相場での一時的な戻りの目標価格を見て、 反落・反転のポイントを見つけるために用いられる指標 であり、特に珍しい手法というわけではありません。

謳い文句がそもそも現実的ではない

例えば、上記の画像にある 「1日2~3分のスキマ時間、わずか半年で237連勝の衝撃!もちろんその間勝率100%」 という文言だけを見ると非常に魅力的な商材に感じてしまうかもしれません。

しかも販売ページには 「1日に200回、300回くらいのチャンスは、十分にあるでしょう。」 とあります。

北田夏己の口コミが良くない

北田式・フィボナッチ・アカデミーでは悪い結果が出てくると、 バックエンドへの勧誘 があります。

このバックエンドは 60万円 も資金が必要となってしまいます。

この会社から億万長者が何人も生まれてるはずなのに
まったくそんな人いないね(笑)

1000万円クラスでも申込み殺到しそうなものだけど
そういった人も一切聞かないし

そもそも稼げたという人の情報が一切ないね(笑)

どうしてだろう?

クロスリテイリング社は情報商材に関して非常に名の知れた会社ではありますが、 悪評で知られている と言っても過言ではありません。

こうした経緯から クロスリテイリング社は信頼できる会社ではない と言えるでしょう。

ついに出ましたね! 勝率100% 笑笑
3ヶ月で2万pipsとれるそうです。

あいかわらず、実績表示は取引時間、約定価格などすべてボカシ入ってます。
何の信憑性もありません。

タイの極秘コミュニティから得た情報云々…
コレに参加費30万円。

フィボナッチはバイナリーオプションで有効

超低俗なコント番組見てる感覚です。

どんなに情弱な人でも、さすがにこの商材は買わんでしょ。

こちらは フィボナッチはバイナリーオプションで有効 「北田式・次世代億トレーダークラブ」 に対する口コミです。

販売ページで見られる フォワード実績はたった1ヶ月程度 と非常に短いものになります。

北田式・フィボナッチ・アカデミーを使ってみた感想

そこまでじっくりと試せたわけではありませんが、実際に使ってみるとリスクリワードが利益1:損失2の 利小損大 となっており、高い勝率を生み出せるものの一度負けてしまうと大きな損失を招いてしまうことが分かりました。

いわゆる “コツコツドカン” の仕組みになっているため、これでは高い勝率は出せても利益につながらない可能性があります。

北田式・フィボナッチ・アカデミーの勝ち方

北田式・フィボナッチ・アカデミーは3ヶ月間は 塾形式 でレクチャーを受けつつ、ツールを使って運用していきます。

FXをしたことがない人でも分かりやすい内容の講義からスタートし、 フィボナッチの神髄や錬金術ロジックの基礎と応用 を学びます。

北田式・フィボナッチ・アカデミーは購入するべきではない

しかし、フィボナッチリトレースメント自体はそれほど珍しい手法というわけではありませんし、 わざわざ30万円近い費用を支払う必要があるのかは甚だ疑問です。

こうした理由から、 北田式・フィボナッチ・アカデミーは購入しない方が良いでしょう。

友だち追加

左近寺への無料相談受付中!
・高額な投資商品は本当に勝てる?
・本当に勝てる投資ツールの見分け方
・投資で勝つための本質的な情報
・誰にも打ち明けられなかった投資の悩み
などなど、LINEにて無料相談を受け付けています!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる