安定した取引システム

三尊逆三尊も解説

三尊逆三尊も解説
ヘッドアンドショルダーズ・トップ

酒田五法(さかたごほう)

「三山」「三尊」とは、相場が下落に転じるときに見られる形で、上昇相場で上げ下げを3回繰り返して3つの山を形成するもので、真ん中の山が最も高い「三尊天井」が天井をつける典型とされています。また、相場が上昇に転じるときに見られる形で、下降相場で上げ下げを3回繰り返して3つの山を形成する、「逆三尊(山)」もあります。
「三川」とは、3本のローソク足の並びに注目して相場の転機をとらえるもので、酒田五法の中で最もバリエーションがあります。なかでも、売り(下落)シグナルとなる急上昇した次の日に上昇が鈍化、翌日に大きく下落する「三川宵の明星」、買い(上昇)シグナルとなる急落した次の日に少し値を戻し、翌日さらに急上昇する「三川明けの明星」などが有名で、そのほかにも、「両はらみ線」「両つつみ線」「二本たくり星」など多くの種類があります。
「三空」とは、三連続で窓をあけ相場が勢いよく上昇・下降する場合で、相場の転換点が近いとされ、上昇局面なら売り、下落局面なら買いと反対売買の機会といわれています。「三兵」とは、陽線が三本、陰線が三本続いた場合で、上昇が連続すれば「赤三兵」、下落が連続すれば「黒三兵」と呼び、相場の転機が近いとされています。「三法」とは、短い期間に上昇と下落が連続して起こる場合で、売買が交錯している相場では休んで様子を見ることが大切であると説いています。

  • 投資信託に係るリスクと費用
  • 投資顧問に係るリスクと費用
  • 三尊逆三尊も解説
  • よくあるご質問・お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 勧誘方針
  • 「金融商品取引法」における「特定投資家制度」に関する「期限日」等のお知らせ
  • サイト・SNSのご利用にあたって
  • 証券取引等監視員会 情報提供窓口
  • 証券統計ポータルサイト
  • 内閣府 マイナンバー(社会保障・税番号制度)
  • サイトマップ

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会 、
一般社団法人日本投資顧問業協会 、
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

三尊天井とは? 「だまし」を避けるテクニックと活用のコツを解説

三尊天井

三尊天井のチャート

出典:Tradingview – BTCJPY

三尊天井は、 上昇トレンドから下落トレンドへの転換 を示すチャートパターンです。短期や長期を問わず、上昇トレンドの最高値付近で出現し、その後は価格が下落する傾向があります。

三尊天井は3つの山のような形を描き、2つ目の山が最も高くなる点が特徴です。

三尊天井のイメージ

また、三尊天井は「三尊」や「ヘッドアンドショルダーズトップ」「トリプルトップ」と呼ばれることもあります。

1-2. 三尊天井の逆パターン「逆三尊」

逆三尊のチャート

出典:Tradingview – BTCJPY

三尊天井ののチャートパターンで、下落トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するものを「逆三尊」と呼びます。短期や長期を問わず、下落トレンドの最安値付近で出現し、その後は価格が上昇する傾向があります。

逆三尊のイメージ

また、逆三尊は「ヘッドアンドショルダーズボトム」「トリプルボトム」と呼ぶこともあります。

1-3. 見方

三尊天井の見方

三尊天井の見方

三尊天井は両脇の小さな山を「エッジ」、その頂点を「ショルダー」、2つ目の山の頂点を「ヘッド」と呼びます。また、両脇の山の折り返し地点を結んだ線を「 ネックライン 」と呼びます。

逆三尊の見方

逆三尊の見方

出典:Tradingview – BTCUSD

逆三尊は両脇の小さな谷を「エッジ」、その谷底を「ショルダー」、2つ目の谷の谷底を「ヘッド」と呼びます。また、両脇の谷の折り返し地点を結んだ線を「ネックライン」と呼びます。

暗号資産キャンペーン

2. 三尊天井と逆三尊の使い方

三尊天井はレバレッジ取引などで使われ、売り注文から入り下落相場でも利益を出せる ショート の場合を想定します。また、逆三尊は現物取引とレバレッジ取引の両方で使われ、買い注文から入り価格の上昇で利益を狙えるロングで確認していきます。

2-1. エントリーポイント

三尊天井はネックラインを下回った時にショート

三尊天井のエントリーポイント

出典:Tradingview – BTCUSD

三尊天井のショートのエントリーポイントは、3つ目の山を形成した後に価格がネックラインを下回ったタイミングです。

逆三尊はネックラインを上回った時にロング

逆三尊のエントリーポイント

出典:Tradingview – BTCUSD

逆三尊のロングのエントリーポイントは、3つ目の谷を形成した後に価格がネックラインを上回ったタイミングです。

2-2. 決済ポイント

三尊天井は2つ目の山の2倍の値幅

三尊天井の決済ポイント

出典:Tradingview – BTCUSD

三尊天井の決済ポイントは、2つ目の山の最高値とネックラインの 2倍の値幅 の辺りです。

そのため、ショートでエントリーしている場合には、決済ポイントの目安の1つとして考えることが可能です。

逆三尊は2つ目の谷の2倍の値幅

逆三尊の決済ポイント

出典:Tradingview – BTCUSD

逆三尊の決済ポイントは、2つ目の谷の最安値とネックラインの 2倍の値幅 の辺りです。

そのため、ロングでエントリーしている場合には、決済ポイントの目安の1つとして考えることができます。

2-3. 「だまし」を避けるには

三尊天井と逆三尊はチャートパターンを形成してもネックラインで価格が反発するなど、価格が 傾向と反する動き をすることがあります。

これを「 だまし 」といいます。

価格がネックラインを超えた 後に エントリーをすることで、こうした「だまし」の動きによる損失リスクも軽減することが可能です。

暗号資産キャンペーン

3. 三尊天井と逆三尊を活用するコツ

3-1. エリオット波動で信頼性を高める

エリオット波動 で三尊と逆三尊の出現を予測することは、活用のコツの1つとして挙げられます。

エリオット波動は相場の動きを複数の波で捉えた理論で、その過程において三尊天井や逆三尊が出現しやすい傾向があり、その後の価格の動きの 信頼性をさらに高める ことができるからです。

エリオット波動では、価格が上昇(または下落)する5つの波と、その調整となる3つの下落(または上昇)の波があると考えられています。

また、上昇のエリオット波動では三尊天井、下落のエリオット波動の場合は逆三尊が形成される傾向があります。実際のチャートを基にして確認していきましょう。

上昇のエリオット波動で形成される三尊天井の例

三尊天井の活用法(エリオット波動と組み合わせる)

出典:Tradingview 三尊逆三尊も解説 – BTCJPY

上記の画像は、ビットコインチャートに上昇のエリオット波動を当てはめたものです。画面中央付近では、エリオット波動の波と合わせて三尊天井が形成されており、調整の3つ目の波と合わせてネックラインを下回ってから価格も下落していることが分かります。

下落のエリオット波動で形成される逆三尊の例

逆三尊とエリオット波動

出典:Tradingview – BTCJPY

上記の画像は、ビットコインチャートに下落のエリオット波動を当てはめたものです。画面中央付近では、エリオット波動の波と合わせて逆三尊が形成されており、調整の3つ目の波と合わせてネックラインを上回り価格も上昇しています。

3-2.フィボナッチで予想の根拠を増やす

フィボナッチリトレースメント で価格の動きに対する予想の 根拠 を増やすことも、活用のコツの1つとして挙げられます。

フィボナッチリトレースメントは買い戻しや売り戻しの水準を予想する指標であり、価格の反発するポイントなどを探ることに役立つからです。以下、その具体的な例を確認していきます。

フィボナッチリトレースメントを使った例

フィボナッチ・リトレースメントTradingview – BTC/USD

比率 考え方
0 トレンドの終点
0.236 一般的な戻りの水準
0.382 一般的な戻りの水準
0.5 半値戻しの水準
0.618 深めの戻り水準
0.786 深めの戻り水準
1 トレンドの始点

以下の画像は三尊天井が発生しているチャートに、フィボナッチリトレースメントと決済目安である「2つ目の山の最高値とネックラインの2倍の値幅」を当てはめたものです。

三尊天井の活用法(フィボナッチ数列と組み合わせる)

出典:Tradingview – BTCJPY

画面中央の三尊天井のネックラインを下回った後は、2倍の値幅の辺りまで価格が下落していることが分かります。

加えて、この価格帯はフィボナッチの 戻り水準でもある0.786付近 でもあるため、このポイントで価格が反発する可能性高く、決済のポイントとして考えることが可能です。

バイナリーオプション 【トリプルトップ・ボトム(三尊天井・逆三尊)】の使い方

【無料手法公開中】バイナリーオプションを始める方へ【初心者向け】
初心者の人は何から始めたらいいのか分からず、どれが正解かもわからいですよね。なので、過去の僕のように悩んでいた人に情報が届いたら嬉しいなと思い公開。単純に過去の僕のように本気の方に読んで欲しいだけなので、参考程度にどうぞ。 楽ではないが汎用性が高い方法です。
» 【無料公開】バイナリーオプションBO・FX手法【テクニカル分析】

バイナリーオプション 【トリプルトップ・ボトム(三尊天井・逆三尊)】の使い方

なぜなら、トリプルトップ・ボトム(三尊天井・逆三尊)の使い方を知ることのより、テクニカル分析に磨きがかかるからです。

  1. トリプルトップ(三尊天井)
  2. トリプルボトム(逆三尊)
  3. トリプルトップ・ボトム(三尊天井・逆三尊)のだまし

バイナリーオプション 【トリプルトップ(三尊天井)】の使い方

これをトリプルトップと呼ばれたりします。また、別名ヘッド&ショルダーとも言われています。

また、三尊が現れる形はでは三角持ち合いとの相性が抜群。
組み合わせることでかなり分析の精度がUPします。

バイナリーオプション 【トリプルボトム(逆三尊)】の使い方

この逆三尊も三尊と同じく転換サインとして活用されます。
また、エリオット波動の波の推進波の押し目買いとしても有効的なので組み合わせると良いかと。

バイナリーオプション 【トリプルトップ・ボトム(三尊天井・逆三尊)】のだましについて

というのも上位足の水平線ラインには強い抵抗体がつくられています。
つまり、そのラインを越せば越したラインをサポートラインとしてしっかり機能するということです。

つまり、その状態で利食いができるということです。

あとはブレイクを街だけで、損を最小にしつつ利食いのエントリーが完成です。
※とはいえ、かなり高度なエントリーなので、初心者はブレイクしてから乗っていくか、戻り売りの押し目買いでエントリーするのもOKです。

BOはFX入門として最適です

12,000円実質無料

バイナリーオプションおすすめ業者は?
お得に始めたい初心者はザオプション。利益を出せるようになった中級者はハイローオーストラリアという使い分けが良いのかなと思います。下記の記事でもとても簡単に解説しています。
» 【厳選2社限定】バイナリーオプションのおすすめ海外業者【初心者・中級者向け】

ヘッドアンドショルダー(三尊天井・逆三尊底)の見方・使い方

ヘッドアンドショルダーの見方・使い方

テクニカル指標・チャート分析

ヘッドアンドショルダーとは?

なお日本の古来から伝わる酒田五法にも同様の分析手法があり、仏像が三体並ぶように見えることから、 三 さん 尊 ぞん 天井、逆三尊底とも呼ばれています。

ヘッドアンドショルダーズ・トップの見方

ヘッドアンドショルダーズ・トップ

ヘッドアンドショルダーズ・トップ

斜めのヘッドアンドショルダーズ・トップ

斜めのヘッドアンドショルダーズ・トップ

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムの見方

ヘッドアンドショルダーズ・ボトム

ヘッドアンドショルダーズ・ボトム

ヘッドアンドショルダーとなる心理を解説

ヘッドアンドショルダーズ形成前の上昇トレンド

A高値からBまで下落した動き。反転したらサポートラインとなる。

Bで反転し、Cまで上昇して新高値をつける動き

Cの新高値で反転後、サポートラインを下抜けする動き

Dで下げ止まり後、元々サポートで機能していたラインにレートが迫った動き

Eで反転下落後、ネックラインをブレイクしてヘッドアンドショルダーズ・トップの完成となる

Fで反転上昇し、Gのネックラインまで戻るリターンムーブ

ヘッドアンドショルダーズ・トップの利食い目標

実際のチャートでヘッドアンドショルダーを見てみよう

米ドル/円のヘッドアンドショルダーズ・ボトムとヘッドアンドショルダーズ・トップ

参考チャート:外貨ex byGMO [米ドル/円 月足] 大きな期間の流れを表す長期チャートにおいて、きれいな形状のヘッドアンドショルダーはなかなか出現しにくいです。

小野市 観光ナビ

浄土寺 と 阿弥陀三尊立像

浄土堂 じょうどどう

とても珍しい建築様式「大仏様」

大仏様の特徴

柱間6mを実現した「貫(ぬき)三尊逆三尊も解説

貫 画像

「挿肘木(さしひじき)」

挿肘木 画像

美しい「隅扇垂木(すみおうぎたるき)」
てこの原理を使った「遊離尾垂木(ゆうりおだるき)」

遊離尾垂木 画像

朱と白が織りなす、美しい堂内

阿弥陀三尊立像 あみださんぞんりゅうぞう

巨大な阿弥陀様のお姿

浄土堂の本尊は、名仏師「快慶(かいけい)」による阿弥陀三尊立像で、堂内中央の円形須弥壇(えんけいしゅみだん)」上に立っています。来世を信じる人々に、御来迎(ごらいごう)のお姿を、実際に見せようとしたものです。「阿弥陀如来 (あみだにょらい) 」像は像高5.3m、「両脇侍立像(りょうわきじりゅうぞう)」は像高3.三尊逆三尊も解説 7mもある巨大な三尊像です。 本尊の両手の上げ下げが一般的な仏像と逆で、「観音菩薩(かんのんぼさつ)」像と「勢至菩薩(せいしぼさつ)」像の配置も、一般的な配置と違い左右逆さになっています。これは、快慶が宗の仏画を参考に作られたからと言われています。

360°お姿を見ることができます

●三尊像は、九つある極楽浄土で「中品中生」の位置に鎮座されています。普通は上座である「上品上生」に鎮座されますが、浄土堂の阿弥陀様は「できるだけ早く救いたい」という思いから、民衆に近い所に鎮座されていると言われています。
●三尊の幹部材は、須弥壇を貫通し、床板の礎石に達して堂と一体化。建物全体で巨像を支えています。
●阿弥陀三尊は、わずかに前に傾いています。「西方極楽浄土から飛雲に乗って来迎」する情景を表していると言われています。
●中品中生におられる阿弥陀如来像は、後ろ姿も見ることができます。阿弥陀三尊が乗っている運座の下にはたなびく雲が表現されていて、颯爽と飛来した様子をうかがうことができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる