FXの相対取引とは

テイクプロフィットとは

テイクプロフィットとは

『FF14』古代人姿のレジェンド・植松伸夫氏も登場! 2日間に渡って幕張メッセイベントホールを熱気に包んだTHE PRIMALSのライブリポート

zenkei1

そして2曲目に突入すると同時に、謎の人物がフードを脱ぐ。その正体は、『FF』の音楽の祖となるレジェンド・植松伸夫氏! まさかのサプライズゲストに、鳥肌ならぬ“チョコボ肌”になったのは自分だけではないはず。そして流れる初代『FF』のメインテーマ。曲の後半は同じく初代『FF』の曲であり、『FF14』でもおなじみの『マトーヤの洞窟』のアレンジバージョンに移り変わり、『FF14』ファンにはたまらないメドレーに。植松氏は、続けざまにシリーズ屈指の名曲『ビッグブリッジの死闘』を披露。『FF』シリーズファンなら感涙ものの、至高のひと時となった。

Uematsu3

Uematsu4

なお、植松氏が披露した3曲は、2022年11月9日発売予定のアレンジアルバム『Modulation - FINAL FANTASY Arrangement Album』に収録予定の楽曲とのこと。ちなみに披露された3曲とも未完成で、今回のライブで演奏したものはいまだけしか聴けない音源となっているという。

Uematsu5

Uematsu6

植松氏がステージから降りると、THE PRIMALSのライブが再開。ここからは、事前に公式サイトで募っていたプレイヤーからのプレイ動画とともに『貪欲』『To the Edge』を披露。スクリーンに映し出されたプレイ動画はなかなか見応えのあるもので、かなり心を震えさせられた。続けざまに演奏された『漆黒のヴィランズ』のメインテーマ『Shadowbringers』でも、作中の名シーンが次々と映し出され、当時の思い出が蘇り、涙腺が崩壊しそうになった。

hiki10

hiki13

Tachibana_2

知恵の巻貝 ~オールドシャーレアン:夜~(Acoustic Version)』は、初となるアコースティック編成でのお披露目に。美しいメロディーをアコースティックギターが奏で、会場のプレイヤーを魅了した。

hiki20

続けざまに、『Close in the Distance』『Flow Together』と、『暁月のフィナーレ』で登場した名曲を演奏。スクリーンには『新生エオルゼア』から『暁月のフィナーレ』までの冒険の名シーンが映し出され、思わず涙を流しそうになった人も多いだろう。

Soken2

GUNN1

感傷に浸る間もなく次の『此処に獅子あり ~万魔殿パンデモニウム:辺獄編~』が披露され、再び会場に熱気が戻っていく。続く曲は『ロングフォール ~異界遺構 シルクス・ツイニング~』。前回のファンフェスティバルでは開発スタッフがダンスを踊る姿が見られたが、今回はプロのダンサーが登場し、軽快なリズムに合わせたキレキレのダンスで会場のプレイヤーを魅了していた。

Iwai2

Koji_2

最後のMCで残りは3曲と告げられるも、コージ氏の「残りの3曲はいろんな意味で熱いんですよ!」というひと言で会場は大盛り上がり。コージ氏のお気に入りだという『魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~』から始まり、『過重圧殺! ~蛮神タイタン討滅戦~』に続く。ステージでは特殊効果として火がつくという演出が行われ、会場のボルテージも最大に。最後に『エスケープ ~次元の狭間オメガ:アルファ編~』が演奏され、ステージが終了。

zenkei2

鳴りやまない拍手からのアンコール演奏

アンコール1曲目に演奏されたのは、『メタル:ブルートジャスティスモード ~機工城アレキサンダー:律動編~』。祖堅氏がギターからトランペットに持ち替え、軽快なメロディーを奏でる。

zenkei5

2曲目は、『ライズ ~機工城アレキサンダー:天動編~』。もちろん、今回のライブでもおなじみの“時間停止ギミック”を会場内で再現。おなじみのサウンドとともに、一斉に動きを止める光の戦士たち。この光景は、何度見ても心が震えさせられる。

最後は、『ローカス ~機工城アレキサンダー:起動編~』を披露。レイドシリーズ“機工城アレキサンダー”テイクプロフィットとは を彩る3曲で、激熱のライブが締めくくられた。

zenkei6

次の目標は野外フェス!? THE PRIMALSインタビュー

interview5

祖堅正慶氏(以下、祖堅) ここしばらくはパンデミックや自分の病気もあって、しばらくライブの最前線から離れていました。いっぽうでゲームはずっとアップデートを続けていた中、やっとパンデミックが明けてきて、自分の体調もよくなってきたので、ライブを開催させていただきました。

マイケル・クリストファー・コージ・フォックス氏(以下、コージ) 昨日、初日のライブを終えてから、SNSで光の戦士たちの感想を見させていただいて、「“THE PRIMALS”からパワーをもらった」という意見を拝見しました。もちろんうれしかったと同時に、私も同じように皆さんからパワーをもらったと感じました。

イワイエイキチ氏(以下、イワイ) 数年ぶりの有観客ライブということで、最初は緊張しましたけど、いざステージに立ったら昔の感覚を思い出せました。2日目となる今日で、いい感じにいろいろなことを思い出して……と、エンジンがかかってきたところなんでが、もうライブが終わっちゃって、ちょっと残念ですね(笑)。

たちばな哲也氏(以下、たちばな) ひとまず、2日間のライブが無事に終わってよかったなと。スタッフを含めて、いろいろな人に支えてもらって、ありがたいと思っています。あとは、光の戦士の皆さんが変わらずに元気そうで、そこがいちばんよかったですね。ここ最近、いろいろとあったかと思いますが、“THE PRIMALS”のライブで少しでも解消していただけたのならうれしいです。

GUNN氏(以下、GUNN) ライブに来てくれる皆さんのことを考えながら、演出などをメンバーのみんなで揉んで考えたので、それがいい形で伝わっているといいなと思いながら演奏させていただきました。昨日のライブの感想を見た感じ、喜んでもらえているようだったので、今日も無事にそこが伝わっていたらいいかな。僕個人としても、楽しく、皆さんの顔を見ながらライブができてよかったです。

祖堅僕にとって思い入れがあるのは、『知恵の巻貝 ~オールド・シャーレアン:夜~(Acoustic Version)』ですね。

コージ私は『ENDWALKER』ですね。私が歌っているわけではありませんが、歌詞を手掛けさせていただいて、「え!? この人(Architectsのボーカリスト、Sam Carter氏)が歌うんですか?」とビックリした記憶もあるので。

祖堅『此処に獅子あり ~万魔殿パンデモニウム:辺獄編~』じゃないんだ?

コージそれも好きですよ!

イワイじゃあ僕は『パンデモニウム』で。

たちばな『Flow Together』ですね。“THE PRIMALS”としては新しい感じですよね。

GUNNこの流れで来ると難しい……(笑)。

祖堅(ミニアルバムに入っている楽曲は)あと1曲しかないね。

GUNN全曲に思い入れはあるから……『オールド・シャーレアン』と『Close in the Distance』で。

祖堅1曲じゃないのかい!(笑)

祖堅ゲームをプレイすればその場面が思い浮かぶのがゲームサウンドですが、ライブはセットリストの流れというものがあります。たとえば、ゲームでは最後に泣かせるような曲を持ってきたほうがいいのですが、ライブでそれをするとシュンとした気持ちで終わってしまうんです。

祖堅いままで何度もライブを演ってきて、お祭り感を持ったまま終わるというのがいちばんいいという結果を得ているので、この形になりました。

――『貪欲』『To the Edge』では、プレイヤーからプレイ動画を募集するという新たな施策を実施されました。実際にやってみていかがでしたか?

祖堅すごくかっこいいプレイ動画を送ってきた方がたくさんいらっしゃったので、どの動画を使ったらいいかはすごく悩みましたね。どれもクオリティーがめちゃくちゃ高くて、うれしい限りです(笑)。

祖堅またやりたいですね。すでに次の企画も思いついているので、もしライブを演るときがあればお披露目したいなと。

祖堅1時間30分尺でやっていたのはファンフェスティバルの“THE PRIMALS”、だからですね。ファンフェスティバルでは、僕らのライブはたくさんあるうちのひとつの演目であり、メインというわけではない。だから、コンパクトにやっています。

祖堅今回は光と画に力を入れました。そこに特殊効果が入ったらいいなと思っていて、今回はさらに演奏中に火をつけるという演出をやってみたんですよ。でも、実際にやってみたら思いのほか熱くて……(笑)。

――今回のライブタイトルの“Beyond the Shadow”に込められた意味を教えてください。

コージいままでの単独ライブのタイトルにも“Shadow”という言葉が入っていますけど、これは『ShadowBringers』から取ってきています。あとは、“THE PRIMALS”はゲームの中では悪役で、闇のイメージがあるということで、ライブタイトルに“Shadow”という文字を使っていました。

今回は、次の『ENDWALKER』に進むということで、Shadowを越えるという意味がある“Beyond The Shadow”という言葉を使っています。あと、英語に「beyond the shadow of a doubt」という熟語があって、「絶対に」という意味があるんですよ。この熟語の意味も合わせて、“THE PRIMALSは絶対的だ”と、二重の意味を込めています。

GUNNもともと「この曲をやってみたい」という話を祖堅としていたんです。それで、やるだけやってみようと。レコーディングでは、原曲の世界観も大事にしつつ、バンドの一発録りにこだわりましたね。昨日のライブ中では(テイクが)十数回という話をしましたが、僕の記憶では24回ぐらいやっているんだよね(笑)。

たちばなレコーディングが終わるまで1日半ぐらいかかったもんね(笑)。

GUNNオールド・シャーレアンの夜の楽曲は、そんな風に作業が進んでいった曲ですね。

祖堅僕は野外のフェスに早く出てみたいですね。

コージ同じく外でやってみたいですね。涼しいだろうなぁ(笑)。

イワイもっと大きい、アリーナクラスでやってみたいですね。

たちばないろいろなところでもやってみたいですが、ゲームと違う音楽フェスティバルにも出られたらおもしろそうだなと思いますね。

GUNN僕も同じで、国内外でいろいろなフェスに出てみたいなと思っています。(祖堅氏に対して)行きたいな!(笑)

祖堅ロンドン、パリ、ドイツ、韓国、中国、ラスベガスと海外でもライブを演らせていただいているので、海外のフェスでもぜひやってみたいですね。こんな感じで、メンバー間でも日ごろからこんな話をしていますので、いいお話しがあれば喜んで行きます!(笑)

祖堅氏の成長をうれしくもあり、うらやましくも感じた植松氏

interview4

祖堅今回、スペシャルゲストとして植松さんにご協力いただきましたが、じつは、植松さんが最初は「俺は前座がいい」って言われていたんですよ。僕としはそんなことは全然考えていなくて、その意思が固かったので、何度か植松さんを説得しに足を運んだんです。前座よりも絶対にライブの途中で植松さんが現れたほうが、お客さんが喜びますから、と説得して。

植松伸夫氏(以下、植松) 実際にやってみて、それが正解だったよね。

祖堅そうですね。演目の中のひとつとして、『FFXIV』の世界観の中にいる古代人、レジェンドというキャラクターに植松さんに投影させて演出できたというのは、ゲームとの親和性を持たせられてすごくよかったなと。

植松僕が「前座で出してくれ」と言っていたのは本当で、“テイクプロフィットとは THE PRIMALS”のライブですし、そこに先輩面をして出ていくのはすごく恥ずかしい。さらに、やろうとしていた音楽が、ひとりでシンセサイザーを使ってというような、いままでやっていなかったものだから、イチからやり直させてほしいなという思いがあって、前座として1、2曲やらせてもらおうかなと、本気で思っていました。

祖堅まずは、(古代人の)服を着てくれって言いましたよね。

植松そうだね。でも、いつもの恰好で演ったほうが気楽だし、そういうのは嫌だったんだよ(笑)。じつはあの服はすごく動きにくくて、ローブが長いから歩いていても引っかかるし、階段を上るときに裾をまくらないといけない。あと、僕は何かをやるときにいつも腕まくりをするんだけど、丈が長くてすごく演奏しづらくかった。なおかつ、1曲目は「フードをかぶってくれ」と言われて、譜面がよく見えなくて……(笑)。

祖堅見てくださっている方々は『FFXIV』のプレイヤーで、ゲームを遊んだ体験があるからこそ、植松さんがローブを着ることに意味があるし、そこに『悠久の風』が流れてくるという演出がゲーム体験と密接にリンクして。これはゲーム音楽ならではなのかなと思っています。

植松基本的に、全曲とも『FF』シリーズのゲーム中で流れている音楽を土台にしています。じつはステージでも言いましたけれど、これまで昔の自分が作ったものは、二度とと言っていいほど聴かなくて、「恥ずかしい曲を作っちゃったな」という思いがずっとあったのです。

祖堅僕が若いときに植松さんに多大な迷惑をかけまくっていたので、今回のライブで植松さんがちょっとでも楽しい気持ちになっていただいたなら、ちょっとした恩返しになったのかなと。もちろん、これくらいじゃ全然足りてないと思いますが……(笑)。そんなことを考えつつ、またお願いにいきますので!(笑)

植松こんな素敵なコンサートの中で、15分間という短い時間でしたけど、参加させていただけてすごくうれしかったですね。あまりこういう言いかたはしたくないけど、祖堅も大きくなったなという感じがしますね。

祖堅僕は、植松さんと飲みに行っていたときはマジでクソガキでしたもんね(笑)。

植松本当にクソガキだったよね(笑)。そんな冗談はおいておいて、祖堅がこんなに場を仕切っているというのが、うれしくもあり、うらやましくもあったんです。うらやましいと思った瞬間に、「僕はまだいけるな」って思ったんです(笑)。祖堅にまだライバル心を持っているかもと思ったときに、「Modulation」の制作をもっとかんばろうと思いました。

祖堅これはアルバムが楽しみですね!

祖堅植松さんの元気な姿を見せられて僕は満足です。みんなも満足だったと思います。ユーザーの皆さんと同じ気持ちです!

植松こんなにたくさんの人間を見たのはひさびさでした。また人間を見に行きたいと思います(笑)。

セットリスト

1. ENDWALKER
2. 輝ける蒼 〜希望の園エデン:覚醒編〜 テイクプロフィットとは
3. 究極幻想
MC
4. メタル 〜機工城アレキサンダー:起動編〜
5. 忘却の彼方 〜蛮神シヴァ討滅戦〜
MC
6. 目覚めの御使い 〜ティターニア討滅戦〜
7. 女神 〜女神ソフィア討滅戦〜
8. 悠久の風
9. メイン・テーマ~マトーヤの洞窟メドレー
10. ビッグブリッヂの死闘
MC
11. 貪欲
12. To the Edge テイクプロフィットとは
13. Shadowbringers
14. 知恵の巻貝 ~オールド・シャーレアン:夜~ (Acoustic Version)
15. Close in テイクプロフィットとは the Distance
16. Flow Together
17. 此処に獅子あり 〜万魔殿パンデモニウム:辺獄編〜
18. ロングフォール 〜異界遺構 シルクス・ツイニング〜
MC テイクプロフィットとは
19. 魔神 ~魔神セフィロト討滅戦~
20. 過重圧殺! ~蛮神タイタン討滅戦~
21. エスケープ 〜次元の狭間オメガ:アルファ編〜
アンコール
22. メタル:ブルートジャスティスモード 〜機工城アレキサンダー:律動編〜
23. ライズ 〜機工城アレキサンダー:天動編〜
24. ローカス テイクプロフィットとは ~機工城アレキサンダー:起動編~

DG Medios

Live Nation estaría planeando suspender todos sus tours por Coronavirus

El Coronavirus sigue cancelando shows por el mundo. Si hace un par de horas se anunció la suspensión…

DG Medios pasa a manos extranjeras y ahora es dirigida por Live Nation

La compañía internacional de eventos musicales Live Nation, adquirió gran parte de la empresa chilena DG Medios, una…

Muse en la Pista Atlética: Ellos nos controlan

Espíritu verde: Show de Muse en Chile medirá la huella de carbono

El próximo 13 de octubre, Muse se presentará por cuarta vez en suelo nacional. Acompañados de sus coterráneos, Kaiser Chiefs, los…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる