取引プラットフォーム

成行注文とは

成行注文とは
成行注文は、価格を指定せず、取引の成立を最優先に考える注文方法です。
買い注文 を発注した場合は、 最も低い価格 の売り指値注文と取引が成立します。
売り注文 を発注した場合は、 最も高い価格 の買い指値注文と取引が成立します。

成行注文とは

現物取引において指値注文、または成行注文と組み合わせて利用します。
当社の他のお客様の注文や、東証に発注されていない他の証券会社にある機関投資家等の注文と比較して、有利な価格で約定できる場合には、東証の立会外市場(ToSTNeT)で約定処理を行います。
※信用取引口座が開設済またはベストマッチ利用申込済の場合のみ選択できます。
※東京証券取引所に上場する株式、ETF、REIT等が対象です。外国株式、外国投信受益証券等はサービスの対象外です。

指値注文、または成行注文と組み合わせて利用します。
・指値の場合…寄付のみ有効な指値注文です。
・成行の場合…寄付のみ有効な成行注文です。寄付の値段でのみ約定します。
前場寄付までの注文は前場寄付で有効、11:30から後場寄付までの注文は後場寄付で有効です。
※寄付で約定しない場合「失効」となります。前場で寄付かなかった場合は、後場に注文が引き継がれます。

指値注文、または成行注文と組み合わせて利用します。
・指値の場合…引けのみ有効な指値注文です。
・成行の場合…引けのみ有効な成行注文です。引けの値段でのみ約定します。
前場引けまでの注文は前場引けのみ有効、11:30から大引けまでの注文は大引けで有効です。
※引けで約定しない場合「失効」となります。ザラ場引けの場合は約定しません。

指値注文、または成行注文と組み合わせて利用します。
・指値の場合…大引けのみ有効な指値注文です。
・成行の場合…大引けのみ有効な成行注文です。大引けの値段でのみ約定します。
発注時間に関わらず、注文は大引けで有効となります。
※大引けで約定しない場合「失効」となります。ザラ場引けの場合は約定しません。

指値注文と組み合わせて利用します。
大引けの板寄せまでは指値注文が有効ですが、指値注文が約定しなかった場合、大引けの板寄せ時に成行になります。
発注時間に関わらず、注文は大引けで成行になります。
※大引けで約定しない場合「失効」となります。ザラ場引けの場合は約定しません。

指値注文、または成行注文と組み合わせて利用します。
各取引所の取引時間中のみ受付けます。
・指値の場合…即座に一部あるいは全数量を約定させ、成立しなかった注文数量を失効させる指値注文です。
・成行の場合…即座に一部あるいは全数量を約定させ、成立しなかった注文数量を失効させる成行注文です。
即座に約定しなかった数量は、特別気配または連続約定気配になることなく、失効します。

成行注文とは 成行注文とは
指値「指値注文」とは、売買値段を指定して出す注文形態で、買いの場合には指値以下で、売りの場合は指値以上で取引されます。自分の希望どおりの値段で売買ができますが、わずかな値段の差で、売買が成立しないこともあります。
成行 「成行注文」とは、売買値段を指定しない注文です。「指値注文」に優先して売買が成立するため、「成行注文」は、売買を早く確実に執行したいときに利用されます。出来高の少ない銘柄や市場価格の変動が大きい場合、予想外に高い値段で買ったり、安い値段で売れたりすることがあります。
寄付 各場が開始されてから最初の売買のことを「寄付」といい、その時の値段を「始値」と呼びます。「始値」は「板寄せ」で決定されます。
引け 各場の最後の売買のことを「引け」といい、その時の値段を「引け値」と呼びます。「引け値」は通常「板寄せ」で決定されます。なお、後場の引けは「大引け」と呼ばれます。
ザラ場引け 板寄せができない場合で「引け」の約定がなく、ザラ場(※)でついた値段のまま取引が終了した状態のことをいいます。
※ザラ場:「寄付」から「引け」までの間の取引時間中のことを「ザラ場」といいます。
板寄せ 「始値」や「引け値」等を決定する場合に行われる売買成立方法を「板寄せ」といい、その時点の買注文と売注文の値段・数量から売買のバランスのとれる値段を求め、単一の約定値段を決定します。

先物・オプション取引

  • 有効期間「週末まで」の場合、執行条件の指定はできません。
  • 執行条件は、有効期間(「日中」・「当日」)に応じて、有効となるクロージング・オークション(成行注文とは 日中立会終了時・夜間立会終了時)が設定されます。
  • ザラバ終了後からクロージング・オークション終了までの間、執行条件を指定した注文は発注することができません。
  • 成行注文はFAK(Fill And kill)を指定して発注されるため、対当する注文がない等の理由で即座に約定が成立しない場合、注文は失効します。
  • ※ FAK(Fill And Kill)…一部約定後に未執行数量が残る場合には、残数量を失効させる注文

指値注文、または成行注文と組み合わせて利用します。
・指値の場合…クロージング・オークション時のみ有効な指値注文です。
・成行の場合…クロージング・オークション時のみ有効な成行注文です。クロージング・オークションの値段でのみ約定します。
有効期間「日中」の注文は、日中立会終了時のクロージング・オークションでのみ有効、有効期間「当日」の注文は夜間立会終了時のクロージング・オークションで有効です。
※引けで約定しない場合「失効」となります。

「指値注文」とは、売買値段を指定して出す注文形態で、買いの場合には指値以下で、売りの場合は指値以上で取引されます。自分の希望どおりの値段で売買ができますが、わずかな値段の差で、売買が成立しないこともあります。
なお、「指値注文」は執行条件を指定しない場合、大阪取引所の注文執行数量条件を指定しないFAS(Fill and Store)注文として発注されます。FASは即時約定可能値幅の範囲内で対当する注文が無い等の理由で即座に約定が成立しない数量がある場合も、当該残数量部分の注文は有効とする(失効しない)条件です。
※FAS(Fill and Store):一部約定後に未執行数量が残る場合には、当該残数量を有効とする条件

「成行注文」とは、売買値段を指定しない注文です。「指値注文」に優先して売買が成立するため、「成行注文」は、売買を早く確実に執行したいときに利用されます。
なお、「成行注文」は大阪取引所が受付するFAK(Fill And 成行注文とは kill)を指定して発注されます。対当する注文がない等の理由で即座に約定が成立しない場合、注文は失効します。
※FAK(Fill And Kill):一部約定後に未執行数量が残る場合には、残数量を失効させる条件

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる