初心者におすすめ

フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチ・リトレースメントによる売買サイン

フィボナッチという名前は、12世紀ごろに活躍したイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチから取られています。レオナルド・フィボナッチが「フィボナッチ数列」に関係した研究を行っていたため、後世にその功績が認められて彼の名前が引用されています。リトレースメントには、「引き返す、あと戻りする(retrace)」というような意味があります。フィボナッチ数列は、自然界で美しいとされる黄金比に収束するという点でも興味深いですね。

黄金長方形と貝殻螺旋

フィボナッチ・リトレースメントの使い方 (FX)

一時的な戻しが発生した場合 (38.2%戻し)

フィボナッチ・リトレースメントによる38.2%戻し

フィボナッチ・リトレースメントによる38.2%戻しの例。(トレンドブレイクを伴わない一時的な戻し

短期トレンドブレイクが起こった場合 (61.8%戻し)

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻しの例。(トレンドブレイクを伴う戻し

フィボナッチ・リトレースメントでよく用いられるフィボナッチ比率は、 38.2% 、 61.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 8% になります。強いトレンドに対しての一時的な戻りには38.2%前後の価格帯が意識され、強烈なブレイクを伴った戻りが発生した場合、半値水準の50.0%ないし61.8%前後まで戻されます

起点 100%
76.4%
61.8%
50%
38.2%
23.6%
仮底 0%

私の活用方法

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し

直近のトレンドがブレイクされた後、「 どこまで戻るのか 」の目安としてフィボナッチ・リトレースメントの「 61.8%戻し 」を活用しています。上図はユーロドルの4時間足ですが、直近で綺麗な下落トレンドが発生しています。とあるポイントを境にトレンドブレイクが発生したので、その後上昇に転じています。トレンドブレイクの底となっている場所を「仮底」と定めます。ブレイク前の下落トレンドの始まりを「起点」と定め、フィボナッチ・リトレースメントを実際に引いて活用していきます。どこでトレンドブレイクが発生したのかについては「ブレイク(白字)」を参照してください。

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し 日足

フィボナッチ比率のFXへの応用方法 フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し ドル円

フィボナッチ・リトレースメントは、毎度のように何度も引くものではないと思います。綺麗にトレンドが出ていて、「ブレイクされてしまったけどどこまで戻すんだ?」、「今日の足はどこで確定させるつもりなんだ?」と判断に困った場合などに補助的に活用しています。

私の場合、「61.8%」、「38.2%」以外の数値はあまり参考にしていません

フィボナッチ・リトレースメントが使えるFX会社

フィボナッチ・リトレースメントはよく利用されているテクニカル指標なので、大体のFX会社で標準的に使えるかと思います。私の使っているFX会社では、GMOクリック証券、DMM.com証券、マネーパートナーズで使うことができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる