FXデイトレードとは

ヘッジの定義

ヘッジの定義
ヘッジ=婉曲表現/ぼかし表現/曖昧表現/和らげ表現/緩和表現/気配り表現/垣根表現

【社労士監修】リスクマネジメントの重要性とは?人事労務管理におけるリスク対策と必要性を徹底解説!

リスクマネジメントの不手際により、業務改善命令が発令される企業が増えており、多くの企業でコンプライアンスやリスクマネジメントを策定する動きがみられます。
企業や組織の存続を左右するリスクマネジメントでは、「顕在的・潜在的なリスクは何か」をしっかり把握することが大切です。しかし、リスクの性質と種類を正確に把握することは、決して容易ではありません。
この記事では、人事労務管理におけるリスク対策と、リスクマネジメントの必要性を詳しく解説します。

リスクマネジメントの必要性

危機管理・リスクヘッジとの違い

リスクマネジメントの実施方法

リスクの発見

ヘッジの定義 ヘッジの定義
リストアップ チェックリスト法やアンケート法によって、リスクを洗い出していく方法
プロセスチェック フローチャート法を用いて、業務フロー記載し、想定されるリスクを洗い出す方法
シナリオ・アプローチ 将来の投資状況を想定し、それぞれのシナリオの生起確率を推測。市場を予測する方法
財務分析・会計データ活用 財務・会計を基準に、投機の可否や損失リスクを予想する方法
詳細調査 インタビューや文章チェックなどのアプローチから詳細を調査し、リスクを洗い出す方法
比較分析 強み、弱み、内的要因、外的要因を分析し、比較可能な事象のリスクを洗い出す方法
リスク管理部門の設置 取締役会で指名された執行役を委員長とする委員会を定期的に開催し、抽出されたリスクとその対応策を確認する方法

リスク分析

リスク評価

リスク評価

リスク分析を終えたら、リスクを可視化するためリスクマップを作成します。

日本語教育Wikipedia

早稲田大学大学院日本語教育研究科小林ミナ研究室に所属する大学院生,あるいは,担当授業の履修生が日本語教育に関する専門用語について調べた内容を記述するサイトです。教育活動の一環として行っているものですので,内容について不備不足がある場合がありますのでご注意ください。記事の内容の著作権は,各記事末尾に記載してある作成者にあります。

1.ヘッジの定義と定義をめぐる議論

2.ヘッジの型

3.ヘッジの関連語

4.参考文献

1.ヘッジの定義

f:id:minakob-lab:20190219203057p:plain

この「sort of」が「真偽の二分法では表現できない曖昧な概念を示す働きをする語(小田訳,1988)であるとし、G. Lakoffの言う「ヘッジ」である。

『研究社・日本語教育事典』によると、「日本語におけるヘッジは、主に発話の意味を柔らかく婉曲に表現する機能が取り上げられ、談話における対人関係調整のための機能が注目されている。用語も、『婉曲表現/ぼかし表現/あいまい表現/和らげ表現/緩和表現/気配り表現/垣根表現』等となっている」(2012)。

他の先行研究における「ヘッジ」の定義

先行研究

ヘッジの定義

実例・備考

2.ヘッジの型

ヘッジの例

言語表現

語レベル

感嘆詞

名詞

動詞

副詞

助詞

接続詞

接続辞

句レベル

連語的

なもの

文型なようなもの

非言語表現

3.関連語

f:id:minakob-lab:20190219203611p:plain

ヘッジ=婉曲表現/ぼかし表現/曖昧表現/和らげ表現/緩和表現/気配り表現/垣根表現

4.参考文献

入戸野みはる(2008)「グループのサイズとヘッジの使用量について」,Proceedings of 15th Princeton Japanese Pedagogy Forum, Saturday ,May 3-Sunday,2008,93-107

Brown, P. and Levinson, S.(1987). Politeness: Some universals in language usage. Cambridge:

Itani, Reiko (1996): Semantics ヘッジの定義 and pragmatics of hedges in English and Japanese. Tokyo: Hituji Syobo.

Lakoff, George (1973). Hedges :a Study in Meaning Criteria and the Logic of Fuzzy Concepts. Journal of Philosophical Logic 2,458-508.

Lauwereyns, S.( 2002).Hedges in Japanese Conversation: The Inftuence of Age,Sex,and Formality. Language Variation and Change 14,239-259.

Nikula,T.(1997).“Interlanguage View on Hedging." In R. Markkanen and H. Schroder(eds.) Hedging and Discourse: Approaches to the Analysis of a Pragmatic Phenomenonin Academic Texts ,188-207. Berlin: Walter ヘッジの定義 de Gruyter.

リスクヘッジとリスクテイクの意味とは?不動産投資に潜む不確定要素への対処法

(写真=ilkercelik/Shutterstock.com)

(写真=ilkercelik/Shutterstock.com)

ただし、投資というのはリスクがあるからこそリターンが得られるともいえ、むしろ、積極的にリスクをとらなければリターンを得ることも難しいでしょう。ここでは適切な「リスクヘッジ」と「リスクテイク」の意味について不動産投資を例に解説していきます。

(本記事は2018/12/05配信のものを2020/07/28に更新しております)

1. 「リスク」という名の不確定要素に対処するために

1-1. 投資を行うには必ずリスクがあることを意識

そもそも不動産投資をはじめとするあらゆる投資を行う際には、不確定要素としてのリスクがあることを意識しておかなければなりません。なぜなら、どんなに綿密な計画を立てたとしても、すべて計画通りに進むということはあり得ないからです。事実、背景としての状況が変わることもあれば、思いもよらないトラブルが生じることも少なくありません。

1-2. 不確定要素への対処ができることが大切

例えば、不動産投資を行う際でも、「思いのほか入居者が獲得できなかった」「維持費が想定以上にかかってしまった」など、想定外の出来事は起こり得ます。それらは事前に予測できるものもあれば、予測できないものもあるでしょう。大切なのは、不確定要素があるという認識をもったうえで、状況に応じた対処ができるようにしておくことなのです。

2. リスクヘッジとリスクテイクの違いの意味とは

不確定要素に対処するために重要なのは、「リスクヘッジ」と「リスクテイク」という発想です。どちらもリスクに関する言葉ではありますが、意味するところは明確に異なります。特に不動産投資の中でもここではマンション投資において、リスクヘッジとして何ができるのか、あるいはリスクテイクとして何ができるのかを考えておくことが、投資の安定性につながることでしょう。

2-1. 不動産投資における「リスクヘッジ」とは

リスクヘッジ(risk hedge)とは「危険防止策」を意味し、何らかの危険や損失を回避・軽減するための行動を指します。例えば、マンション投資といった不動産投資の場合であれば、空室リスクを回避・軽減するために好立地の物件を選択したり、震災リスクに備えて火災保険や地震保険に加入したり、エリアの異なる複数の物件を購入したりするなどが挙げられるでしょう。そのように、あらかじめリスクを想定し、回避・軽減するための行動がリスクヘッジです。

2-2. 不動産投資における「リスクテイク」とは

一方でリスクテイク(risk taking)とは、あえて危険性(損失が生じる可能性)があることを理解したうえでの行動を指します。あらゆる投資にいえることですが、一定のリスクがあることを加味しつつ投資を行わないと、リターンは得られません。その点、リスクテイクという発想は、リターンを得るために不可欠といえるでしょう。問題は、どれだけのリスクをとるかということです。

2-3. リスクヘッジとリスクテイクの最適なバランスとは

やみくもに大きなリスクをとってしまうと、損失もまた大きくなってしまいかねません。場合によっては、取り返しのつかない事態になってしまうこともあるでしょう。そうならないように、取れるリスクの許容範囲を確認し、不確定要素を回避・軽減できないか対応を検討しておくことが大切です。そのうえで、投資の目的やリターンの目標を明確にし、取れるリスクは積極的にとっていくことが求められます。

3. 不確定要素を放置しないことが成功につながる

リスクヘッジとリスクテイクという考え方は、いずれも投資には欠かせないものとなります。不確定要素をそのまま放置するのではなく、「どのようなリスクを、どのくらいとるべきなのか」を判断し、投資していくことが大切です。

「リスクヘッジ」の意味とは?使い方や例文、類語など

「リスクヘッジ」の意味とは?使い方や例文、類語など

「リスクヘッジ」とは、英語の「risk hedge」という言葉から来た外来語です。「risk hedge」の「risk」は、日本語としても使われるように「危険」を指します。一方の「hedge」は、「生垣」や「障壁」といった意味を持つ単語で、「防止策」の意味合いもあります。つまり「risk hedge」という表現は、「危険の障壁・防止策」といった意味を持つことになります。日本語として使われる際の「リスクヘッジ」も、広義には「危険を回避すること」を意味しています。

リスクヘッジの使い方・例文

金融業界でのリスクヘッジの使い方

  • 例文:為替のリスクヘッジ方法には、為替予約や通貨オプションといった方法がある
  • 例文:投資の世界に絶対安全という言葉はない。だから常に、リスクヘッジについて考えておくべきだ

ビジネスシーンでのリスクヘッジの使い方

  • 例文:企業において法務部は、契約書作成だけでなく、リスクヘッジの機能も果たしている
  • 例文:今回のプロジェクトの代替案を、リスクヘッジのために立てておくように

個人でのリスクヘッジの使い方

  • 例文:火災保険だけでなく、地震保険にも加入してリスクヘッジしておくべきだ
  • 例文:リスクヘッジのために、何か資格を取っておいた方がいい

リスクマネジメントとの違い

「リスクマネジメント」とは、「危機管理」を意味する言葉です。
具体的には、将来に対する危険を洗い出し、その損害を最小限に止めるための対応を考えたり、実施することを指します。危機管理には2つの側面がありますが、1つはリスクが顕在化する前に抑える対応、そしてもう1つは、リスクが顕在化した後の補償等の対応です。
元々は、アメリカで保険に関する理論として提唱されたもので、現在は日本でも、企業活動などにおいてその必要性が重視されるようになっています。

代替投資/オルタナティブ投資とは何か

代替投資/オルタナティブ投資とは何か

他のオルタナティブ投資に比べると、一番親しみやすい方法と言えます。現物不動産、つまり土地やその土地にある建物(定着物)を購入、あるいは投資をして価値の値上がりを狙うものです。もちろん不動産の現物を購入するにはそれ相当の資金が必要となるのですが、時代とともに不動産商品も多様化。 REIT のようにオフィスビルや商業用施設を分配、家賃収入を得るといった 新しい投資法 もあるので、挑戦してみるのも手です。

コモディティ(商品先物)

コモディティは原油や農作物、金などの商品を指します。特にリーマンショック以降、 金の人気は不動 の地位を獲得。有事の際(例・イギリスのEU離脱の際)にも金だけは商品価値が上昇する傾向があり、 分散投資 の対象として有効です。コモディティ投資をするのなら、まずは金がおすすめと言えます。

オルタナティブ投資の メリット

オルタナティブ投資のメリット

オルタナティブ投資における最大のメリットは、 市場の変動からの影響を受けにくい ことです。この投資方法であれば株券や債券と連動性が低いため、たとえ市場が低迷していても、収益を狙えます。

また、 リスク回避 も大きなメリット。ご紹介したようにオルタナティブ投資では広い範囲での投資が可能です。多様な商品に投資しておけば、ひとつが価値の暴落に見舞われても危険が減ります。ある商品の資産価値が落ちるときには、別の商品へ現金は流入しているのが一般的です。つまり 分散投資 を行なうことで、ひとつの商品で損をしてもトータルの資金ではプラスに持っていくことが可能。

オルタナティブ投資の デメリット

投資家としてはメリットも多いオルタナティブ投資ですが、デメリットもあります。まずひとつに、扱う商品が多いため、株券などと違って価格価値が複雑で 収益構造 の把握が難しくなりがちということです。さらに株価などとは違い、市場での流動性が低く、 短期投資には向かない 点が挙げられます。

また、オルタナティブ投資では 元手がかかる のもデメリット。土地や企業、金への投資にはどうしても元手が要ります。しかも収益が出るまでに基本的に 長い時間が必要 です。その途中で投資した企業の経営が傾けば、当然被害を受けます。リターンが大きいのはオルタナティブ投資の魅力ですが、一方で長期の投資にはこうしたデメリットは避けられません。

オルタナティブ投資に 向いている人 とは

オルタナティブ投資は、 長期的運営 ができ、資産の分散を希望する人にこそ最も向いています。分散投資を行なえる資産を有していれば、リスクヘッジ、リターン向上を狙うためにオルタナティブ投資は 非常に有効 です。

他には 絶対的収益 を目指す人も、オルタナティブ投資に向いていると言えます。市場の上がり下がりに左右されず大きなリターンが欲しいのなら、これほど向いている投資法もありません。

リーマンショック以降は、株、債券の分散年投資だけでは リスク回避 が難しいとされる時代です。海外では実際に多くの投資家がヘッジファンドをはじめとしたオルタナティブ投資に傾注しています。投資家としてある程度の資産を保有し、さらなる飛躍を目指したいという人は、オルタナティブ投資をはじめてみても良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる