FX初心者向け

三尊逆三尊も解説

三尊逆三尊も解説
ラインを消したり、引き直したりしたいときは、引いたラインの右上に現れるこのアイコンもしくは左サイドバー最下部のゴミ箱アイコンをクリックして消します。

仮想通貨チャートパターンの三尊天井・逆三尊とは?だましや否定の見極め方

仮想通貨トレード

三尊天井・逆三尊とは

三尊天井・逆三尊とは、チャートパターンから今後の値動きを予想する「テクニカル分析」のひとつ。 逆三尊は、三尊天井を逆さにした形です。

さて、 三尊はどちらも、トレンド転換のシグナルです。

これは、2つの山が形成されるダブルトップなどと比較すると、「 3度試してもトレンドが続かなかった 」ことを意味しており、より強い反転のシグナルとなります。

ちなみに、 仮想通貨の投資家は、三尊天井や逆三尊を重視する傾向にあります。

はっきりとした理由はわかりませんが、 ビットコインはボラティリティ(値動き)が高いため、三尊天井や逆三尊のシグナルが決まりやすい 傾向にあります。

以下、 「三尊天井」と「逆三尊」が出た場合、トレーダーはどうすればいいのか についてみてみましょう。

三尊天井は「売りサイン」

三尊天井は「 上昇トレンドが下落に転じるサイン 」です。

なお、 有名な画像に「空売りの構造」というものがありますが、これは典型的な三尊天井です。

割れる前から、「 ネックラインを割れたら売り三尊天井の売りシグナルだ 三尊逆三尊も解説 」と、割れた後の形を考えておくことが大切です。

逆三尊は「買いサイン」

三尊天井を逆の形にした逆三尊は、「 下落トレンドが上昇に転じるサイン 」です。

そのため、 「ネックラインを上抜けたら買い」が三尊天井の典型的なシグナル となります。

ただし、人間の心理として「上昇への期待」よりも「下落への恐怖」のほうが強いので、逆三尊のネックラインを上抜けても、 三尊天井のネックライン割れほどは一気に動かないことが多い です。

三尊天井・逆三尊の3種類

三尊天井や逆三尊には、 ネックラインが右肩上がりの「切り上げ型」、ネックラインが水平の「水平型」、ネックラインが右肩下がりの「切り下げ型」 があります。

切り下げ型

切り下げ型はネックラインを切り下げているので、下落圧力の強い形。 三尊天井で切り下げ型の場合は、ネックライン割れで強い売りシグナルとなります。

切り上げ型

切り上げ型はネックラインを切り上げているので、上昇圧力の強い形。 逆三尊で切り上げ型の場合は、強い買いシグナルとなります。

【FX手法】初心者必見!!三尊と逆三尊で勝率アップ間違いなし!?【徹底解説】

【FX手法】初心者必見!!三尊と逆三尊で勝率アップ間違いなし!?【徹底解説】

Xの手法である逆三尊を2020年のチャートから抜粋した画像


上の画像は2020年9月USD/JPY(ドル円)の1時間足のチャートになります。

安値をつけてから上昇し、反発した高値を結んだラインがネックラインになってることが分かります!

逆三尊の否定!頭に入れておきたいだましパターンとは?

三尊と同様に逆三尊にもだましパターンが存在します!

FXの手法である逆三尊のだましパターン

FXの手法である逆三尊のだましパターン2

これも三尊と同じくネックラインをキレイに抜けていない、山の形がキレイな形になっていないことがわかりますね!

ここでも再度しつこく言って起きますが、 「逆三尊はあくまで相場において優位性のある一つの判断基準である」 ということです!!

やっぱりしっかり ストップロスを入れることが資金を守る上で重要です!

逆三尊はここでロングポジション!買いで入るタイミング解説!

最後にここでは、逆三尊が出現したとき実際にどのようにしてトレードを行うべきなのかを説明していきます!

またネックラインレジスタンスラインとして機能していると判断した場合のトレード方法もしっかり解説していきますね。

三尊の時も述べましたが、重要なのはネックラインです!

FX手法の三尊を実際のトレードで利用する例

まず3つの山を確認し、ネックラインを抜けたと判断したところでロング(買い注文)

つまり逆三尊のネックラインがレジスタンスラインとして機能していることがわかります!

ここで追加エッセンス!

三尊や逆三尊が現れたときのネックラインは抜けたあともレジスタンスラインとして機能する ことが多いです。

そこで再度ロングポジションを追加します!

このようにレジスタンスラインとして機能しやすいネックラインをうまく使うことで 利益をさらに増やすこと が可能になります!

ここでもやはり重要になってくるのが ストップロス です。

為替相場ではこのような形はこの先何度も現れます。一度きりの博打をするのではなく しっかりストップロスを入れる ことで次回のチャンスに備えられるようにしましょう!

以上が逆三尊が出現する理由、逆三尊は 下降トレンドの転換サイン であるということの説明と実際のトレード方法でした。

いかがだったでしょうか?今回は相場に現れる三尊について解説していきました。

だましパターンが存在するなど注意喚起も行いましたが、ざっと今年のUSD/JPY(ドル円)の1時間足相場を確認する限り、ネックラインを割ってもトレンドが継続するような値動きは見受けられませんでした。

【FX】三尊ネックライン割れのだましを回避する方法を徹底解説

FX初心者向け

  • なぜ、三尊のネックライン割れで売るとだましにあうのか?
  • 三尊のだましを回避する方法
  • 勝率の高い三尊(三尊逆三尊も解説 =ネックライン割れで売りエントリーしても良い三尊)三尊逆三尊も解説
  • 勝率の低い三尊(=ネックライン割れで売りエントリーしてはいけない三尊)

三尊のネックライン割れで売るとだましにあう理由

『三尊が現れた時の上位足の相場環境を把握せず、三尊という形だけで判断してるから』

もっと噛み砕いて言うと、「上位足のどこで三尊の形が出ているか?」を把握していないからです。

『三尊は上昇トレンドから下落トレンドに転換するチャートパターンなのでネックラインを割ってくれば売り!』

「三尊が形成された時の上位足相場環境がどのような状態なのか?」

三尊が有効に機能するかどうかは上位足の相場環境次第

ですが、これは「ダマし」でも「三尊の否定」でも何でもありません。

そう、ここは上位足レベルの押し目買いポイント(=安値切り上げポイント)だった訳です。

ではなく、 このコメントをした彼に【上位足相場環境を把握する能力がないだけ】なのです。

同じ三尊という形でも上位足相場環境によってその優位性は全く違うものになるということを理解して、トレード足で形成された三尊が上位足ではどういう位置付けになるかを常に確認するようにしていきましょう。

三尊ネックライン割れのだましを回避する方法

上位足が下降トレンド中の場合はだましにあいにくい

ですので、上位足が下降トレンドの時、その高値切り下げポイント(=戻り目)内において、トレード足で三尊が形成されればネックライン割れで売ってもだましにあう確率は極めて低くなります。

このように、上位足のトレンドが下降トレンドの時に下位足で三尊が形成された場合のみネックライン割れでエントリーすれば、三尊ネックライン割れのだましを回避することができます。

上位足が上昇トレンド中の場合はだましにあいやすい

を把握できれば、 有効に機能する三尊と有効に機能しない三尊を見分けられるようになり、だましを回避できるようになります。

勝率の高い三尊3選

1. 上位足レベルの戻り売りポイントの中での下位足での三尊

上位足で戻り目を築いてくるということは、上位足は下降トレンドだということです。

  • 買っているトレーダーよりも売っているトレーダーの方が多い状態、
  • かつ買いたいトレーダーより売りたいトレーダーの方が上位足レベルで多い状態

そのため、意識されそうなレジスタンスラインを見つけて、そのポイントで下位足で三尊なりダブルトップなどを築き下降トレンド転換してくるのを多くのトレーダーが待っています。

2. 上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足での三尊

「上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足での三尊」

なぜ、「上位足レベルの大きなダブルトップの中での下位足での三尊」が勝率の高い三尊なのかが深く理解できると思いますので、是非読んで頂ければと思います。

3. 上位足レベルの大きな三尊の中での下位足での三尊

「上位足レベルの大きな三尊の中での下位足での三尊」

高値を切り下げてくるとは、「買い勢力」よりも「売り勢力」の方が強いという相場からの合図です。

もし、運よく上位足の三尊ネックラインを割りレートが大幅下落すれば、「上位足レベルの値幅」と「下位足レベルの損切り」というリスクリワード比の非常に優れたトレードができますから一気に利益を獲得できます。 三尊逆三尊も解説

これら全てに共通していることは、 上位足が下げ方向に対して優位性がある時に下位足で三尊が形成されれば、だましにあうことなく教科書通りの動きをしてくれる可能性が高いということです。

勝率の低い三尊

勝率の低い三尊、それは、 上位足が上昇トレンド中に下位足で形成された三尊です。

理由を簡単に解説すると、 いくら下位足で三尊を形成してネックラインを割り下降トレンド転換してきても、上位足が上昇トレンドの場合、ただの押し目として下げてきたところは買われてしまう優位性が高いからです。

上位足トレンドの波が下位足を支配していますので、いくら下位足で下降トレンド転換しても上位足が上昇トレンドの場合その波に飲み込まれてしまう可能性の方が高いですよ

ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)見つけ方やダマシ回避のFXトレード手法

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)をビットコインFXで最大限に使う

チャートパターン

商品先物や為替をはじめ、ビットコインFXでも十分に機能し使うことができるチャートパターン「 ヘッドアンドショルダーズ(三尊・逆三尊) 」を使いこなすFXトレード手法を解説します。

三尊・逆三尊(三尊逆三尊も解説 ヘッド&ショルダー)は数あるテクニカルチャートパターンの中でも、 判別し易さから意識されることが多く、最も強力なトレンド反転チャートパターン で高い勝率であることが知られています。

三尊・逆三尊を使う方法、見分けるために重要なネックラインの考え方や注意点をまとめてみました。
ヘッドアンドショルダーの考え方はあらゆるチャートパターンの基礎となっています。 利益を出しやすいテクニカルパターンなのでぜひ身に着けてください 。

ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)とは

ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)とは


ヘッドアンドショルダー(Head and Shoulder)とは、トレンドが終わるときに現れる トレンド転換(反転)を示唆する代表的なテクニカル指標(チャートパターン) です。和名では三尊天井・逆三尊と呼ばれます。

色んなテクニカルパターンの中でも 逆張りに威力を発揮するわかりやすい指標 なので、多くの投資家が三尊・逆三尊を意識しています。

ヘッドアンドショルダーはトレンド相場で効果を発揮

この三尊(さんぞん)・逆三尊(ぎゃくさんぞん)三尊逆三尊も解説 はトレンド転換の指標なので、当然ながらトレンドがはっきりしている相場で力を発揮します。
レンジ相場などトレンドがはっきりしない時には有効ではないので無理やり探す必要はないです。

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)の一例

ヘッドアンドショルダーズ・トップ(三尊)

三尊(ヘッドアンドショルダートップ)

三尊(ヘッドアンドショルダートップ)はこのような形の下落方向のチャートパターンです。

上昇トレンドから下落トレンド転換のシグナル

リバーサル・ヘッドアンドショルダーズ/ボトム(逆三尊)

逆三尊(ヘッドアンドショルダーボトム)

ヘッドアンドショルダーボトム(逆三尊、リバーサル・ヘッド&ショルダーズ)は、上図のような上昇方向のチャートパターンです。

下落トレンドから上昇トレンド転換のシグナル

日本名称では「三尊(さんぞん)」が逆さまになっているので「逆三尊」です。そのまんまですね。
似たチャートパターンにトリプルトップ(ボトム)、ダブルトップ(ボトム) などあります。

ヘッドアンドショルダーの見つけ方はネックライン

ヘッドとショルダーの間の「首」のように見えることから、「ネックライン」と呼ばれています。

ネックラインをまず確認する

ヘッドアンドショルダーのネックライン

ヘッド&ショルダーは斜め(右肩上がり・右肩下がり)も有効

三尊のネックラインをまず確認

ネックラインを割らない場合は否定パターン

ヘッド&ショルダーの否定

ヘッドアンドショルダーは頻繁に起きる

ヘッドアンドショルダーの一例

ヘッドアンドショルダーのエントリー/利確ポイント

三尊・逆三尊のエントリーポイントは成立後が〇

三尊・逆三尊のエントリーポイント

三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)の最高のエントリーポイントは、三尊・逆三尊が成立した直後の以下の画像のポイントです。

最後のこのネックラインを突破できるかどうかというのは多くのトレーダーが注目するところなので、上を目指していきたい投資家は、このラインを割らせまいと強い抵抗が働きます。
下目線のトレーダーはネックラインを割らせて下に掘っていきたいので全力で落としてくるかもしれません。
一番おいしいのは、その攻防を見届けてから、勝者の側につくことです。
エントリーするタイミングは早すぎないようにしましょう。

三尊・逆三尊の利確(利食い)ポイントの決めかた

ヘッドアンドショルダーも長い時間足でダマシが少ない

ヘッドアンドショルダー(三尊)を他テクニカル指標と併用

フィボナッチ・リトレースメントで押し目を予測

例えばフィボナッチ・リトレースメントは、フィボナッチ比率を自動で表示してくれるツールです。

フィボナッチ・リトレースメント をつかえば次のネックラインの形成ポイントの目星をつけることができるので、フィボナッチが示すポイントにいくつか指値注文を分散して仕掛けて置くとかすればより効率の良いエントリーや利確ができるかもしれません。
フィボナッチリトレースメントの使い方は以下の記事にて。

チャネルラインでサポートラインを確認

MACDでトレンドを把握

エリオット波動の波を読む

そのほか、エリオット波動理論 の中でも三尊(ヘッドアンドショルダー)が重要な転換点として機能するので合わせて理解しておくと分析に役立ちます。
推進派である3波・5派・c波の反転ポイントに三尊が確認出来たら大きな値幅を期待できます。

エリオット波動理論(elliot wave)とは?

TradingViewで三尊・逆三尊テクニカルツールを使う方法

今回はTradingView を例に説明します。ログインしたらトレード画面のチャートを拡大しましょう。

サイドバーに「~パターン」のテクニカルツールがあるのでクリック、「ヘッド&ショルダー」を選択しましょう。

「左肩」→「ヘッド」→「右肩」という順番に、ポイントを打っていきます。

左端のポイントから順番に三角を作る感じでジグザグに打っていきます。計7つです。

間違えずにポイントを付けていくとこのように三尊(ヘッドアンドショルダー)が完成します。

ラインを消したり、引き直したりしたいときは、引いたラインの右上に現れるこのアイコンもしくは左サイドバー最下部のゴミ箱アイコンをクリックして消します。

ヘッドアンドショルダーのインジケーター

MT4では「PricePatterns.ex4」というヘッドアンドショルダー含めウェッジなどチャートパターンを自動編出してくれるインジケーターがあります。
TradingViewにも少しインジケーターがありましたがイマイチの精度だったのでここでは割愛します。
まあ、ヘッドアンドショルダーは目視でも見つけすいチャートパターンなので一目で判別できるようになりましょう。
BOTのエントリーに使う場合にはラインブレイクなどをアラートにした方がよさそうです。

ヘッドアンドショルダーのまとめ

チャートを読む力を鍛えるためにも、毎日チャートを眺めて、どこに三尊・逆三尊(ヘッドアンドショルダー)があるのか、フィボナッチ は?エリオット波動 は?と分析してみることをお勧めします。

FX初心者が三尊を知っても勝てない理由を解説!プロは水準を見ている!

「はじめての自動AIツール」ダウンロード

「FX初心者の多くの人は、三尊(ヘッド&ショルダー)を勉強しても、勝てるようになりません。」

「プロトレーダーだって、三尊を意識してるっていうのに。。。なんで初心者は三尊を意識しても勝てないの??」

「どうやったら、三尊を使って勝てるようになるの??」

・三尊はなぜできるのか?
・FX初心者が三尊を知っても勝てない理由
・三尊を使ってエントリー方法

そもそも三尊とは?(へッドアンドショルダー)

そもそも三尊とは何なのか?

三尊

三尊形成の条件は?

「どういう形が三尊なのか、イマイチわからない」

・天井・大底で形成されていること。
・上昇トレンドの5波動目以降で起きている。(逆三尊の場合は、下落トレンドの3波以降)
・ネックラインをブレイクしていること。

ネックライン

三尊はなぜできるのか?

①三尊形成前のトレンドで勝っている人の利益確定が入り、左の山ができる。
②押し目買い+高値更新した後の利益確定の売りで、真ん中の山ができる
③押し目で入る人が右肩を形成
④高値更新できず、売り圧を確認した投資家の新規の売りが入る。
⑤ネックラインをわると、ロング勢の損切りで下落が加速

もちろん、他の要因で売買している投資家もいますが、基本的な三尊形成の理由は上記5点です。 チャートパターンと投資家心理をセットで覚えることで、投資家心理を考えて利益を上げられるようになります。

FX初心者が三尊を知っても勝てない理由3選

1.水準を見ていない
2.他の時間足を確認しない
3.キレイな三尊ができるとは限らない

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる