FX動画

中長期成長戦略

中長期成長戦略
予材管理とは目標の2倍の営業材料(予材)をあらかじめ仕込むことで、事業目標を最低でも達成させるという経営マネジメント手法です。予材管理をおこなうことで、安定かつ継続的に事業目標を達成できる営業基盤ができます。

中長期成長戦略

当社グループは、2019年4月に中長期経営計画(計画期間:2020年3月期から2028年3月期、以下「前計画」といいます)を策定し、2022年3月期の事業利益 ※ 850億円、ROA4~5%程度・ROE8~9%程度・総還元性向40~50%程度を目標に掲げ、計画を推進してまいりました。
その結果、2022年3月期の事業利益は927億円、ROAは4.7%、ROEは9.2%、総還元性向は44.3%と目標を達成いたしました。

野村不動産グループ 2030年ビジョン

まだ見ぬ、Life & Time Developerへ

当社グループは、不動産開発や関連サービスの提供を通じて、
お客様一人ひとりの生活や時間に寄り添うことを大切にしてきました。
未来 あした につながる街づくりとともに
--> 今多くの社会課題に直面し、
お客様の生活スタイル・価値観も多様化する中で、
わたしたち自身もまた、変化していく必要があります。

人びとの、様々な生活 "中長期成長戦略 Life"。
一人ひとりの、過ごす時間 "Time"。

この2つを軸として、今まで以上に深く、
グローバルに、新たな価値を創造する
「Life & Time Developer」へと、自ら変革していきます。

中長期成長戦略
フェーズ1
(2025年3月期)
フェーズ2
(2028年3月期)
フェーズ3
(2031年3月期)
事業利益 ※ 1,150億円1,400億円~1,800億円~
年平均成長率8%水準

ROA・ROE・株主還元

中長期成長戦略
フェーズ1
2023年3月期~
2025年3月期
フェーズ2
2026年3月期~
2028年3月期
フェーズ3
2029年3月期~
2031年3月期
ROA ※ 4.5%水準 5%水準 5%以上
ROE 9%水準 10%水準 10%以上
株主還元 総還元性向40~50% 配当性向40%水準

サステナビリティポリシー

サステナビリティポリシー

2030年までの重点課題(マテリアリティ)

推進基盤の強化

  • ・社員、当社事業に関わる全ての人々の人権尊重
  • ・野村不動産グループ人権方針に基づくお取引先様との対話
  • ・多様なバックグラウンドや価値観をもつ人々が能力発揮できる組織づくり
  • ・社内外の多様な組織や人の共創にむけた取り組み
  • ・ウェルネス・D&I推進委員会(委員長:グループCEO)の設置
  • ・専任推進組織としての人材開発部「D&I推進室」の設置

2030年CO2排出総量削減(SBT目標35%削減)

  • ・新築建物における省エネルギー性能の向上(ZEH/ZEB oriented水準)
  • ・RE100達成に向けた、当社開発物件の再エネ太陽光発電所の実装(戸建住宅、Landportなど)
  • ・芝浦一丁目プロジェクトなどにおける 街づくりを通じたカーボンニュートラルへの取り組み
  • ・低炭素資材の利用促進(建物木質化など)
  • ・都市部の緑化や「循環する森づくり」の取り組みなどを通じた生物多様性保全と二酸化炭素吸収への取り組み
  • ・循環型社会(サーキュラーエコノミー:建物長寿命化、廃棄物の削減や再資源化など)の実現に向けた商品・サービスの開発に向けた更なる取り組み(大規模修繕の長周期化「アトラクティブ30」など)

この「Earth Pride-地球をつなぐ-」は、当社グループが大切にしたい「人間らしさ」、「自然との共生」、「共に創る未来」の3つのテーマをベースにしています。
なお、このサステナビリティポリシーを実現するために、2030年までに特に取り組むべき5つの重点課題(マテリアリティ)を特定いたしました。また、重点課題の進捗を測るために、気候変動や人権・ダイバーシティなどに関して計測する指標(KPI) ※ を設定いたしました。
当社グループは社内・社外の多様な組織や人の共創を推進力として新たな価値創造に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

中長期成長戦略

新規物件の投資戦略 上記のような不動産売買市況を踏まえたうえで、本投資法人は、資金調達の状況とのバランスを取りつ つ、多様な外成長戦略 り東京都、特に主要5区のAクラスビル及びBクラスビルを中心に投資を行い ます。

In light of the real estate transaction market conditions described above, the Investment Corporation will concentrate its investment in Tokyo, with a particular 中長期成長戦略 focus on A Class and B Class buildings in the five 中長期成長戦略 central wards of Tokyo, by maintaining a balance with the financing situation and based on various external growth strategies.

長期的な視点成長戦略 進していくため、経営資源を本社部門から事業部門へシフトし、本社機能のスリム 化・効率化と事業部門の強化をはかるとともに、海外販売会社の統合や「連結バリューチェーン」の再構築によって [. ]

and reinforce business divisions by shifting management resources from the head office to business divisions, improve the efficiency of manufacturing and sales functions through integration of overseas sales companies and innovation of consolidated value chain, and further bolster our financial base using the cash and profits we generate.

お 客様との関係性を一層高め、コマツとお客様がともに発展するための「ブランドマネジメント」 活動に注力する一方、①製品・部品の ICT化の推進、②環境対応・安全性向上の商品開発、③ 「戦略市場」での販売・サービス体制拡充、④現場力の強化による継続的改善の推進、という4つ の柱の重点活動に取り組むとともに、今後 中長期成長戦略 中長期成長戦略 成長戦略 けての課題を明確にし、次期中期経営 計画に繋げていきます。

While emphasizing brand management efforts designed to further enhance the relationship with customers and promote mutual growth of Komatsu and customers, Komatsu is going to focus its efforts on the following four activities of importance, i.e., 1) promotion of ICT applications to products and parts, 2) further advancement of environmental friendliness and safety in machine performance, 3) expansion of sales and service operations in Strategic Markets, and 4) promotion of continuous Kaizen (improvement) by strengthening workplace capability.

2003年に事業持株会社制に移行して以来、グループ・グローバル経営を進め、一定の成果を挙げてきましたが、さらなるグループ総合力の発揮、およ 成長戦略 の促進を図るため、事業持株会社制を継続する中で組織改革を実行します。

なお、通期の連結業績予想は下記の通りであり、営業利益において 成長戦略 である海外事業 が好調を維持したこと等により、前回発表予想(平成24年10月29日)に対し1,400百万円増加、経常利 益においては、持分法による投資利益の増加もあり、同1,900百万円増加する見通しです。

As indicated in the consolidated earnings forecasts below, revised forecast of operating income increased from the previous forecast (announced on October 29, 2012) by ³,400 million, and the revised forecast of ordinary income also increased ³,900 million due to an increase in equity in earnings of affiliates.

Based on various growth strategies, the Investment Corporation will concentrate its investment in a total floor area of more than about 2,000m2 by watching the property market 中長期成長戦略 and maintaining a balance with the financing situation.

成長戦略 政再建策に加え、さらに経 成長戦略 行すると、プライマリー・バランスの黒字化は 2019 年となり、国・地方の長期債務残 高の対 GDP 比率も②のケースよりも早く圧縮に転じ、そのスピードも速まる。

2019 and the GDP ratio of long-term central and local government debt will begin to decline 中長期成長戦略 earlier and at a faster pace than in Case (2).

本投資法人合併後の新投資法人は、レジデンシャル特化型 REIT として国内有数の資産規模になることが見込まれ ますが、本投資法人合併後 成長戦略 討するに当たり、本投資法人が PRI より承継する借入金の一部を弁済す ることにより、財務内容を強化することが重要と判断し、資本の増強及び本投資法人合併により本投資法人が PRI より承継する借入金の一部の弁済資金の調達を目的として、本第三者割当増資を行います。

At the consideration of the growth strategy after the REIT Merger, it is considered as important to strengthen financial condition by the partial payment for loans to be succeeded by the Investment Corporation from PRI, and, for the purpose of capital reinforcement and raising 中長期成長戦略 funds for the payment for a part of loans to be succeeded by the Investment Corporation from PRI due to the REIT Merger, the Investment Corporation will implement the Third-Party Allotment.

[. ] まだ厳しさが続いておりますが、JRF においては、商業施設の運用や内 成長戦略 いて慎重かつ保守的な 対応を継続していく必要はあるものの、長期借入れの導入など財務面の課題は概ね達成され、さらに不動産市 [. ]

While the environment for retail business continues to be challenging, and a careful and 中長期成長戦略 conservative approach should be continued for

external growth, because financial targets, such as the implementation of long-term borrowings, have been achieved to a large extent and it is thought that the worst is over for the environment surrounding the real estate market.

DKSH’s strategy for sustainable profitable growth is centered on growing organically, through expanding business with existing clients, multiplying success stories from country to country, and new business development, complemented [. ]

ソニーは前述のとおり、収益改善に向けた様々な施策のほか、中長期的な収益を見込 成長戦略 行、 事業の集中と選択、事業ポートフォリオの見直しなどを行っていますが、投資の厳選、資産の見直し、 [. ]

select and concentrate businesses and transform its business portfolio. Sony 中長期成長戦略 is also working to improve its cash flow* position by carefully selecting investments, reorganizing assets and strengthening control of working capital such as inventory.

こうした課題に 対応し、3カ年計画においては成長性を高める戦略として、①国内マーケティング改革、②中 国事業の拡大・加速、そしてこれ 成長戦略 資原資の創出と収益性向上を意図した③抜本 的な構造改革、の3つの戦略を推進してまいります。

To this end, we have identified three strategies for raising our growth potential in the three-year plan: (a) Reform our domestic marketing activities; (b) Accelerate the expansion of our China business; and (c) Implement drastic restructuring aimed at generating funds to implement these growth strategies and improving profitability.

半世紀にわたり培ってきた様々なネットワークや資産を総動員し、コア事業である石油製品・LPガス販売事業の強化と高度化、電力関連事業の強化、海外事業の積極展開、生活者視点による創造型需要の掘り起こしなど 成長戦略 実に実行してまいりました。

Mobilizing the variety of networks and assets developed over half a century, we have been steadily implementing growth strategies, such as strengthening and upgrading our core petroleum product and LP gas sales businesses, enhancing our 中長期成長戦略 electric power-related businesses, proactively developing overseas businesses, and tapping into demand-generating businesses from the consumer's standpoint.

また事業面でも、欧米市場におけるカラーMFP のジャンルトップの確立やプロダクションプリント事業の 拡大、競争力ある新製品を投入した大型液晶テレビ向け視野角拡大フィルムや他社に先駆けた次世代 DVD 用ピックアッ プレンズの立ち上げなど、本計画 成長戦略 沿 って仕込んできた当社グループの戦略製品の成果は着実に実績として 積みあがっています。

Regarding business operations, also, the strategy has been successfully implemented as planned—in the European and U.S. markets, 中長期成長戦略 for example, our color MFP genre top strategy has borne fruit and production print operations have been expanded; highly competitive new products in the field of viewing angle expansion films for use 中長期成長戦略 with large LCD televisions have been launched; and we have advanced ahead of other companies regarding the commercialization of pickup lenses for next-generation DVDs—and the achievements regarding strategic products are steadily contributing to 中長期成長戦略 the Group’s consolidated performance.

現在は高収益企業へ変革すべく、経営基盤の強化、事業構造改革並びにグローバ 成長戦略 行を進めておりますが、近年、当社が事業を行ってきた市場領域では外部環境が急激に変化しており、今後ますます競争が激しくなっていくことが予想されます。

[. ] we are implementing strategies for the reinforcement of the management foundation, business structure reforms and global growth to emerge as a highly [. ]

However, we must admit that external conditions have drastically changed in recent years and competition is expected to be further intensified in the market segments in which we conduct business.

当社は石油製品流通機能の拡充、規模の優位性、事業の効率化等によるシナジー効果を図ることを目的に、 グループ中期経営計画「Core&Synergy2010」の初年度として着実かつ強固 成長戦略 盤固めを推進してま いります。

In pursuit of potential synergistic benefits 中長期成長戦略 generated by the expansion of petroleum product distribution functions, the advantages of scale, and improved business efficiency, we will aim to build 中長期成長戦略 a solid base to support strategies for steady and strong growth in this first year of the Group’s medium-term business plan, titled “Core & Synergy 2010.

中長期成長戦略

中期経営計画の作り方

そこで今回は、 中期経営計画の作り方から、現場に落とし込む手順 をご紹介します。

経営計画ハンドブックダウンロード

中期経営計画とは

だからこそ 中長期的な視点で経営計画を作り、多少のイレギュラーがあったとしても目標達成できるよう、ロードマップを作ることが大切 です。

中期経営計画は会社成長のロードマップ

中期経営計画を立てる目的・メリット

目的・メリット1:会社の現状や課題を整理できる

目的・メリット2:やるべきことが明確になる

目的・メリット3:社員に「考える」癖がつく

中期経営計画を立てる目的とメリット

中期経営計画の作り方

手順1:経営理念を明確にする

1.ミッション

企業が果たすべき使命、存在意義。企業活動を通じて世の中にどのように貢献していくのかという企業の「あり方」を示す。

2.ビジョン

企業が目指すべき姿。「5年後に売上を100億円にする」「3年後にインド進出し、アジア圏の売上を10億円まで伸ばす」といった具体的な数値目標を示す。

3.バリュー

企業の価値観や行動規範。「お客様ファーストでサービスを提供します」「クレームが発生した場合、誠実に対応し再発防止に努めます」など、社員が行動する際の手本・規範を示す。

手順2:自社の現状を把握する

手順3:外部環境を分析する

外部環境の分析結果をもとに中期経営計画を作成する

手順4:中期的な戦略を決める

手順5:数値目標・行動計画を作る

中期経営計画を計画倒れさせないために

そのためには各部門の リーダーやマネジャーが中期経営計画を正しく理解し、自身の部門に合わせ現場レベルまで目標や行動計画に落とし込むことが必要 です。現場に近ければ近いほど、タスクに落とし込み、期限を切らないと社員の行動は変わりません。

中期経営計画を現場に落とし込むマネジメント法

予材管理とは目標の2倍の営業材料(予材)をあらかじめ仕込むことで、事業目標を最低でも達成させるという経営マネジメント手法です。予材管理をおこなうことで、安定かつ継続的に事業目標を達成できる営業基盤ができます。


予材管理を使った中期経営計画の実施例

中期経営計画の立案は、5年後に必要な営業材料(予材)を起点に考えます。200億円の営業材料(予材)を仕込むには、それまでに「どのような経営課題があるか」を逆算して洗い出すことが大切です。とりわけ中期経営計画の達成には 3つの経営課題に対し、「今」から対策をとることが重要 です。

中期経営計画

1)研究開発
継続的なソリューション創出に向けた新製品・サービスの開発強化のため、マーケティング機能と開発機能を強化。開発については、2極化が進む顧客ニーズにお応えするためシステムソリューションとデバイス・フィールド機器の開発力の強化を図ります。このため、先進的なシステムソリューション、高機能・高精度なデバイス開発力強化に向けて研究開発拠点「藤沢テクノセンター」を整備・強化します(2022年竣工予定)。

2)営業・エンジニアリング・サービスネットワーク強化、DX促進
SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)の導入・グローバル展開や海外の人員・拠点増強など、国内外販売・サービス網のさらなる強化施策に加えて、リモートメンテナンスなどクラウド活用による高付加価値サービスの提供体制整備を進めます。また、事業提携、東南アジア戦略企画推進室を中心とした海外地域事業展開などを実施します。

3)グローバル生産・調達体制の強化
サプライチェーンでの社会的責任を果たすとともに、グローバルな事業展開を支える最適な生産体制の構築に向けて、湘南工場・藤沢テクノセンターが連携して次世代生産システムを構築、マザー工場としての機能整備を図ります。また、グローバルでの需要拡大に対応した生産能力拡大、生産工程の高度化とさらなる自動化の推進を目的にアズビル機器(大連)に新工場棟を新設(2022年竣工予定)するなど海外における生産能力を強化します。

<サステイナビリティ実現に向け、azbilグループならではのCSR経営を実践>

1)CSR経営推進と開示の拡充
サステイナビリティへの取組み体制として専門組織・担当役員を設け、「azbilグループCSR推進会議」等を開催、進捗状況等を経営会議、取締役会に報告。後述のSDGs目標や気候変動に関わるリスク・機会等をTCFDの提言に沿って積極的に開示。

2)取締役に関するスキル・マトリックスを開示
中期経営計画に掲げる「持続可能な社会へ『直列』に繋がる貢献」に向けた成長を支えるために取締役に期待するスキル項目を設定、スキル・マトリックスを開示。

3)「健幸経営」を追求
「健幸経営」を推進し、ダイバーシティ&インクルージョンや最適な人材配置を促進。

4)SDGs目標を策定
SDGsについては、独自の4つの基本目標と具体的なターゲット・指標を策定、着実な実行と活動レベル向上に向けた継続的な見直しを実施。

5)国連グローバル・コンパクトに署名
2021年4月に「国連グローバル・コンパクト」へ署名。人権への取組みをグローバルにより強化。

中期経営課題

2020年度から2022年度までの3年間を対象期間とする中期経営課題“プロジェクト AP-G 2022”(以下、AP-G 2022)は、「積極的な投資による事業拡大」という基本戦略を維持しつつ、成長戦略を可能にする事業構造改革や財務構造強化を両輪で推進することで、東レグループ全体で中長期に創出する価値を最大化し、将来にわたって持続的な成長を可能にする強靭な事業基盤を構築して、長期経営ビジョン“TORAY VISION 2030”に示す「持続的かつ健全な成長」の実現を目指します。
事業環境は、今後、人口分布・環境問題・技術イノベーションなど産業構造や社会システムに影響を与える大きな変化が想定され、事業機会が創出される一方で、これまで存在した事業が縮小するリスクもあります。そのような環境下では、産業の潮流の変化を的確に捉えて「ビジネスモデルの変革」をしながら、競争力を一層強化することが重要です。
AP-G 2022では、「成長分野でのグローバルな拡大」「競争力強化」「経営基盤強化」を基本戦略として掲げ、成長分野としてのグリーンイノベーション(GR)事業・ライフイノベーション(LI)事業の拡大および競争力強化に引き続き取り組みつつ、財務健全性を確保するために、従来よりも利益、キャッシュフロー、資産効率性のバランスに配慮した事業運営を行います。また、新たな成長軌道を描くために、低成長・低収益事業の事業構造改革を推進します。
この基本戦略を確実に実行するために、全社横断プロジェクトとしてグリーンイノベーション事業拡大プロジェクト(GRプロジェクト)、ライフイノベーション事業拡大プロジェクト(LIプロジェクト)、トータルコスト競争力強化プロジェクト(NTCプロジェクト)を展開します。

長期経営ビジョン TORAY VISION 2030

2022年度の数値目標

1. 財務目標

中長期成長戦略 中長期成長戦略
2019年度実績 2022年度目標
(IFRS)
(日本基準) (IFRS)
売上高・売上収益 22,146億円 20,912億円 26,000億円
営業利益・事業利益 1,312億円 1,255億円 1,800億円
営業利益率・事業利益率 5.9% 6.0% 7%
ROA 4.8%- 約7%
ROE 5.0% - 約9%
フリー・キャッシュ・フロー
(3年間累計)
▲581億円 - 1,200億円以上
D/Eレシオ 0.86 0.89 0.8程度 中長期成長戦略
※ガイドライン
配当性向目標 - - 30%程度

AP-G 2022為替レート前提:105円/US$
ROA=営業利益・事業利益/総資産
ROE=親会社株主に帰属する当期純利益・親会社所有者に帰属する当期利益/自己資本

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる