概要

ボリンジャーバンドの収縮

ボリンジャーバンドの収縮
RSIは「The Relative Strength Index」の略で、日本語では「相対力指数」と訳されます。

【株トレード】でボリンジャーバンドのー2σを下回る

ボリンジャーバンドを使うトレーダーが多いですが、私はボリンジャーバンドにちょっと疑問を抱いています。 よく「2σにタッチしたら…云々」と言われますが、勿論の事 その時々で2σまでの幅が狭い時や超広い時がありマチマチです。それなのに一色単に2σ、2σと表現されてトレードの目安にされるのか?が、疑問に思うのです。私からしたら幅広い2σも3σも同じ意味なのでは?!と、なんか後出しジャンケンをされた気分になるのです。そして±2σ内に相場が収まる確率が95.5%と言われてますが、 2σの幅がどんどん広がっていくんじゃーそんなの当たり前じゃないか!と思ってしまうのです。スクイーズ、エクスパンションの動作は一応理解しております。そう言いながらもボリンジャーバンドで取引き出来る人を羨ましくも思うので、その辺の解釈を皆さんどうしていらっしゃるのか?どうぞご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願い致します。

FXでのボリンジャーバンドを使った逆張り方法について質問です。 下記のようなサイトを見て、テクニカル分析を最近勉強し始めて、その中でもボリンジャーバンドを使った逆張りに注目してます。 http://fx10.info/175 何度かトレードをし始めているのですが、2σに達したと思い、エントリーするものの、そういう時に限ってどんどんボリンジャーバンドが広がっていってしまうのですが、どうしたら良いのでしょうか?? こういう時は広がる、広がらないといった何かコツや判断基準のようなものがあるのでしょうか??

下のアドレスにあるヤフー株のボリンジャーバンドを見てほしいのですが、この状態って収縮していると言えるんですか? あるテクニカルアナリストの方に収縮していると言われたんですが、これってどう見ても広がっているじゃないですか。これがどうして収縮していると言えるんですか? これから上下に広がり-2σに沿って落ちる可能性大じゃないですか。 なのに収縮しているということはレンジ相場だといっているのと 同じじゃないですか。どう見ても下降トレンドでボリンジャーバンドが広がっているじゃないですか。 http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/6av80429015054.jpg

株の初心者なので良しくお願いいたします。 ボリンジャーバンドで、1σ、2σ、ー1σ、-2σが計算されています。正規分布のσのようですが、 実際使ってみると、そのすそ野が、広がったり、狭まったりしています。これはなにを意味しているのでしょうか。 それは、株価が、その後どういう動きをするサインなのか良く判りません! マイナスとプラスの意味も良く判りません。 どうぞよろしくお願いします。

ニッケイネットでの銘柄スクリーニングにはついていないのですが、 ボリンジャーバンドでの 株価<-2σ 株価<-1σを スクリーニングできる無料サイトだれかしりませんか

仮想通貨FXチャート分析の手法6【ボリンジャーバンド】

BTCUSDの日足チャート

大きく推移する相場展開となる時はその溜められたエネルギーを放出している状況と判断しトレンドが出たと考えることが多いです。
このことから、ボリンジャーバンドは狭まり収縮している場合は、大きな変動が起きる前触れと言うこともできるでしょう。
逆に、ボリンジャーバンドが大きく拡大した後収縮に転じる動きとなると、一旦大きな相場が終わって、価格を動かすためのエネルギーがなくなったことを示唆していると判断した方がいいでしょう。

ボリンジャーバンドの戦略

ボラティリティブレイクアウト

この戦略を「ボラティリティブレイクアウト」と呼ばれています。

これを「バンドウォーク」と呼ばれており、トレンドフォローで追随するときはこの2αや1αを目処に行うことが仮想通貨FXで取引を行なっているトレーダーでは多いです。

バンドを利用した逆張り

BTCUSDの6時間足のチャート

2αの範囲内で価格が収まる確率は95%ということは先ほどご説明しましたが、上記の状態の場合は5%以下の確率でしか起きない状況が起きていると判断できるため、ここを大きく上抜けているときは、2αまで戻す可能性が高いと言えるでしょう。

ボリンジャーバンドの注意点

イベントが起きた後の急変は急激な戻しもあるため、なぜその相場の変動が起きたのか理解してエントリーすること。

②±2αを超えた動きが出ても戻らないことがあるため、損切りのルールは決めて行うようにすること。

ボリンジャーバンドだけではなく他のテクニカル指標やインディケーターも利用して行うようにすること。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる