FXトレーダー

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ
ジロー

【バイナリーオプション編】9割が知らないボリンジャーバンドの本当の使い方

【バイナリーオプション編】9割が知らないボリンジャーバンドの本当の使い方

この記事でわかること バイナリー攻略に必須のマルチタイムフレーム分析の意味 MTFの活用方法 MTFを利用する上での注意点 木を見て森を見ず。 「物事の一部しか見れず、全体を見失ってしまう」という意味 .

傾いたスクイーズ時のエントリー方法

傾いたスクイーズ時のエントリー方法

きちんと下位足を確認し、 ライントレード を使用したり、 ロウソク足の形 を見ながらエントリーを行っていきましょう。

平行なスクイーズ時のエントリー方法

平行なスクイーズ時のエントリー方法

エクスパンション時のエントリー方法

エクスパンション時のエントリー方法

【バイナリーオプション編】9割が知らないボリンジャーバンドの本当の使い方まとめ画像

当サイトでは、他にも多くの バイナリーオプションの攻略法 を掲載しています。
ぜひ取引の参考にしてくださいね。

チャート分析の効果が10倍!?本当は教えたくないバイナリーオプション攻略術

この記事でわかること バイナリー攻略に最も効果的なチャート分析方法 どうも、あつしです。 今回は、バイナリーオプションで取引を行うにあたって一番大切な「チャート分析効果を10倍にする方法」をお伝えしま .

ハイローオーストラリアの詳細情報

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。 高い利益率とスムーズな入出金 を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

ハイローオーストラリアのワンクリック注文とは?活用方法から注意点まで徹底解説

この記事でわかること ハイローオーストラリアのワンクリック注文とは ワンクリック注文の活用方法 ワンクリック注文のメリット・デメリット どうも、あつしです。 あなたはこれまでに、海外バイナリーオプショ .

バイナリーオプションのトレンドとは?勝率アップ確定のトレンド活用術

この記事でわかること 3パターンの相場の動き方 ダウ理論を使った相場のトレンド方向の見極め方 トレンドの転換サイン どうも、あつしです。 突然ですが、あなたはトレンドという言葉をきちんと理解できていま .

バイナリーオプションの裁量トレード技術を飛躍的に高める方法とは?

この記事でわかること 裁量トレードの概要と重要性 裁量トレードとシステムトレードのメリット・デメリット 相場分析(裁量)の技術を飛躍的に高める方法 どうも、あつしです。 あなたは、これまでに『裁量トレ .

ハイローオーストラリアには罠がある?隠された5つの罠と対策方法を徹底解説

この記事でわかること ハイローオーストラリアに隠された5つの罠 投資業界に罠がたくさん存在する理由 ハイローオーストラリア攻略にはバックテストの習得が効果的な理由 どうも、あつしです。 今回、あなたに .

私がハイローオーストラリアの30秒取引をやらない3つの理由

この記事でわかること ハイローオーストラリアでの30秒取引の概要 30秒取引をお勧めしない理由 最短30秒で稼ぎたい方のための取引方法 どうも、あつしです。 突然ですが、あなたに質問があります。 あな .

バイナリーオプションの逆張りで人気のボリンジャーバンドを知ろう!

バイナリーオプションの逆張りで人気のボリンジャーバンドを知ろう!

ジロー

ジロー

あかね

あかね

ジロー

ジロー

  • 将来的にFXや株などもやってみたいと思っている方
  • トレンドが出来た時にバイナリーオプションで連敗を何度も経験したことがある方
  • ボリンジャーバンドって何か知りたい方

バイナリーオプションの逆張りで人気のボリンジャーバンドを知ろう

ボリンジャーバンドとバイナリーオプション

ボリンジャーバンドとは?

トレンド系のテクニカル指標。考案者はジョン・A・ボリンジャー (John A. Bollinger)。一般には逆張りに分類されることが多いが、ボリンジャーは順張りに使用している。「Bollinger on バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ Bollinger Bands」(ISBN 0071373683)、「ボリンジャー・バンド入門」(ISBN バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ 4939103536)にて、利用法が紹介されている。
ボリンジャーは1980年代に発表。ただし、平均+誤差の標準偏差という考え方は金融の世界に大昔からある。例えば、1973年に発表されたブラック・ショールズ方程式もこの考え方に基づいている。

算出方法は、
ボリンジャーバンド = x日の移動平均 ± x日の標準偏差 × y
yとしては、2が使われることが多い。移動平均は、単純移動平均が使われることが多いが、単純以外も使われることがある。単純以外を使用する場合は、標準偏差ではなく、移動平均に対する誤差の二乗平均平方根となる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から出典

一般的にトレーダーがよく使っているのは、単純移動平均線(直近〇〇本のローソク足の終値の分布)から、平均とばらつきの分布をチャート上に示したボリンジャーバンドです。

バイナリーオプションやFXの逆張りでボリンジャーバンドが人気の理由

バイナリーオプションでのボリンジャーバンド_偏差_考え方

μ⇔1σの間にローソク足が収まる確率は68.26%。
μ⇔2σの間にローソク足が収まる確率は95.74%。
μ⇔3σの間にローソク足が収まる確率は99.74%。

このばらつきを、チャートの移動平均線(μ)を中心としてMT4上に表示したものがボリンジャーバンドです。

これらの高い確率の兼ね合いもあり、「平均から離れすぎたローソク足は、平均に戻ろうとする力が加わる」と考えられています。

ボリンジャーバンドでの逆張りだけでは勝てない理由

ボリンジャーバンドでの逆張りだけでは勝てない理由

つまり、逆を返すと 「ボリンジャーバンドが3σを超えている相場状況は通常状態ではない」とも言えるのです。

  • レンジ相場がブレイクアウトしてトレンドが発生
  • 大きな指標発表や世界的な事件などファンダメンタルズ的な要因が発生

トレンドが発生した際、相場は「バンドウォーク」をする傾向がある

バンドウォークはどういう現象かというと、ボリンジャーバンドの2σ~3σの間をローソク足が行ったり来たりしながらトレンドに乗って価格が推移していくこと。※1σ~2σ等も含む

つまり、こういった強いトレンドが発生した時にバイナリーオプションで、
「ボリンジャーバンド2σを超えたから逆張り!」
「次の足も超えている…もう一回!」
「まだまだ…絶対に下がるんだ…」
と追いかけ続けると、トレンドの状況によっては10連敗以上もあり得ます。

バイナリーバンドウォークの例

このように、 2σ以上の4.36%は連続して出現することがあります。 ボリンジャーバンドの確率マジックには十分に注意が必要です。 トレンドが出ている時に逆張りを続けて引くに引けなくなるというのは、バイナリーオプションで王道の負けパターンです。

ジロー

ジロー

実は僕もバイナリーオプションを始めた頃に「このボリンジャーバンドの確率であれば無敵だな」と考えてひたすら逆張りをやってみていたことがあったんだけど、ある時15連敗をして後半は熱くなってトレード金額を上げて資金がなくなってしまい絶望したことがあったよ…

あかね

あかね

トレンドを見極めよう!ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンション

トレンドを見極めよう!ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンション

相場の収縮(スクイーズ)と拡張(エクスパンション)とは、つまり投資家達の売りと買いのバランスの推移です。

言い換えると、レンジ相場・トレンド相場も交互に訪れるということです。 ボリンジャーバンドを見ることで視覚的に一目で今がどういった状況かを判断することが出来ます。

ボリンジャーバンドはスクイーズ(収縮)とエクスパンション(拡張)を繰り返すの例

ボリンジャーバンドのスクイーズ(収縮)状態

FXのトレードでは、いわゆるこのスクイーズからエクスパンションした時(レンジブレイク)を狙っていくトレーダーが多いです。トレンドに乗っていくということです。このように、 ボリンジャーバンドが縮まってきているということは力のバランスが崩れた時どちらかに大きく動く可能性がある。ということを覚えておきましょう。

ボリンジャーバンドのエクスパンション(拡張)状態

エクスパンション(拡張)状態になったボリンジャーバンドは、ローソク足を中心にして一気に広がります。この時、チャートに入れているボリンジャーバンドを見ながら、あ・・・一気にトレンドが出来るかも。と判断できるわけです。

バイナリーオプションで人気のボリンジャーバンドはFXでも人気のインジケーター

バイナリーオプションで人気のボリンジャーバンドはFXでも人気のインジケーター

ボリンジャーバンドの特性である、標準偏差やMT4上の表示。バンドウォークやスクイーズとエクスパンションなどの基本的な部分は是非覚えておくことをおすすめします。

    バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ
  • ボリンジャーバンドを組み込んだ矢印型インジケーターについて知りたい片はこちら

今回は、トレーダーの皆さんの意見を取り入れて作った勝率表示型のバイナリーオプション用サインツールの機能について紹介するよ。Jiros_golden_outsideツールの改良版なの?その通り、名づけて『infinite Strike(インスト)』だ。勝率機能付きで初心者にもおすすめ。使い方も難しくないからあの「インスタ」ともちょっとかけてるんだけど。早速追加の機能と特徴を見ていこう!バイナリーサインツール『infinite Strike(インスト)』は、限られた時間の中でバイナリーオプションに取り組むあなたに。勝率表示をしてくれることによって、.

あかね

あかね

ジロー

ジロー

※サポートラインとレジスタンスライン (ザイFX!) (注1)

ところが、サポートであるエンベロープまでローソク足が落ちて来ない場合もあります。

これではエントリーのチャンスは1回しかありません。

そこで、エンベロープの設定を変更し、エンベロープを2本表示させます

するとエントリーできるサポートは3箇所に増えます

25分線のエンベロープとのクロスで反転の強サインが出ているのでスルー推奨です。

ここに表示されているのは、両方ともパラメータ5の5分線エンベロープです。

そして、その高値平均線をエンベロープに変化させています。

もうひとつの青い線はパラメータをLow(安値)でとっています。

この高値と安値のエンベロープ2本(上下で計4本)のラインをサポートやレジスタンスとして、

トレードしていくのです。

それほど難しくないので、一連のトレードの流れで説明していきます。

5分エンベロープが25分エンベロープを完全に下に抜き去ったので、

そこで、 High狙いに切り替え ます。

まずは、上昇トレンドに入るまで待ちます。

※ 5、バンドウォークの発見 (アヴァトレード) (注2)

バンドウォークに入り、上昇トレンドであることを確認してから、

高値エンベロープのほうの下バンドに触れた瞬間にhigh で入ります。

ラストがシビアな感じですが、なんとか滑り込んで勝ち。

少し上昇トレンドが弱いと感じますね。

四角で囲んだ部分がトレードを行ったところです。

ロードバイク散歩

人口ピラミッド1.jpg

646456.jpg


機能を説明する目的で比較的成績の良い期間を切り出しましたが、実際には勝率で65%くらいの取引ルールなので、この図のようにうまくは行きません。この図は勝率80%くらいの調子のよい期間を切り出している。
これは「パクバンドのバージョン3」です。いくつかバージョンがある。

で、ボリンジャーバンドにはバンドウォークに付きものの「だまし」がありまして、その場合には即座にポジションを閉じて逆張りにドテンします。

86786.jpg

「だましだな!」と判断して途転したのち、それも裏切られてバンドウォークに移行した場合。
「補助バンド」なるものが登場して移動平均線と交差し、順張りに変更します。

65546.jpg

「バンドウォークして順張りが成功するか? 逆張りが成功するか? これはほぼ50%50%だな?」

というので、試しに「全くランダムに売り買いするプログラム」を作りPCで検証してみたのです。

「相場は上か下かを予想するゲームなので、デタラメに張れば50%は成功し、50%は失敗する。 半々なので、最終的には儲かりも損もしない、±0の位置に向かっていく」
という事です。
(ただし、投資回数×手数料の分は損します)

コロコロ検証1.jpg

ところが、この図の中にあるTPとSLというパラメーター、要は利食い値幅損切り値幅ですが、これを「ある価格帯域」に設定すると
「すべてのパターンが利益になって損失が無い」
という事に気が付いたのです。
(価格帯域なので特定の価格では無いです。だいたい利確300pip前後、損切り100pips前後)

普通に国際的な政治・経済の動静を追うとか、投資用の様々なテクニカル指標を考慮するとか、そういうものは一旦やめて「理想的にランダムな売り買い」だけを繰り返す。
ただし「利食い値幅」と「損切り値幅」には最適な組み合わせがある。

乱数ダブル資産曲線8.jpg

色々な指標を組み合わせたり複雑な取引ルールを作るとプログラムも複雑になるのですが、解読するのに丸1日かかるようなプログラムは、ことEAに関してはたいていダメと思いますね^^;
ある特定期間では有効なのだが、他の期間になると機能しません。
(複雑なプログラムが命の人で優秀なEAを作ってる人も極少数いるとは思うので、すいません^^;)

ただ「あれ?これで利益になるの?」と半信半疑なので、普通は誰も見向きもしませんけどもね(笑)

サイコロ取引部分プログラム.jpg

最近試験しているサイコロEAは「できるだけ規則性のない理想的な乱数」を使うために、乱数を2度発生させているので、↑このプログラムに数行の追加をしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる