オプション取引の基本

投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの

投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの

※上図はイメージです。

よくあるご質問

「プレミアム積立 ® (プチ株 ® )」は、毎月500円以上1円単位の少額から「プチ株 ® (単元未満株取引)」を積み立てできるサービスです。
「株式は単元株から」「積立は1万円から」といった常識にとらわれず、この「プレミアム積立 ® (プチ株 投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの ® )」では、500円からプチ株 ® (単元未満株取引)を毎月積み立てていただけます。
投資初心者の方でも、「プチ株 ® (単元未満株取引)を7,000円分積み立て」「投信とプチ株 ® (単元未満株取引)を組みあわせて1万円分積み立て」と、少額でも幅広い積み立てプランを立ててポートフォリオを構築できます。

  • 株式(単元未満株)を500円から積み立てできるサービスは国内証券初となります。

プチ株 ® とは単元未満株 (注1) を売買できるサービスです。1株からでも取引が可能です。

  1. 単元未満株とは取引所で取引できる最低単位の単元株に満たない端株のことです。

株式・プチ株 ®

株式を売買したら代金の受け渡しはいつ行われるのですか?

配当(優待など)を受け取るにはどうすればいいですか?

取消注文を入れましたが、「取消」表示がされません何故ですか。

差金決済取引とは何ですか?

今日買った銘柄を当日売却することは可能ですか?

  • 現金買付余力:0円の場合
  • A銘柄買いまでの取引であれば、売却代金を買付代金に充当することができますが、2回目のA銘柄売りを行うと、差金決済に該当するため、売却代金を買付代金に充当することができなくなり、別途A買付代金95万円が必要となります。

プチ株 ® を買い足して単元株になったのですが、プチ株 ® として取り引き可能ですか?

プチ株 ® 投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの を買い足して単元株になった場合、単元株数を超えた部分のみプチ株 ® として取り引き可能です。単元株数分は通常の単元株として取り引きが可能です。

単元株を半分ずつプチ株 ® で売却することは可能ですか?

プチ株 ® は現物株と同じようにリアルタイムの価格で売買できるのですか?

プチ株 ® が取り引きできる時間を教えてください。

プチ株 投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの ® で、同じ銘柄で複数の注文は出せますか。

  • 特定口座、一般口座、一般NISA口座と口座区分が異なりましてもお受けできません。
  • 「9株買い」という注文と「8株買い」という注文を同一の前場もしくは後場に出すことはできません。

プチ株 ® 取引にはお金はいくら必要?

プチ株 ® の売買はどうやってするの?

プチ株 ® の売買は、通常の株式の注文方法とは違い、値段は指定せずに発注する「成行注文」のみになります。値段を指定して発注する「指値注文」などの注文方法は指定できません。
また、注文受付は24時間可能ですが、注文を出す時間によって約定時間が当日後場始値、翌営業日前場始値、翌営業日後場始値のいずれかとなります。

「auの投資信託ポイントプログラム」でPontaポイントをもらうにはどの投資信託でも良いですか

投資信託の基準価額が更新されるのはいつですか?

投資信託の一般型と累投型の違いは?

分配金はいつどのように受け取れますか?

投資信託の買付可能額はどこをみればよいですか?

Pontaポイントを利用して投資信託を買い付ける場合は、どのような手続きをすれば良いですか?

Pontaポイントがたまる「auの投資信託ポイントプログラム」の利用条件を教えてください。

「auカブコム証券の資産形成プログラム」と「auの投資信託ポイントプログラム」は何が違うのですか

  • 「auの投資信託ポイントプログラム」および「auカブコム証券のポイントプログラム」ご利用には、au IDのご登録が必要になります。au IDの登録は、auの通信サービスをご利用でないお客さまもご登録可能です。

「auの投資信託ポイントプログラム」で加算されたPontaポイントはどこで確認ができますか?

Pontaポイントは、au PAY アプリ(旧au WALLET アプリ)のHOME画面、もしくはMy au(Web)からご確認できます。

「auの投資信託ポイントプログラム」でPontaポイントの加算ルールを教えてください。

  1. 9/1~9/10の10日間×1,000,000円=10,000,000
  • ポイント還元は小数点以下切り捨てになります。

ETF/フリーETF

フリーETFとは何ですか?

ETFやREITについても貸株配当金相当額は受け取れますか?

ETFやREITの譲渡益や分配金への課税はどうなっていますか?

  • 平成25年から令和19年までの25年間、所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が上乗せされ、上記税率が適用されます。

ETFやREITの貸株配当金相当額はいつごろ入金されますか?

ETFはいくらで購入できますか?

ETFの運用会社などが破綻した場合はどうなるのですか?

売買の方法について、ETFと通常の株式で何か違いはありますか?

ETFにはどのようなコストがかかりますか。

auカブコム証券ではフリーETFとしてauカブコム証券が指定した銘柄の売買時手数料は0円です。フリーETFとして指定していない銘柄(ETF)は通常の手数料が適用されます。

ETFをNISA口座で取引できますか?

新規公開株(IPO)/公募・売出(PO)

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)の抽選による配分の当選倍率は発表されるのでしょうか?

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)の抽選結果は何時ごろ確認できますか?

  • 公開株数が多い銘柄の場合は、抽選日の時刻より結果反映が遅くなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

購入した公募・売出(PO)株式はいつから売却注文の発注が可能ですか?

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)はオペレーターまたは自動音声応答で申し込みできますか?

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)のブックビルディング(需要申告)の申し込み時にあらかじめ現金を入金しておく必要はありますか?

  • ブックビルディングお申し込み時の必要買付可能額=[申告株数]×[申告価格(単価)]
  • ブックビルディングお申し込み時の必要買付可能額=ブックビルディング開始日の前営業日の終値×[申告株数]

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)の購入までの流れを教えてください。

  1. ブックビルディング(需要申告)に参加する
  • お客さまのブックビルディング(需要申告)の条件が募集・売出価格以上(成行含む)の場合に購入申込の権利を得ます。

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)のブックビルディング(需要申告)とは何ですか?

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)の取扱銘柄はどこで確認できますか?

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)の抽選結果はどこの画面で確認できますか?

  • 新規公開株(IPO)の場合
  • 公募・売出(PO)の場合

新規公開株(IPO)や公募・売出(PO)のブックビルディング(需要申告・購入申込)の取消・訂正はできますか?

「プチ株 ® 」で優待はもらえますか?

プレミアム積立 ® (プチ株 ® )は最初は単元未満株を買い付けていくので、株主優待がもらえる株数を満たしていません。
毎月コツコツ株数を増やして、単元株にすれば株主優待の権利が得られます。

配当金や優待の受け取り方法は?

プチ株 ® の配当金は支払われますか?

株主優待はいつ届きますか?

NISAで優待クロスはできるの?

株主優待をもらうためには、株式を何株購入すればいいですか?

配当利回りとは?

株主が購入した時点での株価に対し、年間でもらえる配当金を示した数値が「配当利回り」です。
配当利回りは、「1株あたりの配当金÷株価×100」で表されます。
単位は「%」です。
例えば1株あたりの配当金が20円で株価が1,000円であれば20円÷1,000円×100となり、配当利回りは2%となります。 投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの
一般的に、配当利回りが高い株式は、投資金額に対して配当金を多くもらえるので「得」と思われる傾向があるかもしれません。
ただ、配当利回りはあくまでも、その時点での株価に対する、配当金の予想の割合です。
配当金は、決算内容によっては変動する可能性もあるため、注意しましょう。

ドルコスト平均法とは? 毎月定額で積立てる方法の長所と注意点を解説

※一定の金額で定期的に金融商品を購入していく投資を「積立投資」と表現しています。
※上記のグラフは世界株式を示す指数(MSCI ワールド・インデックス(円ベース、トータル・リターン))の推移を示しています。投資家は直接インデックスに投資することはできません。インデックスには、有価証券や投資信託への投資に伴うトータル・リターンの低下要因となる売買手数料や運営にかかる費用は含まれていません。
※上記のグラフは前記試算前提条件にもとづき運用を行ったと仮定した場合の推移を事後的に検証したものであり、実際の運用実績とは異なります。 あくまでも仮定の数値およびその推移に過ぎず、将来の運用成果を示すものではありません。
<出所>MSCI データ作成:アライアンス・バーンスタイン株式会社


ドルコスト平均法を利用した投資例

【ケース例①】値下がり時のプラス効果と赤字から黒字への回復期待効果

・毎月の投資額:10,000円
・毎月積立投資をする期間:10年
・10年後の投資元本:120万円

図のように下落が大きい場合、初期に120万円を一括投資すると、10年後は 60万円 になってしまう評価額が、積立投資の場合 約263万円 投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの になります。

スタート時の価格が10,000円の金融商品を選んで投資を開始したところ、 投資開始後1年目までは12,000円まで上昇した後、4年目に1,000円 まで下落。6年後から回復し10年目に5,000円まで戻ったとします。

この差は、値下がり時に多くの口数を購入できている「値下がり時のプラス効果」と、当初の価格から下落しても、一定の水準まで価格が戻れば損から回復できる「赤字から黒字への回復期待効果」によるものです。投資の時間分散効果がよく分かる事例です。

【ケース例②】投資終了タイミングの重要性

投資終了タイミングによって評価額は大きく変わります。図のように投資開始時の価格より下落している中でも、Cだけが元本割れをすることになります。

・A:約364.8万円(積立換算年率 約19.投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの 3%)
・B:約262.6万円(積立換算年率 約14.1%)
・C:約107.7万円(積立換算年率 約▲2.22%)

評価額は、AとCで約257万円もの差になりました。Cのパターンでは、投資元本の120万円に対して元本割れを起こして約12.投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの 3万円の損失ということが分かります。最終価格は積み上げてきた「口数」すべてに反映されるため、最後の1年の値動きによっては、ここまで大きな差が出てしまうのです。

そのため、積立投資の場合、スタートのタイミングよりも終了するタイミングが重要であることに着目してください。運用期間の終わりが近づいてきたら、安定資産への組み直しも検討することが重要です。また、利益が目標金額に到達した場合も安定資産への切り替えタイミングと考えてもいいでしょう。

投資信託の買付方法、どれを選択すればいいの

米国株か世界株のインデックスファンドが“定番”のようですね。

いいと思います。それはきっと、 将来に向けた“本気の資産形成” をする人が増えた結果だと思います。 最大の経済大国でありながら、次々に新しいイノベーションを生み出す米国の懐の深さとポテンシャル は、悔しいけれど認めざるを得ないところですから。

ランキング


※上図はイメージです。

銀行では無理。でも証券会社の口座ならOK

ETFは「上場投資信託」 という日本語訳が与えられる通り、証券取引所に上場しており、ひとことで言えば 「個別銘柄と同じように売買できるインデックスファンド」 です。

「上場」しているということは、証券会社を通じて証券取引所に発注する必要があるので、銀行では買うことができません。でも 証券会社で口座を開いている方なら、すぐに銘柄コードを打ち込んで注文 することができます。そう、例えばトヨタ自動車なら[7203]のような4桁のコードがそれぞれのETFにも振られており、それを用いて発注するのです。それを 「東証ETF」 といい、日興アセットが作ったものだけで、28銘柄あります。

ETF?上場投信?

合理的な人が選ぶ「ETF」という選択肢

一方、若者だけでなく、あの 著名投資家であるウォーレン・バフェット氏も、死後には資産の9割をS&P500のETFにするように と、すでに遺産管財人に指示しているそうです。

*出所:BlackRock ETF Pulse Survey
※上記銘柄について、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。

ミレニアル世代の3人に1人/ウォーレン・バフェット氏

つみたてNISAと東証上場ETFの“合わせ技”

その毎月の積立に加えて、ボーナスなどで大きなお金が入ってきたり、お金が少しまとまったタイミングで活用したいのが、東証ETFのスポット(単発)買いです。つまり 「つみたてNISA」の毎月コツコツ買い + 「東証上場ETF」でのスポット買い、というスタイル です。

このあと紹介する 「東証上場の米株ETF」は数万円くらいから買える ので、使わないお金が出来たらタイミングを計らず少しずつ買ったり、ボーナスなどまとまったお金が入ったりしたらその時に、いつもの証券口座に4桁の銘柄コードを打ち込んで買っていくわけです。

毎月コツコツ買い/まとまったお金でスポット買い

東証上場ETFで米株指数を買う。控えめに言って「賢者のスタイル」では?

シンプルかつ「自ら管理している」という気持ちよさ

「つみたてNISA」と「東証ETF」の合わせ技を自分のスタイルとして決めてしまうことで、 資産運用の管理は「つみたてNISA」と「証券口座」のワンストップで完結 することになります。「証券口座」のリストには、以前気に入って買った「トヨタ100株」などと一緒に「S&P500 ETF 」が一覧で並び、 シンプルで主体的な管理 ができるようになります。

つみたてNISAとETF

「東証上場の米株ETF」という意味

「東証上場の米株ETF」はそれらのハードルを極めて低くしたETF です。S&P 500やNYダウや、さらには新進気鋭の銘柄で構成されたNASDAQ 100(ナスダック100)の指数までもを、 日本時間で、日本円で、いつもの証券口座で取引することが可能 なのですから。

図:アメリカと日本の時差

“気持ち悪さ”がありません

何より投資信託ではどうしても発生する、 注文と価格決定の間の大きな時間差が発生しない ことがETFの一番のメリットかもしれません。

もちろんETFの場合だって、「この値段で!」と入れた指値(さしね)で買えるかどうかは分からないままの発注ですし、成行(なりゆき)注文ならその時のタイミングで取引価格が決まってしまいます。それでも、少なくとも ライブな時間の中で自らコントロールしようとしている 点が、投信とETFの取引における感覚の大きな違いなのだと思います。

投資信託待機中

自動積立には向かないのがデメリット

一方「東証上場ETF」は、投資信託で一般的な毎月の自動積立はできないことがほとんど(可能な証券会社もあります)。これは証券会社など金融機関のシステムの問題ですが、当面は ETFは「スポット買いのツール」 として割り切ることが必要です。ETFの買付時に資産全体を見回す機会と捉えてもいいかもしれません。もし「つみたてNISA」の月3万3千円以上に毎月の自動積立をしたいなら、投資信託を選ぶしかないでしょう。

「米株指数・3兄弟」あります。何なら3つとも育ててみては?

NYダウ ETF
日興アセットが組成する、NYダウ指数に連動する「東証上場ETF」

NYダウ は米国を代表する優良企業30社を平均して算出する指数で、日本でいえば「日経平均株価」的な存在。歴史も古く、日本のニュースでも日経平均と一緒に毎日報道される点で、 最も身近な米国株へのインデックス投資です。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」のいわば、 “皆が知っている安定感ある長男” です。

NYダウETF 構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)為替ヘッジあり(コード:2562)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

S&P500 ETF
日興アセットが組成する、S&P500指数に連動する「東証上場ETF」

S&P500 は米国を代表する500社程度を対象に算出する指数で、日本でいえば「TOPIX」的な存在。NYダウに比べて幅広い業種から500社程度を押さえているため、 プロの投資家などが参照する指数として有名で信頼度も高い指数 です。投資信託でも、この指数のインデックスファンドが人気のようです。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」のいわば、 “実力たっぷりの信頼の次男” です。

S&P500ETF 構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(コード:2521)の運用状況をもとに日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

NASDAQ100 ETF
日興アセットが組成する、NASDAQ100に連動する「東証上場ETF」

最近ではニュースで「昨日のNYダウとナスダック総合指数は. 」と報道されるようになったナスダックですが、日興アセットが「東証上場ETF」にしたのは、その ナスダックの中でも金融株(または、金融セクター)を除いた組入比率が高い100社だけで算出する「NASDAQ100」という指数 です。

日興アセットの「東証上場ETF」の「米株指数・3兄弟」いわば、 “伸び盛りの元気一杯の三男坊” です。

NASDAQ(ナスダック)100ETF 指数構成銘柄


※上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり(コード:2569)の運用状況をもとに、日興アセットマネジメントが作成。
※上記銘柄については、個別銘柄の取引を推奨するものでも、将来の組入れを保証するものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる