取引戦略

フィボナッチの兎

フィボナッチの兎
第2章 問題と解法 紀元前399年~紀元628年
論理を求めたのは誰か?――ユークリッド『原論』
素数はいくつあるか?――ユークリッドの背理法による証明
πとは何か?――πの極限を求める
地球はどれくらい大きいか?――太陽、影、そしてギリシャ幾何学
代数の父は何歳か?――計算に文字を使う
無とは何か?――ゼロの価値

フィボナッチの兎 偉大な発見でたどる数学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ)

なぜ1分は60秒なのか? πとは何か? ウサギは何匹いるか? エネルギーは不変か? ピタゴラスの定理からフィボナッチ、ニュートンなど先駆者による偉大な「ひらめき」まで、5.

フィボナッチの兎 偉大な発見でたどる数学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ)

  • ※ 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • ※ 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ※ ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • ※ 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • ※ フィボナッチの兎 honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。
  • ① とにかくすぐ読みたい
  • ② 購入までの手間を省きたい
  • ※ ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • ※ 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • ※ 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

あわせて読みたい本

このセットに含まれる商品

なぜ1分は60秒なのか? πとは何か? ウサギは何匹いるか? エネルギーは不変か? ピタゴラスの定理からフィボナッチ、ニュートンなど先駆者による偉大な「ひらめき」まで、50の歴史的発見で壮大な数学史を概観する。【「TRC MARC」の商品解説】

  • 第1章 いにしえを訪ねて 紀元前2万年~紀元前400年
  • イシャンゴの骨に刻まれたのは?――数を数えた最初の証拠
  • なぜ10まで数えるのか?――数字のはじまり
  • なぜ1分は60秒なのか?――シュメールの60進法
  • 円を正方形にできるか?――無理数と格闘したギリシャ人
  • いかに分数はエジプトのものになったか?――リンドパピルスとエジプト数学
  • 証明とは何か?――ピタゴラスの定理
  • 無限の大きさとは?――「とても大きい」と「とても小さい」の数学
  • 第2章 問題と解法 紀元前399年~紀元628年

アダム・ハート=デイヴィス

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

みんなのレビュー (4件)

創元ビジュアル科学シリーズ 3

投稿元:

シュメール人は60進法だった。指の関節をつかった。
超越数=代数方程式の解にならない数。円周率、eなど。数論によって証明される。 フィボナッチの兎
エジプトの分数は、常に分子は1、それの足し算で複雑な分数を現わす。
古代ギリシャ人は、月食が地球の影で起こることを知って、地球が丸いことを理解した。地球の大きさは、アレクサンドリアとアスワンの距離を測った。
フィボナッチ数列=1,1から始まって、数字を足していく。1,1,2,3,5,8、13・・・最終的には黄金比になる。
eは、成長を示す定数。eのべき乗は傾きもeのべき乗、面積もeのべき乗。オイラーの公式。eのiπ乗+1=0
宇宙の駐車場=太陽、地球、月の重力の作用が均衡して動かない点=ラグランジュ点。5つある。L1~L3は直線状にある。静止衛星に最適。L4とL5はギリシャ群やトロヤ群などの小惑星や宇宙塵が溜まっている。人口コロニーの候補になる。
素数の分布。ガウスが自然対数を使って計算できることを発見。数論。
フーリエ変換=熱伝導方程式を使って正弦波に変換できる。
クラドニの金属板の上の砂の実験。ジェルマンが弾性理論を使って説明した。
ガロア。対称性とパターン。群論の先駆け。
トポロジー。メビウスの輪をふたつに切ると繋がった一本の輪になる。

フィボナッチの兎: 偉大な発見でたどる数学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ3) Tankobon Hardcover – October 7, 2020

フィボナッチの兎: 偉大な発見でたどる数学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ3)

What other items do customers buy after viewing this item?

パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ1)

シュレディンガーの猫:実験でたどる物理学の歴史 (創元ビジュアル科学シリーズ2)

波紋と螺旋とフィボナッチ (角川ソフィア文庫)

Product description

著者について

緑慎也
1976年、大阪生まれ。出版社勤務、月刊誌記者を経てフリーに。
科学技術を中心に取材活動をしている。
著書『消えた伝説のサル ベンツ』(ポプラ社)、共著『山中伸弥先生に聞いた「iPS細胞」』
(講談社)、翻訳『大人のためのやり直し講座 幾何学』『デカルトの悪魔はなぜ笑うのか』
『「数」はいかに世界を変えたか』(創元社)など。

Don't have a Kindle? こちらから購入いただけます。, or download a FREE Kindle Reading App .

Product Details

  • Publisher ‏ : ‎ 創元社 (October 7, 2020)
  • Publication date ‏ : ‎ October 7, 2020
  • Language ‏ : ‎ Japanese
  • Tankobon Hardcover ‏ : ‎ 176 pages
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4422414275
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4422414270
  • Amazon Bestseller: #658,140 フィボナッチの兎 in Japanese Books (See Top 100 in Japanese Books)
    • #166 in Calculus (Japanese Books)

    Customer reviews

    To calculate the overall star rating and percentage breakdown by star, we don’t use a simple average. Instead, our system considers things like フィボナッチの兎 how recent a review is and if the reviewer bought the item on Amazon. It also analyzes reviews to verify trustworthiness.

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる