FXの基礎知識

成功するデイトレーダーになる秘訣

成功するデイトレーダーになる秘訣
下記は、セブン&アイホールディングスの株価チャートです。
(青丸が株式の購入箇所、赤丸が株式の売却箇所)
株価が上昇を始めたタイミングで株式を購入し、見込んでいた利益が取れる価格まできたら売却をします。
スイングトレードでは株価の波に乗ることが大切です。
出来高が少ない銘柄では株価が極端に乱高下し、チャートの形も複雑になりスイングトレードが難しくなります。
上述したTOPIX100の構成銘柄なら出来高が多いため、株価の乱高下の心配が少なくチャートも比較的見やすいため株価の波に乗りやすいです。

デイトレードのコツを無料で教える記事

相場を生き残っていける専業トレーダーには、損切りが上手いという共通点があります。 ですから、彼等の損切りルールを学びたいと考える人も多いでしょう。 様々な書籍やメディアがありますから、誰でも損切り教本 .

孤独とどう向き合ってる?

私の場合は、2年くらいで「ちょっとは人とも会った方がイイかも」と感じ始めました。

どんなルールでやってるの?

僕の持論になってしまいますが、ルールって初心者に必要なものだと思うんです。

なので、ルールにしなければいけないのは、意識しないとできない部分という事だと思っています。

トレードする上での理念(スタイルや方針)は必須だと思いますが、細かいルールはあえて決めないというのも1つの考え方だと思います。

大きな損を出した時、どう考えている?

なので、この質問に簡潔に答えると、「あきらめの境地で特に考えることもない・・」みたいなことになります。

自分は取り返せる、と信じるしかないんです。

それ以外でよく考えていた記憶があるのは、『 誰かにできたのだから自分にもできるはず 』という思考ですね。

専業としての経験を積めば積むほど、 あまり損切りでのショックを受けなくなる というか、利息みたいな感覚になっていくんですよね。

自分だけの才能だと思う部分はある?

才能なのかは分かりませんが、もしそうだとしたなら・・・って思う部分は「鈍さ」ですかね。

口座に10億円ある自分と、口座が0円になった自分・・どっちも同じ俺だもんなぁ・・・ みたいな感じです。

専業って苦しいですか?

苦しいかどうかは取り組み方次第だと思うので、むしろ「苦しくない取り組み方」を聞いた方がいい気がします。

私が苦しいと感じる部分でも、誰かにとっては「別に苦しいと思わない」と感じるのであれば、有意義な情報ではないと思いますので。

メンタルコントロールの方法は?

トレーダーにも色々な性格の人がいて、この世界ではリスク・テイカー(risk taker)が大成功している例も多いです。

トレードスタイルはどうやって決めたの?

メンタルコントロールの話と重複しますが、トレードスタイルは「退場に追い込まれないやり方をする」という理念からです。

どんなにチャンスに見えても大きく勝とうとせず、 いつもと同じ利益を積み重ねるスタイル です。

このように、 自分の性格に合わせて刀の振り方を考えるべき だと思います。

順張りと逆張りは、どちらを重視すべき?

ナンピンはしない方がいいって本当?

ナンピンをするべからず! みたいな事を提言している本は、タイトルとして目を惹きたいという都合が強い気がします。

書いている本人も、きっと本音では「実際、そうでもないんだけどね」なんて思ってるんじゃないですかね。

勝てる可能性の高さは、どこで見分けてるの?

こんな時もあるのか」という意外な動きを経験すればするほど、株の難しさも理解できます。

これが個としての経験値となり、 それを使って直感的な判断している 、という事になると思います。

イコール、「特需での動きか、損切のパワーなのかを見極める」という事でもあると思います。

チャートは何分足を使っている?

チャートを選ぶ基準は、 利用している人が最も多いチャートであることが重要 だと思っています。

ロットの上げ方にコツはありますか?

一番の課題というか、自分の答えとしては「資産を増やして心理的余裕をつくるしかない」って感じです。

一方、資産が何十億もある人は、1千万の損をしても「まあ平気か」と思えそうですよね。

投入額の目安はどうやって決める?

一日に何回くらいトレードするの?

冷静でいるためのコツはあるの?

僕の持論としては、 何かに置き換えて考える癖をつける事 だと思います。

要するに、 より多く経験したことのある場面に置き換える と、難解な数式を簡略化するみたいな効果があるわけです。

ですから、イメージとして「まともに働いていない人」みたいな印象を持たれたり、「ハッピーリタイアした人」みたいな勘違いをされます。

もっと厳しく捉えると、 選んではいけない職業 として分類されているような感じです。

こういった不慣れな言葉を「仕事」という言葉に変換して考えることによって、正しく判断できると思うんですね。

初対面の人から、「僕は、法律を守って努力し続ける仕事をしているんです」と聞いたら、立派な仕事をしているように思いますよね。

だから、専業トレーダーに対して、「働いていない人」という認識を持つ人は、冷静に物事を判断していない状態なわけです。

デイトレーダーになるには|デイトレーダーという職業の幸せとは

デイトレに正解はないという記事は以前書きましたが、正解がないということはどういう意味なのか詳しく書いていきたいと思います。可能性に差はあれど、どんな手法にもきちんとチャンスがあります。 実例も紹介しつつ進めていきたいと思います。 もくじ1 負け組トレーダーから億り人1.1 相場が変化することで正解も変わる2 どんな投資手法も批判されるべきでない2.1 柔軟な思考でデイトレーダーとしての進化を3 まとめ 負け組トレーダーから億り人 リンクにある私の弟のノンフィクション小説を読んでいただければ詳しくわかります .

私定時で帰りますを観て|デイトレーダーという職業は恥ずかしいか

吉高由里子さんの『私定時で帰ります』を観て、日本の文化と言いますか日本人の国民性を改めて見た気持ちになりました。日本人はどうしても集団心理と言いますか、周りと同じであることを良しとしがちです。 それは「安心」したいという思いが強いからだと思います。 周りと同じであるということで、自分が特殊ではないと思い安心するわけです。 そして周りにもそれを強要しようとします。それが結果的に個性を潰してしまうことにもつながり、新しいことを始めようという意欲を摘んでしまうことにもつながりかねないのです。 今回の記事はあくま .

デイトレを始める前に覚えておくべきこととは

株やデイトレードの世界に足を踏み入れる人は多いと思います。ちょっとしたきっかけで株のことを知り、軽い気持ちでデイトレードを始め、こんなはずじゃなかったと去って行く。 このような流れが日常茶飯事レベルで起こっている世界です。 私も一歩間違えばその一員でした。デイトレを始める前に細かいところまで勉強、予習をしたり、深く考えすぎる必要はないと思います。しかし最低限知っておくべきことはあります。 もくじ1 株・デイトレードを始めるきっかけ1.1 デイトレードを始める目的とは2 デイトレを始める前に覚えておくべきこ .

ファミリープランナーであるために|自由業・デイトレーダーの魅力

私事ではありますが、先日2人目の子どもが生まれました。これにより、私自身どのような思い・・・想いでデイトレーダーになったのかを改めて思い出し、色々と考える機会が持てました。 思えば最初にデイトレーダーになった時は、「平日いつでも休める」「平日に休んでディズニーランド、遊園地、釣りに行くのも自由だ」という考え方でした。 もくじ1 ウェディングプランナーに学ぶ仕事2 ファミリープランナーとは2.1 ファミリープランナーである意味3 デイトレーダー・自由業のメリット3.1 家事もファミリープランナーの一環4 ま .

デイトレーダーの平均年収と中央値とは|なりたい職業ランキング上位

デイトレーダーという職業はどうしても世間から見ると「楽して稼いでいる仕事」「不安定な仕事」という2つの強烈なイメージになります。しかしそれはあくまで外野の印象に過ぎません。 同じ土俵に立っていない人間が、勝手な情報と勝手な想像で作り上げたイメージです。 では、そんなマイナスイメージの株デイトレーダーという職業の平均年収とは、その中央値とはどのくらいのものなのでしょうか。サラリーマンと比較して考えてみましょう。 もくじ1 デイトレーダーの印象とは1.1 株デイトレーダーの平均年収とは2 デイトレーダーの年収 .

デイトレとは

デイトレとはデイトレードの略です。そしてデイトレードとは主に1日の中で購入(空売り)、決済を行い売買を決着させるトレードスタイルのことです。 1日のみで完了するため、よほど無茶なロットでやらなければ、数日以上で勝負するスイングトレードや、中長期投資と比べて利益も損失も少ない額になる傾向があります。 もくじ1 デイトレのメリットとは1.成功するデイトレーダーになる秘訣 1 デイトレのデメリットとは1.2 デイトレに適した環境とは2 デイトレ・株の始め方2.1 デイトレで大切なこと3 まとめ デイトレのメリットとは 一日の中でトレードを終わら .成功するデイトレーダーになる秘訣

たったこれだけ抑えれば100万円でも株で成功する2つの投資手法

author-avatar

小林 俊司 資産運用コンサルタント・商品開発部運営課

  • 100万円でそもそも株式投資はできるのか?
  • どうやったら儲かるのか?
  • どのくらい損失があるのか?

このような不明点や不安があって、躊躇してしまっている方が多いのではないかと思います。
実際は、 100万円から株式投資はできます。

私は、かれこれ7年以上株式投資を行っていますが、100万円から 数十万円の利益を出した経験を何回もしております。
そこで本記事では、 私の経験を基に株式投資初心者の方でも参考にできるよう惜しみなくポイントを解説していきます。

  • 初心者の方でも100万円から株式投資を行い利益を出すために最もおすすめの方法
  • 100万円から株式投資を行い成功する人の特徴

これから株式投資を始めようとしている方に おすすめなのが、弊社サービス 「投資の達人になる投資講座」 です。
たった2時間の動画で「投資の本質」や「投資をする際の考え方」を学ぶことができます
勉強せずに株を始めることもできますが、株式投資で利益を出し続けるためには、投資の知識が必要不可欠です
こちらの記事と合わせて「投資の達人になる投資講座」も受講することで、さらに投資の知識を深めることができます 。

資金100万円で始める株式投資おすすめの方法

1.1 おすすめは中長期投資とスイングトレード

株式投資には様々な投資法があります。
主に、以下の4つです
・中長期投資
・スイングトレード
・デイトレード
・スキャルピング

私は 「中長期投資」 と 「スイングトレード」 という
2つの投資法をオススメします。
なぜなら、この2つの投資法は
・難易度が低い
・会社員でも行いやすい
・100万円からの投資でも比較的大きな利益を出せる
という特徴があるからです。

それぞれの特徴を比較しながら下記でご紹介します。

対して、
中長期投資とスイングトレードは
利益が出しやすく、投資に費やす日中の消費時間も少なくてすみます。

1.2 あなたに合った投資方法が分かる比較表

100万円の資金で始める株式投資で、おすすめの投資法としてご紹介する
「中長期投資」と「スイングトレード」ですが
あなたに合っているのはどちらの投資法でしょうか。
ここで簡単に、どちらの投資法があなたに合っているのかが分かる
比較表をご用意しました。

あなたに合った投資法はどちらでしたか?
次章では、
「中長期投資」と「スイングトレード」それぞれの特徴やメリット・デメリット、
実際に利益を出していくポイント等をご紹介していきます。

中長期投資・スイングトレードの特徴

2.1 投資期間の定義

投資期間は「短期」「中期」「長期」の3つに分けられます。
私は以下のように投資期間を考えています。
短期・・・数分〜1日
中期・・・数日〜数ヶ月
長期・・・1年以上

2.2 中長期投資

【特徴】
・買った株式を数ヶ月から数年の間保有し続け、株価が2倍〜3倍といった
大きな値上がりを狙った投資手法です。

【メリット】
・1回の取引で大きな利益をあげることができます。
・長期間の保有を前提としているため、日中に株価の上下を監視する必要が無く
平日の昼間にお仕事がある会社員の方でも不利になりません。

【デメリット】
・長期間株式を保有するため、その期間、資金を他の投資に回すことができません。
・株価が上がらない株式を買った場合は機会損失となります。

2.3 スイングトレード

【特徴】 成功するデイトレーダーになる秘訣
・買った株式を数日〜数カ月間保有し、株価が上がったところで売却する投資手法です。
中長期投資と比較すると狙える利益は少ないですが、 その分早く投資成果が出ます。

【メリット】
・中長期投資と比較すると株式の保有期間が短いので
資金効率が良いです。
・中長期投資と同じく、日中に株価を常に監視しておく必要が無く、
お仕事をしている会社員の方におすすめです。
しかし、中長期投資と比較すると投資を終わらせる期間が早いため
1日1回は株価を確認しておくと良いでしょう。

【デメリット】
・少ない利益を何回も積み重ねて資産を増やしていくため、 中長期投資と比較すると1回の利益が小さいです。

【投資法別】100万円の株式投資で利益を出している人が行っているポイント

  • 成長しそうな株を探す
  • ファンダメンタルズ分析を行う
  • 株価の上下に一喜一憂しない
  • 時価総額が大きく流動性の高い株を狙う
  • 株価が右肩上がりの時を狙う
  • 分散投資をしすぎない

3.1 中長期投資

【成長しそうな株を探す】

数年で株価2〜3倍になりそうな企業を探します。
株式市場に上場している企業は、約4000社です。
すべてを1つ1つ分析することはできませんので、ある条件で絞り込むことから始めます、
私がオススメする条件は以下3つです。
・時価総額500億円以下
・上場して10年以内
・社長が創業社長であること(役員保有率30%以上)

時価総額が1兆円など、大きく成熟した企業がそこから売上をさらに伸ばして株価2倍、3倍にしていくのは容易ではありません。
しかし、まだ若くて成長期にある小さい会社は株価が数年で2倍になることは珍しくはありません。
これまでの経験から、私は「時価総額500億円以下」「上場10年以内」を1つの目安としています。

【ファンダメンタルズ分析を行う】

ファンダメンタルズ分析とは、
財務状況や業績状況から企業の価値を分析する方法 です。
今の株価が割安かどうか?今後の成長が期待できるかどうか?等を分析します。
調べる方法は、四季報や企業が出しているIR情報(決算説明資料や、有価証券報告書など)をみたり、実際にその企業の商品やサービスに触れてみる、口コミを見たり、です。

ROEとは
「投資家が投資した金額に対し会社がどれだけ利益をあげられるのか」を
表した指標であり、投資家から重要視される指標です。

【株価の上下に一喜一憂しない】

中長期投資を行う場合は、2倍3倍といった大きなリターンを狙うことになります
そのようなリターンを待つ間に株価は多少上下します。
株価が上がったり下がったりするのはドキドキしますが 我慢して保有しましょう。
中長期投資では、そのような目先の上下ではなく時間をかけて 大きな株価上昇を狙います。

3.2 スイングトレード

【時価総額が大きく流動性の高い株を狙う】

スイングトレードで狙う株のオススメは
・時価総額の大きい株
・流動性の高い株
という条件です。

流動性とは
市場に出回る株式の売買がどれだけ活発におこなわれているかを表すもの。
金融商品の売り買いが成立しやすい状況にあるか否かを判断する指標。

【株価が右肩上がりの時を狙う】

スイングトレードは数日〜数ヶ月といった比較的短い期間で
株価の波に乗って利益をあげます。
株価が順調に右肩上がりになっている場合は積極的に株式を購入しましょう。

下記は、セブン&アイホールディングスの株価チャートです。
(青丸が株式の購入箇所、赤丸が株式の売却箇所)
株価が上昇を始めたタイミングで株式を購入し、見込んでいた利益が取れる価格まできたら売却をします。
スイングトレードでは株価の波に乗ることが大切です。
出来高が少ない銘柄では株価が極端に乱高下し、チャートの形も複雑になりスイングトレードが難しくなります。
上述したTOPIX100の構成銘柄なら出来高が多いため、株価の乱高下の心配が少なくチャートも比較的見やすいため株価の波に乗りやすいです。 成功するデイトレーダーになる秘訣

【分散投資をしすぎない】

100万円から株式投資を行い成功する人2つの特徴

4.1 マイルールを持っている

感情に流されずにマイルールを貫徹し、取引に一貫性を持たせることが株式投資で利益を積み上げていく上で大切です。
マイルールはご自身で自由に決めるものですが、
具体例を出すと
・利益確定や損切りの水準を守る
・上述したファンダメンタルズチェック表の項目が全て当てはまるものにのみ投資をする。
・気分が良い時やお酒を飲んだ時は投資を控える
・負けてしまったからといってムキになって取り返そうとしない
・他人のおすすめする銘柄をそのまま何の分析もせずに買わない

損切りとは
自身がルールで売ると決めた水準まで株価が下がった時、それ以上の損失を防ぐため株式を見切って売却すること。
などです。

4.成功するデイトレーダーになる秘訣 2 利大損小を徹底できる

利大損小とは 「利益を大きく、損失を小さく」 という意味です。 成功するデイトレーダーになる秘訣
株式投資において100戦100勝ということはどんなプロでもありえません。

オススメの損切り水準は
・中長期投資ではマイナス10%〜マイナス15%
・スイングトレードではマイナス5%
です。
例)100万円を投資したならば
・中長期投資では90万円〜85万円
・スイングトレードでは95万円
になってしまった時点で損切りを行いましょう。

株の勉強が不十分で起きた3つの失敗談

株式投資の経験が7年以上ある私でも最初の頃は勉強しなかったために様々な失敗を経験しました。 株式投資で失敗しないためには勉強は不可欠だということを私自身も痛感しております。 ここでは勉強を怠ったために私が実際にしてしまった失敗を参考までに記載します。

5.1 損切りができない

買った株の株価が下がっても、いつか上がるだろうと思いずっと株式を持ち続けていたことがあります。
結局、株価はその後も下がり続け私は大きく投資資金を失ってしまいました。
勉強することによってどこで損切りが必要なのかが分かり今では適切な損切りを行えるようになりました。

5.2 株価の上下にうろたえる

5.3 企業の業績をチェックしない

株を始めた当初、 財務分析がよく分からず 企業の業績をチェックするのが面倒だった私は、自分の感覚だけで株を買うということをしていました。当然結果が出るわけもなく株価が上がらない株式ばかりを購入していました。

株式投資で利益を出すには勉強が必要

5章で解説した失敗は株式投資を始めたばかりの方であればよく当てはまる失敗だと思います。
失敗をなるべく減らし株式投資で成功するためにはとにかく勉強が必要です。
勉強する方法は色々ありますが、株式投資に精通したセミナーに参加するのもひとつの手です。

そこでおすすめのセミナーとして弊社(株)Free Life Consultingが公開している「 成功するデイトレーダーになる秘訣 投資の達人になる投資講座」をご紹介します。
「投資の達人になる投資講座」に参加することで下記のような内容を学ぶことができます。

  • 100万円でも勝率の高い株式投資手法
  • 実績あるプロの株式投資家の考え方や戦略
  • 株式投資の失敗を減らす立ちまわり方

投資の達人講座


無料で講座を視聴する

デイトレーダーとは短期決済型投資スタイル!成功するデイトレーダーになる秘訣

写真

デイトレードとはその日に購入した投資商品をすべてその日のうちに売ることで利益を確定させ、翌日に持ち越さないという取引手法 です。デイトレードを行う投資家をデイトレーダーと呼びます。その投資方法やメリット・デメリット、はじめ方などについて紹介します。
デイトレーダーが扱う投資商品は株式やFX(外国為替証拠金取引)・仮想通貨など、多岐にわたります。ここでは主に国内株式を取り扱うデイトレーダーについてご説明していきます。

デイトレーダーとは

株価の変動率は1日あたり1%~5%程と言われており、比較的小さな値動きです。そのため、 デイトレーダーは小さな利益で決済をし、一日の取引数を積み重ねることで利益を伸ばしていきます 。「早く目に見える成果がほしい」、「スピーディに利益を確定したい」という人に向いた取引方法といえます。
短いスパンで取引を完結させる手法を「スキャルピング」といい、数秒~数分の保有で売買を成立させてしまいます。しかし小さな利益も塵も積もれば山となり、様々な背景が重なった結果、短期間で億単位の資産を稼ぎ出すデイトレーダーも現れました。このように、デイトレーダーには投資家の夢が詰まっていると言えるでしょう。

●デイトレードを行うメリット

デイトレードを行うメリットについて簡単に解説します。
企業の業績発表や政府・日銀が行う経済関連の発表は、株価に大きな影響を与えます。しかし、デイトレーダーは比較的このような 経済発表に左右されずに取引をすることが可能 といえます。なぜなら、重要な経済発表は証券取引所が開いていない時間(午前8時台または午後3時以降)に行われるのが一般的だからです。証券取引所が開いている時間(午前9時から午後3時)に絞って取引を行うデイトレーダーであれば、純粋にその日の株価の値動きだけを見て売買に専念することができるのです。企業の業績や政治、景気状況などの先読みや分析が苦手だったとしても、利益を得るチャンスはあると言えるでしょう。

デイトレードを行うデメリット

デイトレードができる時間

デイトレードができる時間

●デイトレードのコアタイム

一日の中でも株価が大きく動く時間というものがあります。それが一般的に 午前9時~10時頃 です。
大きな株価の値動きが狙える、この時間帯に集中して取引をするのが効率的なデイトレーダーといえます。朝のうちに損益の大部分を確定できれば、残りの時間は情報収集や株取引の研究などに使うことができます。デイトレーダーといっても、一日中取引を続けなければいけないという決まりはありません。

●デイトレードをはじめるための準備

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

●デイトレードの用語

まず、株式やFXなど、金融商品の取引方法にはいくつかのスタイルがあります。そのうち1日の中で売買を完結させる方法がデイトレードです。デイトレードの中でも、数秒から数分で売買を完結させることをスキャルピングといいます。そのほか、 成功するデイトレーダーになる秘訣 成功するデイトレーダーになる秘訣 数日の間の保有で商品を売却することをスイングトレード 、反対に 数カ月~数年の期間商品を保有する取引のことをポジショントレード と呼びます。

●デイトレードに向いている金融商品

1日で売買を完結させるデイトレードで扱えるのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品、 上場株式やFX、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などになります。長期保有を前提とし、買い注文が翌日の約定となる投資信託などはデイトレードには向きません。

●デイトレーダーの収入とは

気になるデイトレーダーの年収は、人によりさまざまです。1年に数億円の利益を出して話題になるデイトレーダーもいれば、損失を出し続けて資金を失い退場していく人もいます。また、どんなデイトレーダーも必ず利益を出し続けられるということはありません。損失を出して資金を失うこともあります。 デイトレーダーとして生き残れるのは、全体の約10%と言われています 。チャレンジをする際に、成功する可能性が高いとも低いとも感じられる数字です。副業としてデイトレーダーを始める場合、一度失敗してもまた資金を貯めて再チャレンジすることもできます。

●デイトレーダーの活動

●デイトレーダーと税金

デイトレーダーと税金

●デイトレーダーの心得

まとめ

また、デイトレーダーにとって重要なことははじめの証券口座の開設手続き、証券会社の選び方にもあるとお伝えしました。 楽天証券 は2020年12月から国内株式手数料「 いちにち定額コース 」の1日の取引額の合計が100万円以下の取引量であれば、手数料を無料にすると発表しています。少ない資金でデイトレードを始めたばかりという方から、本格的にデイトレーダーとして取引を行おうとする方まで活用できる証券会社といえるでしょう。
また、デイトレーダーにとって欠かせない情報発信の手厚さにおいても強みを持つ証券会社です。楽天証券で 証券口座を開設 することで、 楽天証券版「日経テレコン」 という情報ツールを使って日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの記事が無料で読めます。適切な情報収集を行い、知識や経験を身につけることでデイトレーダーとして成功できるチャンスが広がるでしょう。

株式投資で成功する人と失敗する人の違いとは

専業投資家で株式市場が開いている時間帯の9~15時しか仕事していない人なんてめったにいません。 朝起きてからは新聞やニュースなどをチェックして情報収集をしたり、海外市場の動きを見た上でその日は日本市場がどんな動きをしそうか考えて当日の戦略を練ります。日本市場が引けた後の夕方や夜間は海外市場がどう動くかチェックしたり、先物や為替の動きを見たり、翌日の戦略を練ったり、当日の反省をしたりします。株式市場が開いている時間帯は9~15時と短いですが、それ以外の時間帯でもやる事はたくさんあります。

“株式投資の成功者”でありがちな設定は毎日労働時間は5時間だけで、海外行きながら投資をして自由で優雅な生活を! みたいな感じかもしれませんが、実際はそんな事はありません。日々の地道な努力が株式投資での成功に繋がります。

“デイトレード”から学ぶ株式投資成功者の考え方

ここで、トレーディングに目を向けてみよう。ここで質問をしたい。 「よりよいトレーダーになるために、毎日、どれだけの時間を割いているだろうか。」 成功するデイトレーダーになる秘訣 子供の受容力は一日の終わりに最も高まるのであり、トレーダーの受容力はマーケットが引けた後に最も高まるのである。大引の後に意味のある時間を過ごしているだろうか。

考えをまとめたり、

一日の行動を振り返ったり、

取引の分析をしたり、

明日の準備をしたり、

そしてトレーディング日誌をつけたりしているだろうか。

あるいは4時1分(日本だと15時1分)に、オフィスから、家から、机から逃れるように飛び出すのだろうか。成功したいと願っているトレーダーの多くは、 成功するためにはハードワークが必要 成功するデイトレーダーになる秘訣 であることを認識していない。成功への過程は時間をかけてゆっくり進展していくものなのである。

楽して稼ぎたいなら株式投資なんてありえない

株式投資で成功したいならハードワークが必要

ほとんどの投資家はある程度の努力をして、株式投資で中々勝てなくて、もしくは大きな損をして、辞めてしまいます。 成功するデイトレーダーになる秘訣 でも、それは当たり前の事なんですね。株式投資で成功したいと思う人なんてたくさんいます。でも、その中で1割の中に入る事は本当に難しいです。1割の成功者の仲間に入れたとしても、簡単な事で9割の失敗する人の中に入ってしまう可能性もあります。僕は偶然今は1割の成功する組に入れてはいますが、日々の努力をしなければ簡単に9割の輪に入ってしまうでしょう。常に1割の中に入れるよう、毎日どうやったら稼げるか?を考えて株式投資の世界で稼ぎ続けられるように努力をしています。

成功者は見えないところで努力をしている

相場日誌は必ずつけよう-負けてる理由はいつも同じ-

相場日誌をつける上で僕が絶対にした方が良いと思うことは、 相場が終わった後に一日の行動を振り返る事 です。その日のトレードで良かった部分、悪かった部分、どんな銘柄を買ったのか売ったのか、なぜ損切をしたのか、なぜ利確をしたのか。なぜその株を買ったのか。こういった事を相場日誌に毎日毎日書く事をお薦めします。

そして1ヶ月くらい経った時に相場日誌を見返してみると、 大抵悪かった部分や負けている理由なんかは同じ理由が多いです。 相場日誌に一日の行動を振り返っていない人には絶対にそのことは見えてきません。しかし振り返っている人には見えてきます。こうやって負けている理由が見えたら、同じような負け方をしないように自分の手法を見直していき、マイルールを作っていきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる