オプション取引方法

債券運用と投資戦略

債券運用と投資戦略

運用部門(トレーディング部、債券運用部、オルタナティブ運用部)(00467)の求人情報 (22015)

運用部門では長期的な運用収益を実現するために、ファンド・マネージャーを中心に、アナリスト、ストラテジスト、クオンツアナリスト、トレーダー、プロダクト・マネージャー等がそれぞれの役割を担っています。 【運用部門(トレーディング部)】 アシスタント・トレーダー: トレーディング部のマルチアセットグループに所属し、資産運用の基本となる為替や内外株式、先物のトレーディングを中心に学んでいただきます。将来的には本人の適性や希望に応じて、債券、レンディングといった他のトレーディング部での経験を積んだり、アナリストやファンド・マネージャーとしてのキャリアへ進むなど、運用部門におけるジョブ・ローテーションも視野に入れた育成を考えております。 【運用部門(債券運用部)】 アシスタント・ファンド・マネージャー:マクロ経済分析、債券・為替市場分析等を行い、金利、為替、クレジットの投資戦略の立案を行うファンドマネージャーのサポートを行います。将来的には適性に応じて、ファンド・マネージャーとしてファンドの運用に携わったり、クレジットアナリストとして育成するといったキャリア・パスを考えております。 【運用部門(オルタナティブ運用部)】 アナリスト: 担当する主な金融商品は、株式や債券などの国内外の様々な資産に投資し、定量・定性分析を加味した運用を行うマルチアセット戦略になります。 主な業務は、1)マクロ経済動向、市場動向(株式・債券・為替・コモディティ等)、政治動向等、投資判断を行うための定性的な情報を収集・分析(定性分析)を行う業務と、2)投資家に向けたレポート作成や運用報告を行う業務になります。投資判断を行うための定期的なミーティングはシンガポール・チームと英語で行われます。将来的にはファンド・マネージャーとして担当ファンドの運用にも携わっていただきたいと考えています。なお、マルチアセット運用では、オルタナティブ運用部の戦略技術開発チームが開発した高度な数的手法や数理モデルが一部用いられています。

採用担当者からのメッセージ

採用対象 学生(職務経験なし) 学生(職務経験あり) 学位 経営学修士 修士・大学院 学士・大学 法務博士 博士 準学士・短大 交換留学 その他 主要対象学部 債券運用と投資戦略 経済、理系 言語スキル 日本語 : ネイティブレベル 英語 : 中級レベル その他の応募条件 2023年4月入社が可能な方

運用戦略一覧

PineBridge Investmentsは、長年にわたりお客様に幅広い債券運用商品を提供してきました。PineBridge Investmentsの債券運用では、ボラティリティを低く抑えながら、複数の収益源泉からリスク調整後の高いリターンを実現することを目標としています。また、ファンダメンタルズ調査が最重要であると考え、チームアプローチに基づいたボトムアップ手法とトップダウン手法によるマクロ経済分析・セクター分析を組み合わせて運用を行っています。

債券運用戦略

債券運用戦略

株式運用:投資妙味の高い銘柄の早期発見

株式運用戦略

株式運用戦略

マルチ・アセット運用:80以上にわたる資産クラスから魅力的な投資機会を提供

マルチ・アセット運用戦略

  • グローバル・ダイナミック・アセット・アロケーション
  • バランス&ライフスタイル・ファンド
  • 戦略的パートナーシップ

オルタナティブ運用:選別されたプライベート市場にフォーカス

オルタナティブ運用戦略

オルタナティブ運用戦略

PineBridge InvestmentsのESG・責任投資の取り組み

PineBridge Investmentsでは、環境、社会、およびコーポレートガバナンス(ESG)の問題が、お客様のポートフォリオに投資機会とリスクの両方を生み出す可能性があると考えます。 PineBridge Investmentsでは、投資プロセスを通じ、これらの要因がもたらす現在の資産価値および将来のパフォーマンスに対する潜在的な影響についての理解を深めています。 私たちはこれまで、株式、債券、マルチ・アセット、オルタナティブ投資のポートフォリオを管理・運用してきた数十年の経験の中で、従来、このESG要因に基づいた運用プロセスを組み入れてきました。

PineBridge Investmentsは、2015年に国連責任投資原則(UNPRI: The United Nations Principles for Responsible Investment Initiative)に署名しており、責任ある投資家としてESGの問題に配慮する姿勢・方針を明確にしています。2019年7月にUNPRIの年次評価において「A+(戦略とガバナンス)」の最高評価を獲得しており、全ての投資戦略において中央値、もしくはそれ以上の評価を得ています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第307号
加入協会/一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

債券運用と投資戦略

T. Rowe Price

T. Rowe Price

  • 日本 (日本語)
  • ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社

2022年5 月 / インサイト

インフレ高進下で底堅さを示すハイイールド債

インフレ高進下で底堅さを示すハイイールド債

インフレ高進下で底堅さを示すハイイールド債

投稿者 Kevin Loome, CFA & Ashley Wiersma

投稿者 Kevin Loome, CFA & Ashley Wiersma

2022年4 月 / インサイト

ボラティリティの急上昇は優れた売りシグナルとは限らない

ボラティリティの急上昇は優れた売りシグナルとは限らない

ボラティリティの急上昇は優れた売りシグナルとは限らない

投稿者 Nathan Wang & Thomas Poullaouec

投稿者 Nathan Wang & Thomas Poullaouec

2022年4 月 / インサイト

インフレと「バリュー・ラリー」の見方

インフレと「バリュー・ラリー」の見方

インフレと「バリュー・ラリー」の見方

投稿者 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース 株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2022年4 月 / インサイト

まだ信用リスクを増やすべき時期でない理由

まだ信用リスクを増やすべき時期でない理由

まだ信用リスクを増やすべき時期でない理由

投稿者 Kenneth Orchard

Kenneth Orchard ポートフォリオ・マネジャー

2022年4 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

2022年4 月 / インサイト

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

Matthew Lawtonに聞く

Matthew Lawtonに聞く

Matthew Lawtonに聞く

投稿者 Matt Lawton, CFA

Matt Lawton, CFA 債券部門 セクター・ポートフォリオ・マネジャー

2022年2 月 / VIDEO

グローバル・クレジット・インパクト投資戦略

グローバル・クレジット・インパクト投資戦略

グローバル・クレジット・インパクト投資戦略

投稿者 Matt Lawton, CFA

Matt Lawton, CFA 債券部門 ポートフォリオ・マネジャー

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

債券運用と投資戦略 グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

ロシアのウクライナ侵攻がESG面で与える影響の評価

ロシアのウクライナ侵攻がESG面で与える影響の評価

ロシアのウクライナ侵攻がESG面で与える影響の評価

投稿者 Maria Elena Drew

Maria Elena Drew 責任投資リサーチ部門 ディレクター

将来に備えたグローバル株式のポジショニング

将来に備えたグローバル株式のポジショニング

将来に備えたグローバル株式のポジショニング

投稿者 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

リスクの高まりへの対応

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 リスクの高まりへの対応

リスクの高まりへの対応

セバスチャン・ペイジ グローバル・マルチ・アセット部門 統括責任者、CIO

資本市場見通し:今後5年間の市場見通し 2022年版

資本市場見通し:今後5年間の市場見通し 2022年版

資本市場見通し:今後5年間の市場見通し 2022年版

ロシア・ウクライナ危機における注視すべき主要な展開

ロシア・ウクライナ危機における注視すべき主要な展開

ロシア・ウクライナ危機における注視すべき主要な展開

投稿者 Ulle Adamson, Peter Botoucharov & Samy Muaddi

投稿者 債券運用と投資戦略 Ulle Adamson, Peter Botoucharov & Samy Muaddi

金利上昇時の債券運用

金利上昇時の債券運用

金利上昇時の債券運用

投稿者 Joran Laird

Joran Laird グローバル債券運用戦略 ポートフォリオ・スペシャリスト

エマージング市場ディスカバリー株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャーとの質疑応答

エマージング市場ディスカバリー株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャーとの質疑応答

エマージング市場ディスカバリー株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャーとの質疑応答

投稿者 Ernest Yeung

Ernest Yeung エマージング市場ディスカバリー株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャー

2022年2 債券運用と投資戦略 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

2022年2 月 / インサイト

市場ボラティリティの背景と次の注目点

市場ボラティリティの背景と次の注目点

市場ボラティリティの背景と次の注目点

投稿者 セバスチャン・ペイジ, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

投稿者 セバスチャン・ペイジ, Justin Thomson 債券運用と投資戦略 & Mark Vaselkiv

2022年2 月 / インサイト

ウクライナ情勢が市場に及ぼす影響

ウクライナ情勢が市場に及ぼす影響

ウクライナ情勢が市場に及ぼす影響

投稿者 Andrew McCormick

Andrew McCormick グローバル債券CIO

2022年2 月 / インサイト

平均値を超えたところにあるもの:より頑健なグライド・パス設計手法

平均値を超えたところにあるもの:より頑健なグライド・パス設計手法

平均値を超えたところにあるもの:より頑健なグライド・パス設計手法

投稿者 Lorie Latham、CFA, Zachary 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Rayfield, Ph.D. & Kathryn Farrell, CFA

投稿者 Lorie Latham、CFA, Zachary Rayfield, Ph.D. & Kathryn Farrell, CFA

2022年2 月 / インサイト

第六回リタイアメント・レポート:第二の人生を前倒しで迎える場合

第六回リタイアメント・レポート:第二の人生を前倒しで迎える場合

第六回リタイアメント・レポート:第二の人生を前倒しで迎える場合

投稿者 Justin Harvey、ASA、CFA & Adam Langer、CFA

投稿者 Justin Harvey、ASA、CFA & Adam Langer、CFA

2022年2 月 / インサイト

不安定な市場においてファンダメンタルズを重視

不安定な市場においてファンダメンタルズを重視

不安定な市場においてファンダメンタルズを重視

投稿者 Paul Greene

Paul Greene 米国大型コア・グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2022年2 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2022年1 月 / インサイト

ESGラベル付き債券以外へのインパクト投資

ESGラベル付き債券以外へのインパクト投資

ESGラベル付き債券以外へのインパクト投資

投稿者 Matt Lawton, CFA

Matt Lawton, CFA 債券部門 ポートフォリオ・マネジャー

2022年1 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 インパクト投資戦略:変化の時代に即した投資アプローチ

インパクト投資戦略:変化の時代に即した投資アプローチ

インパクト投資戦略:変化の時代に即した投資アプローチ

投稿者 Helen Ford & Hari Balkrishna

投稿者 Helen Ford & Hari Balkrishna

2022年1 月 / インサイト

ポートフォリオ・マネジャー交代に対する当社の慎重な対応

ポートフォリオ・マネジャー交代に対する当社の慎重な対応

ポートフォリオ・マネジャー交代に対する当社の慎重な対応

Eric Veiel グローバル株式部門共同責任者 米国株式部門責任者

2022年1 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年12 月 / インサイト

退職後にむけた資産形成を取り巻く市場環境(米国の例)

退職後にむけた資産形成を取り巻く市場環境(米国の例)

退職後にむけた資産形成を取り巻く市場環境(米国の例)

2021年12 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

2021年12 債券運用と投資戦略 月 / 市場見通し

2022年グローバル市場環境の見通し

2022年グローバル市場環境の見通し

2022年グローバル市場環境の見通し

投稿者 セバスチャン・ペイジ, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

投稿者 セバスチャン・ペイジ, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

2021年12 月 / インサイト

インパクト投資における公募債市場の重要性

インパクト投資における公募債市場の重要性

インパクト投資における公募債市場の重要性

投稿者 Matt Lawton, CFA

Matt Lawton, CFA 債券部門 セクター・ポートフォリオ・マネジャー

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26):その成果と合意内容、投資家への影響

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26):その成果と合意内容、投資家への影響

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26):その成果と合意内容、投資家への影響

投稿者 Maria Elena Drew

Maria Elena Drew 責任投資リサーチ部門 ディレクター

2021年12 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年12 月 / インサイト

2022年の日本株は明るい見通し

2022年の日本株は明るい見通し

2022年の日本株は明るい見通し

投稿者 Archibald Ciganer、CFA

Archibald Ciganer、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年11 月 / インサイト

第五回 リタイアメント・レポート:確定給付プラン設計の重要性

第五回 リタイアメント・レポート:確定給付プラン設計の重要性

第五回 リタイアメント・レポート:確定給付プラン設計の重要性

投稿者 Justin Harvey、ASA、CFA & Adam Langer、CFA

投稿者 Justin Harvey、ASA、CFA & Adam Langer、CFA

2021年11 月 / ポリシー・インサイト

債券市場は深い眠りから覚醒

債券市場は深い眠りから覚醒

債券市場は深い眠りから覚醒

2021年11 月 / インサイト

当社のアクティブ運用アプローチのパッシブ運用に対する優位性

当社のアクティブ運用アプローチのパッシブ運用に対する優位性

当社のアクティブ運用アプローチのパッシブ運用に対する優位性

2021年11 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

2021年11 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年11 月 / インサイト

政局の変化と日本株の見通し

政局の変化と日本株の見通し

政局の変化と日本株の見通し 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略

投稿者 Archibald Ciganer、CFA

Archibald Ciganer、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年11 月 / ポリシー・インサイト

二極化する中銀のインフレ対応

二極化する中銀のインフレ対応

二極化する中銀のインフレ対応

2021年10 月 / インサイト

気候変動に関する株主提案への企業対応の差に注目

気候変動に関する株主提案への企業対応の差に注目

気候変動に関する株主提案への企業対応の差に注目

投稿者 Jocelyn Brown & Duncan 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Scott

投稿者 Jocelyn Brown & Duncan Scott

2021年10 月 / インサイト

ヘルスケアの技術変革への投資

ヘルスケアの技術変革への投資

ヘルスケアの技術変革への投資

Ziad Bakri ヘルスケア株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年10 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

ティー・ロウ・プライス:債券クレジット・セクター見通し

2021年10 月 / インサイト

経済成長は鈍化するも継続

経済成長は鈍化するも継続

経済成長は鈍化するも継続

投稿者 Rob Sharps, CFA

Rob Sharps, CFA グループ最高運用責任者 運用部門統括責任者

2021年10 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年10 月 / インサイト

金利上昇時はデュレーション管理の重要性が高まる 債券運用と投資戦略

金利上昇時はデュレーション管理の重要性が高まる

金利上昇時はデュレーション管理の重要性が高まる

投稿者 Joran Laird

Joran Laird 債券ポートフォリオ・スペシャリスト

2021年10 月 / インサイト

バリュー株投資におけるESG分析の役割

バリュー株投資におけるESG分析の役割

バリュー株投資におけるESG分析の役割

投稿者 Sebastien Mallet

Sebastien Mallet グローバル・バリュー株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年10 月 / インサイト

銀行は気候変動への対応で重要な役割を担う 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略

銀行は気候変動への対応で重要な役割を担う

銀行は気候変動への対応で重要な役割を担う

投稿者 Maria Elena Drew & Joseph Baldwin

投稿者 Maria Elena Drew & Joseph Baldwin

2021年10 月 / インサイト

クリーンエネルギー推進法案が主要セクターに及ぼす影響

クリーンエネルギー推進法案が主要セクターに及ぼす影響

クリーンエネルギー推進法案が主要セクターに及ぼす影響

Katie Deal 米国株式運用部門アナリスト 債券運用と投資戦略 米国政府および規制リサーチ担当

2021年9 月 / インサイト

上昇を続ける米国バリュー株式:バリュー株内でのシフトを予想

上昇を続ける米国バリュー株式:バリュー株内でのシフトを予想

上昇を続ける米国バリュー株式:バリュー株内でのシフトを予想

Mark Finn 米国バリュー株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー​

2021年9 月 / インサイト

中国不動産業界の債務問題:コントロールにより沈静化か

中国不動産業界の債務問題:コントロールにより沈静化か

中国不動産業界の債務問題:コントロールにより沈静化か

投稿者 Sheldon Chan & Anna Zhang

投稿者 Sheldon 債券運用と投資戦略 Chan & Anna Zhang

2021年9 月 / インサイト

持続成長銘柄を追求する規律ある投資アプローチ

持続成長銘柄を追求する規律ある投資アプローチ

持続成長銘柄を追求する規律ある投資アプローチ

投稿者 Larry Puglia & Paul Greene

投稿者 Larry Puglia & Paul Greene

2021年9 月 / インサイト

日本株式運用戦略:独自のスタイルとプロセスを堅持

日本株式運用戦略:独自のスタイルとプロセスを堅持

日本株式運用戦略:独自のスタイルとプロセスを堅持

投稿者 Daniel Hurley、CFA

Daniel Hurley、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・スペシャリスト

2021年9 月 / インサイト

中国の規制強化の影響:当面は逆風だが、長期的にはプラス

中国の規制強化の影響:当面は逆風だが、長期的にはプラス

中国の規制強化の影響:当面は逆風だが、長期的にはプラス

投稿者 Sheldon Chan, Christopher Kushlis & Lee Sun

投稿者 Sheldon Chan, Christopher Kushlis & Lee Sun

2021年9 月 / ポリシー・インサイト

「一時的なインフレ」が長引く難局への対応

「一時的なインフレ」が長引く難局への対応

「一時的なインフレ」が長引く難局への対応

2021年9 月 / インサイト

持続可能なイノベーションがプラスチックの未来を変える

持続可能なイノベーションがプラスチックの未来を変える

持続可能なイノベーションがプラスチックの未来を変える

投稿者 Maria Elena Drew & Natalie McGowan

投稿者 Maria Elena Drew & Natalie McGowan

2021年9 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年9 月 / インサイト

我々は市場サイクルのどこにいるのか? グローバル株式投資家への影響

我々は市場サイクルのどこにいるのか? グローバル株式投資家への影響

我々は市場サイクルのどこにいるのか? グローバル株式投資家への影響

投稿者 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャー

2021年8 月 / インサイト

長期にわたり高成長が見込める企業を求めて

長期にわたり高成長が見込める企業を求めて

長期にわたり高成長が見込める企業を求めて

Joe Fath ポートフォリオ・マネジャー 米国グロース株式運用戦略

2021年8 月 / インサイト

ESG インテグレーション

ESG インテグレーション

ESG インテグレーション

投稿者 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Iona Dent, Davis Collins & Frank Shi

投稿者 Iona Dent, Davis Collins & Frank Shi

2021年8 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライス グローバル株式 インパクト投資戦略 インパクト評価報告書

ティー・ロウ・プライス グローバル株式 インパクト投資戦略 インパクト評価報告書

ティー・ロウ・プライス グローバル株式 インパクト投資戦略 インパクト評価報告書

2021年8 月 / インサイト

第四回リタイアメント・レポート:代替効果を理解する

第四回リタイアメント・レポート:代替効果を理解する

第四回リタイアメント・レポート:代替効果を理解する

2021年8 月 / インサイト

複雑な市場環境ではアクティブな銘柄選択が求められる

複雑な市場環境ではアクティブな銘柄選択が求められる

複雑な市場環境ではアクティブな銘柄選択が求められる

Scott Berg​ グローバル・グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー​

2021年8 月 / インサイト

2021年が気候関連規制にとって重要な年となり得る理由

2021年が気候関連規制にとって重要な年となり得る理由

2021年が気候関連規制にとって重要な年となり得る理由

投稿者 Maria Elena Drew

Maria Elena Drew 責任投資リサーチ部門 ディレクター

2021年8 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年8 月 / VIDEO

数字の先を読む:グローバルな調査プラットフォームの特徴

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 数字の先を読む:グローバルな調査プラットフォームの特徴

数字の先を読む:グローバルな調査プラットフォームの特徴

投稿者 Justin Gerbereux

Justin Gerbereux リサーチ部門 ディレクター

2021年7 月 / インサイト

足元のインフレ率が急上昇してもグロース株の強さは揺るがず

足元のインフレ率が急上昇してもグロース株の強さは揺るがず

足元のインフレ率が急上昇してもグロース株の強さは揺るがず

投稿者 Taymour Tammadon

Taymour Tammadon 米国大型グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年7 月 / インサイト

ESGリスクの考慮が差別化要因となる背景

ESGリスクの考慮が差別化要因となる背景

ESGリスクの考慮が差別化要因となる背景

投稿者 Samy Muaddi

Samy Muaddi エマージング社債運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年7 月 / ポリシー・インサイト

ESGファクターの考察は中央銀行の使命にどのような影響を及ぼしているか?

ESGファクターの考察は中央銀行の使命にどのような影響を及ぼしているか?

ESGファクターの考察は中央銀行の使命にどのような影響を及ぼしているか?

2021年7 月 / インサイト

日本は企業統治/規制改革に本腰

日本は企業統治/規制改革に本腰

日本は企業統治/規制改革に本腰

投稿者 Archibald Ciganer、CFA & Jocelyn Brown

投稿者 Archibald Ciganer、CFA & Jocelyn Brown

2021年7 月 / GLOBAL ASSET ALLOCATION

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年6 月 / インサイト

高格付けの投資適格社債に注目

高格付けの投資適格社債に注目

高格付けの投資適格社債に注目

投稿者 Lauren Wagandt, CFA & Matt Lawton, CFA

投稿者 Lauren Wagandt, CFA & Matt Lawton, CFA

2021年6 月 / インサイト

世界経済の回復に伴い、日本は注目を集める

世界経済の回復に伴い、日本は注目を集める

世界経済の回復に伴い、日本は注目を集める

投稿者 Archibald Ciganer、CFA

Archibald Ciganer、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年6 月 / インサイト

インパクト投資における運用会社の役割

インパクト投資における運用会社の役割

インパクト投資における運用会社の役割

投稿者 Hari Balkrishna

Hari Balkrishna ポートフォリオ・マネジャー

2021年6 月 / VIDEO

クレジット市場の見通し

クレジット市場の見通し

クレジット市場の見通し

投稿者 Justin Gerbereux

Justin Gerbereux リサーチ部門 ディレクター

2021年6 月 / インサイト

リスクの高まりが地方債市場でのESG分析の必要性を浮き彫りに

リスクの高まりが地方債市場でのESG分析の必要性を浮き彫りに

リスクの高まりが地方債市場でのESG分析の必要性を浮き彫りに

投稿者 Maria Elena Drew & Hugh McGuirk

投稿者 Maria Elena Drew & Hugh McGuirk

2021年6 月 / インサイト

グリーンボンドブームへの対応で留意すべき4つのポイント

グリーンボンドブームへの対応で留意すべき4つのポイント 債券運用と投資戦略

グリーンボンドブームへの対応で留意すべき4つのポイント

投稿者 Matt Lawton, CFA

Matt Lawton, CFA 債券部門 セクター・ポートフォリオ・マネジャー

2021年6 月 / 市場見通し

新たな経済環境に備えたポジション

新たな経済環境に備えたポジション

新たな経済環境に備えたポジション

投稿者 Rob Sharps, CFA, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

投稿者 Rob Sharps, CFA, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

2021年6 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年6 月 / インサイト

多様性・公平性・受容性に注目が集まる

多様性・公平性・受容性に注目が集まる

多様性・公平性・受容性に注目が集まる

投稿者 Donna Anderson & 債券運用と投資戦略 Maria Elena Drew

投稿者 Donna Anderson & Maria Elena Drew

2021年6 月 / インサイト

変化を乗り越えるバリュー株を求めて

変化を乗り越えるバリュー株を求めて

変化を乗り越えるバリュー株を求めて

Mark Finn 米国バリュー株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー​

2021年6 月 / ポリシー・インサイト

スプレッドは正当化できる水準か?

スプレッドは正当化できる水準か?

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 スプレッドは正当化できる水準か?

2021年5 月 / インサイト

第三回 リタイアメント・レポート - 三方よし:幅広い加入者に適した 単一のグライド・パスとは

第三回 リタイアメント・レポート - 三方よし:幅広い加入者に適した 単一のグライド・パスとは

第三回 リタイアメント・レポート - 三方よし:幅広い加入者に適した 単一のグライド・パスとは.

2021年5 月 / GLOBAL ASSET 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 ALLOCATION

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年5 月 / インサイト

グローバル高配当銘柄の見通しは明るい

グローバル高配当銘柄の見通しは明るい

グローバル高配当銘柄の見通しは明るい

峡 洋一郎 グローバル配当株戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2021年5 月 / インサイト

パンデミック収束後のダイナミックなトレーディング環境に関する見解

パンデミック収束後のダイナミックなトレーディング環境に関する見解

パンデミック収束後のダイナミックなトレーディング環境に関する見解

投稿者 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Christopher Brown, CFA

Christopher Brown, CFA トータルリターン債券運用戦略 共同ポートフォリオ・マネジャー

2021年5 月 / インサイト

最初の100日間、バイデン米大統領は経済を大きく変化させる施策を計画

最初の100日間、バイデン米大統領は経済を大きく変化させる施策を計画

最初の100日間、バイデン米大統領は経済を大きく変化させる施策を計画

Katie Deal 米国株式運用部門アナリスト 米国政府および規制リサーチ担当

2021年4 月 / インサイト

金利上昇の試練に立ち向かう

金利上昇の試練に立ち向かう

金利上昇の試練に立ち向かう

投稿者 Christopher Brown, CFA, Anna Dreyer, Ph.D., CFA & Alexander Obaza, CFA

投稿者 Christopher Brown, CFA, Anna Dreyer, Ph.D., CFA & Alexander Obaza, CFA

2021年4 月 / 市場見通し

PULSe指標:表面的な安定の陰に隠れた水面下の流れ 債券運用と投資戦略

PULSe指標:表面的な安定の陰に隠れた水面下の流れ

PULSe指標:表面的な安定の陰に隠れた水面下の流れ

投稿者 Thomas Poullaouec, Nathan Wang & David Clewell

投稿者 Thomas Poullaouec, Nathan Wang & David Clewell

2021年4 月 / インサイト

第二回 リタイアメント・レポート:あなたならグライド・パスをどのように評価しますか?

第二回 リタイアメント・レポート:あなたならグライド・パスをどのように評価しますか?

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 第二回 リタイアメント・レポート:あなたならグライド・パスをどのように評価しますか?

2021年4 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年4 月 / 市場見通し

金利上昇に関する多様な視点を活用

金利上昇に関する多様な視点を活用

金利上昇に関する多様な視点を活用

投稿者 Rob Sharps, CFA

Rob Sharps, CFA グループ最高運用責任者 運用部門統括責任者

2021年4 月 / 市場見通し

資本市場見通し:今後5年間の市場見通し(2021年版)

資本市場見通し:今後5年間の市場見通し(2021年版)

資本市場見通し:今後5年間の市場見通し(2021年版)

2021年4 月 / インサイト

持続成長銘柄の長期的な魅力は健在

持続成長銘柄の長期的な魅力は健在

持続成長銘柄の長期的な魅力は健在

投稿者 Larry Puglia & Paul Greene

投稿者 Larry Puglia & Paul 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Greene

2021年3月 / STRATEGY SPOTLIGHT

ティー・ロウ・プライス ストラテジー・フォーカス:グローバル株式インパクト投資戦略

ティー・ロウ・プライス ストラテジー・フォーカス:グローバル株式インパクト投資戦略

ティー・ロウ・プライス ストラテジー・フォーカス:グローバル株式インパクト投資戦略

投稿者 Hari Balkrishna

Hari Balkrishna ポートフォリオ・マネジャー

アジア・クレジット債投資におけるESGファクターの重要性

アジア・クレジット債投資におけるESGファクターの重要性

アジア・クレジット債投資におけるESGファクターの重要性

投稿者 Sheldon Chan

Sheldon Chan アジア・クレジット債券運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

クレジット投資においてデュレーションをアクティブに管理する必要性

クレジット投資においてデュレーションをアクティブに管理する必要性

クレジット投資においてデュレーションをアクティブに管理する必要性

投稿者 Kenneth Orchard & スティーブ・ブース

投稿者 Kenneth Orchard & スティーブ・ブース

金利ボラティリティの一段の上昇に備えるべき段階

金利ボラティリティの一段の上昇に備えるべき段階

金利ボラティリティの一段の上昇に備えるべき段階

インパクト投資が今、かつてないほど重要である理由

インパクト投資が今、かつてないほど重要である理由

インパクト投資が今、かつてないほど重要である理由

投稿者 Hari Balkrishna

Hari 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Balkrishna ポートフォリオ・マネジャー

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

FRBは債券利回りの急騰を容認することでタカ派に転じたのか

FRBは債券利回りの急騰を容認することでタカ派に転じたのか

FRBは債券利回りの急騰を容認することでタカ派に転じたのか

インフレ圧力上昇への備え

インフレ圧力上昇への備え

インフレ圧力上昇への備え

ティム・ムレー マルチ・アセット部門 資本市場ストラテジスト

デジタル経済を支えるインフラ企業への投資機会

デジタル経済を支えるインフラ企業への投資機会

デジタル経済を支えるインフラ企業への投資機会

投稿者 アラン・チュー, ジェームズ・スティルワゴン & トニー・ワン

投稿者 アラン・チュー, ジェームズ・スティルワゴン & トニー・ワン

2021年2 月 / インサイト

賛成?反対?株主提案2020

賛成?反対?株主提案2020

賛成?反対?株主提案2020

投稿者 Donna Anderson

Donna Anderson コーポレート・ガバナンス責任者

2021年2 月 / ポリシー・インサイト

新興国のインフレ圧力への対応に焦点

新興国のインフレ圧力への対応に焦点

新興国のインフレ圧力への対応に焦点

2021年2 月 / インサイト

第一回 リタイアメント・レポート DBとDCの相互作用に注目

第一回 リタイアメント・レポート DBとDCの相互作用に注目

第一回 リタイアメント・レポート DBとDCの相互作用に注目

2021年2 月 / インサイト

永久凍土融解によりロシア企業が直面する問題

永久凍土融解によりロシア企業が直面する問題

永久凍土融解によりロシア企業が直面する問題

2021年2 月 債券運用と投資戦略 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2021年2 月 / インサイト

「転換期」から「ニュー・ノーマル」へ、そしてその次に訪れるもの

「転換期」から「ニュー・ノーマル」へ、そしてその次に訪れるもの

「転換期」から「ニュー・ノーマル」へ、そしてその次に訪れるもの

投稿者 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャー

2021年2 月 / MULTI-ASSET OUTLOOK

2021年 グローバル・マルチ・アセット 市場環境見通し

2021年 グローバル・マルチ・アセット 市場環境見通し

2021年 グローバル・マルチ・アセット 市場環境見通し

投稿者 セバスチャン・ペイジ, ティム・ムレー & ピーター・オースティン

投稿者 セバスチャン・ペイジ, ティム・ムレー & ピーター・オースティン

2021年2 月 / VIDEO

グローバル市場の四半期振り返りと今後の見通し

グローバル市場の四半期振り返りと今後の見通し

グローバル市場の四半期振り返りと今後の見通し

投稿者 Hajime Takigawa、CFA

Hajime 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Takigawa、CFA ソリューションズ・ストラテジスト/ポートフォリオ・マネジャー APAC

2021年1 月 / インサイト

FRBの資金繰り支援策の終了はポジティブな材料

FRBの資金繰り支援策の終了はポジティブな材料

FRBの資金繰り支援策の終了はポジティブな材料

2021年1 月 / インサイト

2021年に債券投資家が直面する3つの重大な問題

2021年に債券投資家が直面する3つの重大な問題

2021年に債券投資家が直面する3つの重大な問題

投稿者 Arif Husain

Arif Husain グローバル債券統括責任者

2021年1 月 / インサイト

PULSe指標:パンデミック・ファクターが危機レベルまで上昇

PULSe指標:パンデミック・ファクターが危機レベルまで上昇

PULSe指標:パンデミック・ファクターが危機レベルまで上昇

投稿者 Thomas Poullaouec, Nathan Wang & David Clewell

投稿者 Thomas Poullaouec, Nathan Wang & David Clewell

2021年1 月 / インサイト

グローバル株式においてまだ見出されるリターン獲得機会

グローバル株式においてまだ見出されるリターン獲得機会

債券運用と投資戦略 グローバル株式においてまだ見出されるリターン獲得機会

Scott Berg​ グローバル・グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー​

2021年1 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2020年12 月 / GLOBAL MARKET OUTLOOK

2021年の中国市場見通し

2021年の中国市場見通し

2021年の中国市場見通し

ウェンリー・ジャン 中国株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2020年12 月 / GLOBAL MARKET OUTLOOK

2021年グローバル市場環境見通し - 危機を乗り切る

2021年グローバル市場環境見通し - 危機を乗り切る

2021年グローバル市場環境見通し - 危機を乗り切る

投稿者 デイビッド・ジルー, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

投稿者 デイビッド・ジルー, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

2020年12 債券運用と投資戦略 月 / GLOBAL MARKET OUTLOOK

日本株:菅新政権下で明るい見通し

日本株:菅新政権下で明るい見通し

日本株:菅新政権下で明るい見通し

投稿者 Archibald Ciganer、CFA

Archibald Ciganer、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2020年12 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2020年12 月 / インサイト

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 バリューvs.グロース論議より大切なもの

バリューvs.グロース論議より大切なもの

バリューvs.グロース論議より大切なもの

2020年12 月 / ポリシー・インサイト

中央銀行はまだ武器を使い果たしていない

中央銀行はまだ武器を使い果たしていない

中央銀行はまだ武器を使い果たしていない

2020年12 月 / インサイト

米国大統領選挙の結果は市場に優しい模様

米国大統領選挙の結果は市場に優しい模様

米国大統領選挙の結果は市場に優しい模様

投稿者 Katie 債券運用と投資戦略 Deal, ジョン・リネハン & Mark Vaselkiv

投稿者 Katie Deal, ジョン・リネハン & Mark Vaselkiv

2020年11 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2020年11 月 / インサイト

バイデン氏の勝利で市場見通しは強弱混在に

バイデン氏の勝利で市場見通しは強弱混在に

バイデン氏の勝利で市場見通しは強弱混在に

2020年10 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2020年10 月 / VIDEO

グローバル市場環境

グローバル市場環境

グローバル市場環境

花井 ゆき子 ポートフォリオ・スペシャリスト

2020年10 月 / インサイト

相場反発後の投資機会を探る

相場反発後の投資機会を探る 債券運用と投資戦略

相場反発後の投資機会を探る

投稿者 Rob Sharps, CFA

Rob Sharps, CFA グループ最高運用責任者 運用部門統括責任者

2020年10 月 / インサイト

米国大統領選挙が不確実な環境を増幅

米国大統領選挙が不確実な環境を増幅

米国大統領選挙が不確実な環境を増幅

2020年10 月 / VIDEO

ラテンアメリカ債券市場の重要性​

ラテンアメリカ債券市場の重要性​

ラテンアメリカ債券市場の重要性​

2020年10 債券運用と投資戦略 月 / VIDEO

エマージング市場と高利回りの追求​

エマージング市場と高利回りの追求​

エマージング市場と高利回りの追求​

2020年10 月 / インサイト

サステナビリティがコロナ後の世界における成功を左右

サステナビリティがコロナ後の世界における成功を左右

サステナビリティがコロナ後の世界における成功を左右

Scott Berg​ グローバル・グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー​

2020年9 月 / インサイト

FRBの政策転換でドル高に幕

FRBの政策転換でドル高に幕

債券運用と投資戦略 FRBの政策転換でドル高に幕

2020年9 月 / インサイト

非常時こそ困難な選択を

非常時こそ困難な選択を

非常時こそ困難な選択を

投稿者 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャー

2020年9 月 / インサイト

テクノロジー株の乱高下により銘柄選択の重要性を再認識

テクノロジー株の乱高下により銘柄選択の重要性を再認識

テクノロジー株の乱高下により銘柄選択の重要性を再認識

2020年9 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境 債券運用と投資戦略

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

2020年9 月 / インサイト

コロナ禍を乗り切る運用戦略

コロナ禍を乗り切る運用戦略

コロナ禍を乗り切る運用戦略

Scott Berg​ グローバル・グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー​

2020年9 月 / インサイト

所得格差拡大による社会・経済的影響

所得格差拡大による社会・経済的影響

所得格差拡大による社会・経済的影響

2020年9 月 債券運用と投資戦略 / インサイト

市場は気候変動のリスク上昇をまだ織り込んでいない

市場は気候変動のリスク上昇をまだ織り込んでいない

市場は気候変動のリスク上昇をまだ織り込んでいない

投稿者 Maria Elena Drew

Maria Elena Drew 責任投資リサーチ部門 ディレクター

2020年8 月 / インサイト

ティー・ロウ・プライスのグライド・パス設計フレームワーク(米国の例)

ティー・ロウ・プライスのグライド・パス設計フレームワーク(米国の例)

ティー・ロウ・プライスのグライド・パス設計フレームワーク(米国の例)

2020年8 月 / VIDEO

ESG 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 インテグレーション

ESG インテグレーション

ESG インテグレーション

ESGアニュアルレポート2019​

ESGアニュアルレポート2019​

ESGアニュアルレポート2019​

投稿者 Maria Elena Drew

Maria Elena Drew 責任投資リサーチ部門 ディレクター

2020年8 月 / VIDEO

グローバル市場環境

グローバル市場環境

債券運用と投資戦略 グローバル市場環境

投稿者 Hajime Takigawa、CFA

Hajime Takigawa、CFA ソリューションズ・ストラテジスト/ポートフォリオ・マネジャー APAC

2020年7 月 / VIDEO

グローバル市場環境

グローバル市場環境

グローバル市場環境

投稿者 Takeshi Nakamitsu、CMA

Takeshi Nakamitsu、CMA 外国株式運用戦略 ポートフォリオ・スペシャリスト

2020年6 月 / RETIREMENT INSIGHTS

退職を控えた人のリタイアメント・インカムの選択傾向を理解する(米国の事例)

退職を控えた人のリタイアメント・インカムの選択傾向を理解する(米国の事例) 債券運用と投資戦略

退職を控えた人のリタイアメント・インカムの選択傾向を理解する(米国の事例)

投稿者 Sudipto Banerjee、Ph.D.

Sudipto Banerjee、Ph.D. リタイアメント・ソート・リーダーシップ、ヴァイス・プレジデント

2020年4 月 / インサイト

天災からの株価回復期にありうる特徴とは

天災からの株価回復期にありうる特徴とは

天災からの株価回復期にありうる特徴とは

投稿者 Hajime Takigawa、CFA

Hajime Takigawa、CFA ソリューションズ・ストラテジスト/ポートフォリオ・マネジャー APAC

2020年4 月 / インサイト

危機に向き合う (パート3)新たな環境への適応が加速

危機に向き合う (パート3)新たな環境への適応が加速

危機に向き合う (パート3)新たな環境への適応が加速

投稿者 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャー

2020年4 月 / インサイト

危機時に有効な5つの投資ルール

危機時に有効な5つの投資ルール

危機時に有効な5つの投資ルール

投稿者 Justin Thomson

Justin Thomson 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 株式部門CIO

2020年4 月 / インサイト

不透明感が強い中、回復に備えたポジショニング

不透明感が強い中、回復に備えたポジショニング

不透明感が強い中、回復に備えたポジショニング

ティム・ムレー マルチ・アセット部門 資本市場ストラテジスト

2020年4 月 / インサイト

グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略アップデート

グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略アップデート

グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略アップデート

投稿者 David Eiswert

David Eiswert グローバル・フォーカス・グロース株式運用戦略ポートフォリオ・マネジャー

2020年4 月 / インサイト

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 1939年、第2次世界大戦開戦を間近に創業者トーマス・ロウ・プライス Jr.が伝えた言葉

1939年、第2次世界大戦開戦を間近に創業者トーマス・ロウ・プライス Jr.が伝えた言葉

1939年、第2次世界大戦開戦を間近に創業者トーマス・ロウ・プライス Jr.が伝えた言葉

2020年4 月 / インサイト

信用危機の4局面におけるリスクとチャンス

信用危機の4局面におけるリスクとチャンス

信用危機の4局面におけるリスクとチャンス

投稿者 Mark Vaselkiv

Mark Vaselkiv 債券部門CIO

2020年2 月 / インサイト

米国大型株の投資家は低成長経済にどう適応するのか?

米国大型株の投資家は低成長経済にどう適応するのか?

米国大型株の投資家は低成長経済にどう適応するのか?

投稿者 ジョセフ・ファス & Mark Finn

投稿者 ジョセフ・ファス & Mark Finn

2020年2 月 / グローバル・アセット・アロケーションの視点と投資環境

米国グロース株のアウトパフォーマンスは続く見通し

米国グロース株のアウトパフォーマンスは続く見通し

米国グロース株のアウトパフォーマンスは続く見通し

ティム・ムレー マルチ・アセット部門 資本市場ストラテジスト

2020年1 月 / インサイト

ESG要因は日本でのアクティブ投資への回帰につながるか?

ESG要因は日本でのアクティブ投資への回帰につながるか?

ESG要因は日本でのアクティブ投資への回帰につながるか?

投稿者 Archibald Ciganer、CFA

Archibald Ciganer、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2019年11 月 / インサイト

市場の不透明感:投資家を不安にさせるが、潜在的な収益機会を提供

市場の不透明感:投資家を不安にさせるが、潜在的な収益機会を提供

市場の不透明感:投資家を不安にさせるが、潜在的な収益機会を提供

投稿者 Taymour Tammadon

Taymour Tammadon 米国大型グロース株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2019年9 月 / インサイト

債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 投資適格社債に対するより広範なアプローチ

投資適格社債に対するより広範なアプローチ

投資適格社債に対するより広範なアプローチ

投稿者 スティーブ・ブース & Lauren Wagandt, CFA

投稿者 スティーブ・ブース & Lauren Wagandt, CFA

2019年7 月 / ポリシー・インサイト

ポリシー・インサイト(2019年7月) 世界の金利がボトムを目指して一斉に低下

ポリシー・インサイト(2019年7月) 世界の金利がボトムを目指して一斉に低下

ポリシー・インサイト(2019年7月) 世界の金利がボトムを目指して一斉に低下

投稿者 Arif Husain & Andrew Keirle

投稿者 Arif Husain & Andrew Keirle

2019年6 月 / インサイト

イールドカーブのフラット化が進んでも米景気後退の可能性は低い

イールドカーブのフラット化が進んでも米景気後退の可能性は低い

イールドカーブのフラット化が進んでも米景気後退の可能性は低い

2019年6 月 / インサイト

新元号は日本をリセットする転機に

新元号は日本をリセットする転機に

新元号は日本をリセットする転機に

投稿者 Archibald Ciganer、CFA

Archibald Ciganer、CFA 日本株式運用戦略 ポートフォリオ・マネジャー

2019年5 月 / ポリシー・インサイト

ポリシー・インサイト(2019年5月)

ポリシー・インサイト(2019年5月)

ポリシー・インサイト(2019年5月)

投稿者 Arif Husain & Andrew Keirle

投稿者 Arif Husain & Andrew Keirle

私たちの使命はシンプルです。

ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 3043 債券運用と投資戦略 号

加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 投資信託協会

「T. Rowe Price」、「INVEST WITH CONFIDENCE」および大角羊(ビッグホーン・シープ)のデザインは、日本、米国、EU(欧州連合)、その他の国々におけるティー・ロウ・プライス・グループ・インクの商標、または登録商標です。全ての商標はティー・ロウ・プライスもしくは各権利者に帰属します。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "債券運用と投資戦略 I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not 債券運用と投資戦略 offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained 債券運用と投資戦略 in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United 債券運用と投資戦略 States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or 債券運用と投資戦略 an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, 債券運用と投資戦略 債券運用と投資戦略 as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2019-01

ファンドの損益や資産状況の計算、分配金の支払いの決定などが行われる日です。ファンドの決算は、年1回や2か月に1回など、各ファンドによって異なり、ファンド目論見書に記載されているほか、ファンド詳細画面で確認できます。
ファンド決算日を基準として、運用会社は、決算日までのファンドの運用成績や財務状況を開示します。具体的には、ファンドごとに貸借対照表、損益計算書、剰余金計算書、運用報告書を作成します。
また分配金の支払いは決算日に決定されます。
分配金を受取るには、決算日の前営業日までに約定となるような購入申込が必要です。
※営業日とは土日祝日を除いた日です。
※決算日が土日祝日の場合は翌営業日が決算日となります。
※分配金の受取りは、決算日から5営業日目となります。
※運用状況によっては、分配金が変わる場合、または分配金が支払われない場合があります。
基準価額決定、約定確認のタイミングは?
株式投資信託の分配金の受取はどのように確認しますか?

クローズド期間とは

設定来高値とは

設定来安値とは

約定日と基準価額の決定とは

申込単位とは

分配金コースとは

分配金コースには「受取型」と「再投資型」があります。
・受取型
分配金を現金として総合口座で受け取るコースです。
分配金の受取りは、決算日から起算して5営業日目です。

手数料とは

ファンドの購入の際に販売会社に支払う手数料です。
楽天証券で取り扱う全ての投資信託は購入時の手数料は無料となっています。
※金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は「IFA手数料」が適用されます。

運用管理費用(信託報酬)とは

信託財産留保額とは

リターン(年率)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値です。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(年率)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるファンド収益率を年率換算した値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。
「リターン(年率)楽天証券分類平均」より「リターン(年率)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
÷当該期間(年)
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日
なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。また年率換算は複利で計算しております。

リターン(期間)とは

指定期間の運用におけるファンド収益率の値です。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額
で算出しています。なお、基準価額は分配金再投資基準価額を用います。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リターン(期間)楽天証券分類平均とは

指定期間の運用におけるベンチマーク収益率の値で、楽天証券分類ごとの平均の値です。「リターン(期間)楽天証券分類平均」より「リターン(期間)」が大きければ、楽天証券分類の平均より、そのファンドのリターンが高いことを意味します。
(現在の基準価額-指定期間開始時※の基準価額)÷指定期間開始時の基準価額で算出しています。週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。
※指定期間開始時:データ更新日より指定期間分遡った期日

リスク(年率)とは

リスク(年率)楽天証券分類平均とは

ベータ(β)とは

株価指数などのベンチマークに対して、個別のファンドがどれぐらい敏感に感応し、連動した値動きをしているのかを表す指標です。
たとえば、あるファンドのベータが0.9とすると、ベンチマークが10%変動すると、そのファンドは9%変動するということになります。
ベータ値が1より小さい場合、そのファンドは、市場全体の値動きよりも、小さな値動きをしているファンドであることを示し、1より大きい場合、市場全体の値動きよりも大きな値動きをするファンドであることを示します。
ベータ値が小さいほど、価格変動のリスクが小さく、逆に、ベータ値が大きいほど、価格変動のリスクが大きいことを表します。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

相関係数とは

ファンド間や指数などとの値動きの連動性を表す指標です。
相関係数はマイナス1~1での範囲の数値で表されます。
相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことを示し、マイナスである場合には、反対方向に動くことを示します。
相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。信頼度は以下を参考にしてください。
0.8 ~ 1.0 非常に強い相関
0.6 ~ 0.8 かなり強い相関
0.4 ~ 0.6 やや強い相関
0.2 ~ 0.4 やや弱い相関
0.0 ~ 0.2 無相関
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。

アルファ(α)とは

あるファンドの収益率から、市場全体の動き(例えば日経平均株価など)に連動したリターンを表すベータ値を差し引いたものです。
アルファが高いほど、市場全体の平均よりリターンが高いことを意味します。運用者の判断で、市場全体の動きと連動しない投資を行ったことにより得られるリターンを表し、ファンドマネージャーの運用能力を測る指標ともいえます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

トラッキングエラー(TE)とは

ファンドが目標とするベンチマークと、実際のポートフォリオ(投資している銘柄群)を比べ、リターンがどれだけ異なっているかを表す数値のことです。
インデックスファンドの場合は、トラッキングエラーが小さいファンドが優れているとされます。インデックス運用においては、このトラッキングエラーの極小化を目指しています。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

シャープレシオ(SR)とは

リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。シャープ・レシオの数値が大きいほど、小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。
シャープ・レシオは、リスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAのシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになります。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

インフォメーションレシオ(IR)とは

アクティブリターン(ベンチマーク以上のリターン)を得るために、どのくらいアクティブリスク(ベンチマーク以上のリスク)が取られたかを測る指標です。
一般に、リスク調整後のリターンを意味し、高い方が良いとされます。アクティブ運用を行うファンドマネージャーの運用能力を測る指標となり、「1」を超えると、そのファンドマネージャーの運用能力が高いと評価されます。
週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる