海外バイナリーオプション

投資信託の利回りとは

投資信託の利回りとは
こちらも読まれています

投資信託の利回りとは

投資信託における利回りとは?種類や利率の違いを知る

  • 投資信託に興味がある
  • 投資信託で得られる利益を知りたい

投資信託の利回りとは?

投資信託における利回り=利益(分配金や売却損益)÷運用年数÷投資金額×100

投資信託の利回りと利率の違い

「投資信託における利回り」と「利率」との大きな違いは、利回りの「利益」には投資信託を売却して得た売却差益など運用によって得たすべての収益を含むということ。

例えば、投資金額100万円で1年間運用し、1万円の分配金と4万円の売却差益を得たとすると
「(1万円+4万円)÷1年間÷100万円×100=5%」の利回りになります。

利回りと騰落率の違い

パフォーマンスとは

利回りの計算方法

「投資信託」における利回りは、
「利益(分配金や売却損益)÷運用年数÷投資金額×100」
で計算ができます。

例えば、100万円の投資信託を5年間運用し、合計5万円の分配金を得て110万円で売却した場合、
「(5万円+売却益10万円)÷5年間÷100万円×100=3%」
の利回りになります。

諸費用を考慮した投資信託の利回り=(分配金+売却益-販売手数料-信託報酬-売却委託手数料-信託財産留保額-税金)÷運用年数÷投資金額×100

投資信託で得られる利益とは?

基準価額と分配金

1口あたりの「投資信託」の値段のことを「基準価額」と呼びます。
投資家からの出資金のうち、投資家に帰属する額を「純資産総額」といい、それを投資信託の総口数で割ることで「基準価額」が算出されます。
投資信託は、この基準価額を基に取引されるため、投資家は基準価額が上がれば、商品を売却する際に差益を期待できることになります。

この「基準価額」と「分配金」とは、実は密接なつながりがあります。
「純資産総額」のなかには、分配金を支払うための「分配対象額」が含まれていて、分配金支払い後は「純資産総額」が下がり、連動して「基準価額」も下落してしまいます。
分配金の支払い頻度や金額も投資信託によってさまざまですので、運用中は基準価額の動きも合わせて注視することが大切です。

2種類の分配金がある

毎月分配金を受け取れる、毎月分配型投資信託とは?

・「毎月分配型投資信託」のメリット
毎月一定額の「分配金」が受け取れるというのが最大のメリットです。
年金やお小遣いの足しとして、定期的に運用の成果を得たいという投資家におすすめです。

・「毎月分配型投資信託」のデメリット
投資信託は、元本が保証される投資方法ではありません。
特に「毎月分配型投資信託」は、毎月の利益が「分配金」に回されるため、「純資産総額」および「基準価額」が上がらず、元本が取り崩されるケースもあります。
長期的に見ると複利効果も薄く、売却益も得られにくいと言えるでしょう。

投資信託を選ぶときの注意点

一般社団法人 投資信託協会によると現在(2021年7月末)、5,883本の公募投資信託が運用されています。
「これだけの商品のなかで、どれを選べばいいかわからない」と悩む投資初心者の方も多いのではないでしょうか。

投資信託の利回りとは?利回りの目安や抑えておくべきポイント【FP監修】

写真:村井 英一

投資信託を選ぶときの基準としては、利回り以外に「騰落率」というものがあります。
騰落率とは、一定の期間において投資信託の基準価額がどれくらい動いたのかをパーセンテージであらわしたもので、1カ月、3カ月、6カ月、1年、5年…など過去にどのような変化があったのかを見ることで、今後の値動きを予想するものです。
投資信託を選ぶときは、利回りと合わせて騰落率を見るようにすると、今後の動きを想定しやすくなるでしょう。

1-3. 利回りとパフォーマンスの違いは?

1-4. 表面利回りと実質利回りの違いは?

1-5. 投資信託の利回り計算方法

2. 投資信託の平均利回りの目安は?

3. 投資信託で利回り以外に抑えておきたいポイント

3-1. 信託報酬や手数料

3-2. 純資産総額の大きさ

3-3. 運用成績や値動きの幅

こちらも読まれています

4. 最後に

こちらも読まれています

弊社の不動産小口化商品「Vシェア」は、長期分散投資におすすめの運用商品です。都心のプライムエリアにあるオフィスビルを小口化することで、1口100万円単位・5口以上(最低口数は変更となる場合があります)からの小口購入ができるため、少額の資金からでも不動産投資が可能です。「Vシェア」は、「毎月の賃料収入の分配」と「一定期間運用後の売却代金の分配」が投資家の皆様の利益となり、購入したオフィスビルなどの管理・運用は弊社が責任を持って実行しますので、不動産の維持管理のために何かをしなければいけないという手間は発生しません。
また、現物不動産を保有することになるため、生前贈与や相続対策としてもご活用いただいております。
長期分散投資商品をお探しの方は、弊社の不動産小口化商品「Vシェア」を、ぜひご検討ください。
より詳しくご覧になられたい場合は、下記ページをご参照ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる