FXニュース

基本パターン9種類を徹底解説

基本パターン9種類を徹底解説
▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

M&Aとは?目的・手法・メリット・流れを解説【図解でわかる】

M&Aとは

M&A(エムアンドエー)とは、Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社あるいは経営権の取得」を意味します。今回は、M&Aの意味・種類・目的・メリット・基本的な流れ・税金・手数料など、全般的にわかりやすく解説 します。

M&Aとは?意味と定義

M&A(エムアンドエー)はMerger And Acquisition( 合併 と 買収 )の略で、直訳すると「企業の合併と買収」となります。

M&Aスキーム(手法)の種類・特徴・メリット・税金を図で解説

M&Aの目的

買収(譲受け)側のM&Aの目的

M&Aで事業成長にかかる時間を買うため

M&Aのメリット_年数あり1-min

買収側にとってM&Aの大きな目的は 時間を買うことができること です。既存事業の規模の拡大や、新規事業を新しく創ることには膨大な時間がかかります。M&Aはその時間を買い、事業を拡大する時間を大幅に早めることできる有効な手法です。

事業買収(事業譲渡・株式譲渡)とは?メリットや流れを徹底解説

M&Aによる相乗効果(シナジー効果)を得るため

例えば 経験と実績に基づく レガシーな物流網を持つ運送会社がIT企業と一つになることで、これまでにない業務効率化や新しいITと物流をかけ合わせたサービスを始められる、そういった相乗効果(シナジー効果)を出すための成長戦略としてM&Aが選ばれています。

新規事業の開拓・成長戦略としてのM&A

事業規模の拡大(スケールメリット)のためのM&A

売却(譲渡)側のM&Aの目的

投資回収・現金化までの時間を短くするため

イグジット(会社売却)とは?バイアウトとの違いも徹底解説

事業承継・後継者探しのため

事業承継 が注目される背景として、多くの中小企業では、経営者の後継者が見つからない問題が深刻化しています。日本の中小企業経営者の内、2025年までに平均引退年齢の70歳を超えるのは約245万人、そのうち約半数の127万人が後継者未定と見込まれています。 [1] オーナーの親族に後継者が不在の場合や、後継者候補として見込める人材がいたとしても経営する意思や能力がない場合には、M&Aによる事業承継が有効な手段となります。

事業承継とは?メリット・流れ・かかる税金をわかりやすく解説

創業者利益確定のため

創業者は、M&Aを行うことにより、事業の成長への貢献に対する十分な手当てを得ることができます。買収側の企業と話し合って、双方が合意する金額を 会社売却 時に創業者に支払います。引退後の生活や、新しい事業を起こすためにその資金を使う場合もあります。最近ではM&Aでの売却を前提に事業を起こし、ある程度の売却価値が出た段階で売りに出し、また新しい事業を起こす連続起業家もいます。 創業者利益といえば IPO(株式公開)が知られていますが、公開には時間やコストがかかるので、M&Aが有効な選択肢となります。

起業家のイグジットとは?種類やメリット、売却収入を図解で解説

資源の集中・筋肉質経営のためのM&A

日本経済はアベノミクスと言われる経済政策により2012年12月から始まった6年間の景気回復局面は2018年10月に終了し [2] 、その後景気後退局面に入りました。さらに2020年4月には新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令され、2020年4~6月の実質GDP(国内総生産)は年率27.8%減 [3] となりました。

今後も人口減少、少子高齢化社会の到来により日本市場は更に縮小することが予想されます。競争に打ち勝ち、企業を存続するためには規模の拡大と企業体力の向上が必要です。利益が出にくい事業を売却し、自社の最も得意な事業(利益が出る事業)に資源を集中することにより筋肉質な経営を目指すことが重要です。 選択と集中 のために、事業譲渡、会社分割等のM&Aが有効な手段となり得ます。

eラーニングとは ーメリットやデメリットなど徹底解説ー

AIについては、人事情報や学習履歴などの情報から個々人の学習プランを自動作成したり、学習方法を提案したりといった構想があり、学校教育の領域では実現に向けた具体的な取り組みが進められています。ただ、ビジネスの領域ではまだまだ模索の段階といえます。それは、全国規模(場合によっては世界規模)で教育体系が整備されている学校教育と違い、社会人教育は職種や企業、業界によって教育体系が異なり、ビッグデータを収集しにくいことに起因していると考えられます。

eラーニングの配信システム

B to Bで提供されている一般的なeラーニングは、「教材コンテンツ」と「LMS(学習管理システム)」で構成されています。LMSはサーバ上にあり、ここから学習者の端末に教材コンテンツを配信します。学習者がこれを受講すると、学習履歴がLMS側のデータベースに記録される仕組みです。

LMS(学習管理システム)とは?

LMS(学習管理システム)とは -eラーニングに欠かせないシステムを徹底解説-

管理者の主な役割は、LMSにユーザー情報と教材コンテンツを登録して必要な設定を行うことと、学習履歴の確認です。どの教材をいつ誰に配信するかは、自由に決められます。大規模な企業の場合、部門やチーム単位で管理者を置き、教育施策の管理を分担することも可能です。

eラーニングはクラウドへ

かつて、企業の基幹システムや業務システムは、サーバーなどを自社内に設置する「オンプレミス」が主流でしたが、今では「クラウドサービス利用」が一般的です。2018年には内閣府が「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針」を発表し、官公庁でもクラウド導入・移行が進められています。eラーニングも同様で、ベンダーのサーバからサービスの提供を受け、ライセンス費用を支払うという形が一般的になっています。

豆知識 標準規格の存在

eラーニングには「SCORM」という規格があり、これに準拠している限り、ある教材コンテンツを別のLMSに登録して運用することができます。教材コンテンツとLMSのベンダーはセットだと思われがちですが、実は現在使っている教材コンテンツはそのままに、LMSだけをもっと性能のよい製品にリプレイスすることができるのです。

eラーニングの特徴・メリット

eラーニングのメリットは、往々にして集合研修と比較する形で語られます。キーワードは「効率化」と「自由」です。ここでは管理者と学習者、それぞれにとってのメリットをご紹介します。

管理者のメリット

・学習履歴を活用し、体系的な教育を提供できる

個人の成長が個人の財産となる学校と違い、企業では個人の成長が業績を左右します。教育サービスの提供側と受講側が、運命共同体なのです。そのため、企業の人材育成シーンでは、学習目標とそれを達成するための体系的な教育を用意し、一人ひとりの社員が目標に到達するまでのプロセスを管理してあげるのが理想的です。

これを可能にするのが学習履歴です。学習履歴とは、誰が、いつ、どの教材を、どのくらい閲覧し、テストがある場合は何点取ったか、といった情報のことです。eラーニングの学習履歴は、配信システムであるLMS(学習管理システム)から簡単にエクスポートすることができ、学習履歴ファイルには、学習の進捗状況(未/中/完など)、実施時間帯、所要時間、テストの点数などの項目が羅列されています。これを集計し、社員の学習状況を事務局が定期的に確認することで、個人の、または組織全体の学習進捗率や達成度合い(合否や点数)が分かるのです。

LMS(学習管理システム)とは -eラーニングに欠かせないシステムを徹底解説-

・運用の手間を削減できる

戦略人事が当たり前となった今、人材開発部門のメンバーに求められるのは「自社のビジネスを知り、経営方針を把握し、それに基づいた人材育成計画を作成・推進すること」です。煩雑な事務作業にリソースを割くことは望ましくありません。eラーニングを導入すると、先ほどご紹介したLMSを活用することで、実施日時から受講者の管理、メール連絡、学習履歴の取得とその集計まで、ほぼ全てをシステム上で自動的に行うことができます

・大勢の学習者に均質的な教育を届けることができる

・集合研修に比べて低コスト

・教育施策にオリジナリティを出しやすい

学習者のメリット

・情報の信頼性

・学習した実績がきちんと会社に伝わる

・いつでもどこでも自分のペースで学習できる

・何度も復習できる

eラーニングの効果は学習やコスト減だけではない? 業績を上げた2社の事例をご紹介

eラーニングの課題・デメリット

eラーニングのデメリット、その多くは「人ではない」ことに起因します。こう聞くとなんだか致命的なイメージを持たれるかもしれませんが、そもそも人を介在しないサービスは今後社会にどんどん増えていきます。私達はそのことを認め、どこかで、何らかの形でこの感覚を克服しなければなりません。

管理者の課題・デメリット

・学習者同士の交流機会が減る

・質疑応答やディスカッションができない

・モチベーションのコントロールが難しい

・受講環境の整備が必要

学習者の課題・デメリット

・いつでもどこでも「できてしまう」

・モチベーションの維持が難しい

・受講するための環境、端末が必要

eラーニングのトレンド

eラーニングは時代とともに変わってきました。影響を及ぼしてきた主な要素を思い返して見ると、代表的なものとして(1)基本パターン9種類を徹底解説 IT技術の発達、(2)戦略人事の広まり、(3)予算問題(景気)が挙げられます。ここではこうしたイベントを経ながら今に至る、eラーニングの最新事情をお伝えします。

・動画利用が当たり前に

しかし、2014年以降にストリーミングサービスが急速に普及すると、これが徐々に企業にも広まり、最近ではこうしたトラブルもほとんど聞かなくなりました。

eラーニングの教材に使われる動画は、講師による講義を撮影したもの、経営トップのメッセージ、作業マニュアル、新商品やサービスの共有動画など、様々です。業界や職種を問わず、「動きと音を使ってリアリティを持って伝えられること」が動画教材の最大のメリットと言えるでしょう。

・ブレンディッド・ラーニングが主流に

ブレンディッド・ラーニングは”blended”すなわち「ブレンドした」 学習という意味です。ブレンド学習とも言い、集合研修とeラーニングを組み合わせて使う手法として知られています。

そこで、2つの手法を組み合わせ、それぞれの長所を活かしつつ欠点を補い合うことで教育効果を最大限に高めていこうという考え方が、ブレンディッド・ラーニングを生み出しました。

・eラーニングにもミニマリズムが浸透

こうした傾向を受けて、eラーニングは学習目的に向かってよりシンプルに、より安価に、より短く作られるようになっていき、1~5分、長い場合でも10分程度のコンテンツを、スマホやタブレットで学習する「マイクロラーニング」の形式が多くみられるようになりました。動画の利用が普及し、動きのある学習はそちらでカバーできるになったという背景もあるでしょう。

・eラーニング教材の内製が増加

リーマンショックによる教育予算の削減は、企業に「研修の内製化」という流れをもたらしました。高い予算をかけてeラーニングを外注したり、外部講師を呼んで集合研修をするよりも、社内のリソースで必要な教育を作って提供できないか、というものです。

これを受け、LMS(学習管理システム)ベンダー各社が教材作成ツールをリリース。今では多くの企業が、自社で簡易なeラーニングコンテンツを作り、従業員に配信しています。

・マイクロラーニングとゲーミフィケーション

eラーニングのミニマル化について述べましたが、「マイクロラーニング」は特に時間と単元(つまり学習目標)に注目して開発された手法です。一回の学習時間を1~5分、長くても10分程度とし、単元を細かく区切って大量のeラーニングコンテンツを作成します。

このマイクロラーニングと相性がよいのが、ゲーミフィケーションです。

豆知識 テレワーク・オンライン研修の強い味方

日本でも、新型コロナウイルス対策の中でテレワークの推進と研修のオンライン化の動きが加速しました。同2月27日~3月4日にマーサージャパンが行った調査によると、回答579社のうち82%が「在宅勤務・テレワーク」を全社または一部の部門で実施。52%が社内会議をオンライン会議に切り替えました。また、71%の企業で「集合型社内研修の中止・延期」があり、27%がそうした研修をオンライン研修に切り替える対策を取りました。

eラーニング教材の調達方法

教材調達方法は4パターン

①既製品を購入する

②既製品をカスタマイズする

③教材をオーダーメイドする

④教材を自社で制作する

教材作成ツール」を使って教材コンテンツを内製する方法です。近年、eラーニングを導入している企業の多くが実施しています。

教材調達時の注意

・コンテンツ(教育テーマ)を起点に探す
・LMS(学習管理システム)を起点に探す

ところが、長期的な視点で考えた場合、特定のeラーニングコンテンツだけでベンダーを決めてしまうのは得策ではありません。なぜなら、eラーニングの真価はLMSで決まるからです。

教材は学習者に知識や技術をもたらすものですが、eラーニングはこれに加えて教育を実施する側にデータをもたらす、ということができます。これからの時代、データの収集はあらゆるプロジェクトの質や価値を左右します。なぜなら、競合も同じことをするからです。昔と同じ感覚で同じレベルをキープしても、競合に抜かされては意味がありません。データを活用した戦略は、相対的にレベルアップしていくと考えた方がよいでしょう。

ではコンテンツは二の次でよいのかというと、そうではありません。実はeラーニングには「SCORM(スコーム)」という標準規格があり、これに準拠している限り、あるLMSで運用したeラーニングコンテンツとその履歴を別のLMSに移すことが可能です。よって、eラーニングを本格的に導入する際は、本当は以下のようなやり方を採用すべきなのです。

・まずLMSを選び、そのベンダーのeラーニングコンテンツのラインナップを確認する。
・希望のものがない場合は、他ベンダーのeラーニングコンテンツを探す。

eラーニング業界では様々なLMSベンダーがしのぎを削っていますが、大規模運用の可能なLMSと豊富なコンテンツのラインナップ、双方を備えているところとなると数が限られてきます。一方で、専門分野に特化したeラーニングコンテンツを提供しているベンダーもあるので、必要に応じてチェックしておくとよいでしょう。

スイングトレードとは?銘柄の選び方や成功のコツを解説!

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

性別:女性
年齢:40代
職業:アルバイト・パート

私が始めた当初は、まだ窓口や電話が主流の時代でした。迅速な取引き、手数料を減らしたく松井証券で開設をしました。現在はアプリからの取引きを主にしていますが、実にシンプルなアプリで、兎に角迅速な取引きをしたい方にお勧めです。簡単に銘柄登録もでき、複数気配やチャートの画面からすぐ取引き画面に移れるので、スピーディーです。株主優待などの情報はアプリから見た事がないので、他で情報を得る必要があると思います。

マネックス証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

マネックス証券は10万円以下の取引において、手数料が税込110円と手数料が比較的安い証券会社です。また、取引時にさまざまな注文方法を選択できるため、より効率的なスイングトレードを実現できます

トレーディングツール「マネックストレーダー」が非常に高機能であることも強みの一つです。リアルタイムでチャートや株価を確認でき、ランキング機能などと併用することで、取引タイミングを見逃さず投資ができます。スイングトレードにおいて、大きな戦力となる「マルチチャートビューア」機能など、利用価値のある便利な機能が詰まっています。

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

手数料なども魅力でしたが、一番は銘柄スカウターがとても便利でした。ほかの証券会社でも銘柄の売り上げや決算などを見るとこができますが、銘柄スカウターはファンダを調べるうえで、とても便利です。特に決算の売り上げや利益、資産や今後の予想、アナリスト予想などがとても見やすくデザインされているので、初心者でも調べやすく、今ではほかのツールは使えません。これだけでも口座開設するメリットがあります。

auカブコム証券

スイングトレードとは?メリット・デメリットや重視すべき5つの指標をご紹介

auカブコム証券もネット証券大手の一つです。「ワンショット手数料コース」と「1日定額手数料コース」の2つのコースが用意されていて、投資スタイルに合わせてよりお得な手数料で取引できます。どちらにしても手数料は業界最安値です。

トレーディングツール「kabuステーション」では、株価やチャート、ニュースなどを確認でき、このツールで発注までワンストップでできることも強みです。「カブナビ」というスクリーニングツールもあり、こちらは200を超える条件から詳細に銘柄を絞っていくことができます。

他にもさまざまなツールが用意されているので、ツールを活用してより良いスイングトレードを実現したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

手数料(税込)少額投資こんな人におすすめ
楽天証券プランによって
100万円まで無料
×楽天ポイントも使いたい
SBI証券プランによって
100万円まで無料
投資信託や金などへの投資も考えたい
松井証券50万円まで無料×充実したサポート体制の下で投資したい
マネックス証券10万円まで110円少額取引から開始したい
auカブコム証券10万円まで99円豊富なツールを使いたい

スイングトレードは初心者・時間がない人におすすめ

スイングトレードが初心者にもおすすめできるポイントを以下にまとめます。

初心者にもおすすめできるポイント

  • 画面に張り付く必要がない
  • 総合的に見て利益を出しやすい
  • 安心感がある

スイングトレードでは、数日から数週間程度ポジションを保有するので、デイトレードのような短期取引と異なり、常にチャートを監視しておく必要がありません。常にチャートを監視して、取引タイミングを見定める行為は精神的なストレスとなることもあります。また、仕事などで忙しい場合にも、スイングトレードであれば時間の確保がしやすいので、他の投資に比べてスタートしやすい投資と言えます。

さらに、デイトレードなどの短期取引に比べて、トレンドが掴みやすいので、利益を出しやすいのも特徴です。短期トレードになるほど、チャートを監視していないと値動きを掴みにくく、複雑なテクニカル分析などの知識も必要になります。そういった意味で参入障壁が低いことも、初心者や時間がない人におすすめできるポイントと言えるでしょう。

また、短期取引はベテランのトレーダーでも失敗することがあります。長くポジションを保有するスイングトレードの方が、安心して取り組むことのできる手法と言えます

スイングトレードの始め方

利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、メールやチャット、コールセンターなどに相談できるのかも重要でしょう

口座開設後は、実際に取引を開始することになりますが、デイトレードなど他の取引手法も試してみることもおすすめです。スイングトレードのメリットをより掴みやすくなり、より良いトレードができるようになります。資金に余裕がある場合には、他の手法にも取り組んでみてください。1つの口座でさまざまな金融商品を扱える証券会社であれば、その幅も広がります

いずれの場合も口座開設の目的を先に明確にすることが重要です。そもそも投資を開始するのはなぜなのか、証券会社を選ぶ際に明確にするようにしましょう

スイングトレードについてよくあるQ&A

スイングトレードとは? スイングトレードとは、株式取引の中でも2〜3日から数週間の短い期間で売買を進める手法です。中長期的に運用するのではなく、短期的な視点を持って利益が出た時に必ず株式を売却して利確します。企業業績や市場全体の動向などを分析する必要はあまりなく、テクニカル指標やチャートなどが重視されます。

スイングトレードのメリット

  • 画面に張り付く必要がない
  • 中長期的な投資方法よりも成果が出るのが早い
  • 株価の変動がなくても利益を出しやすい
  • 少ない資金で大きな利益を出しやすい/li>
  • 資金効率が良い

スイングトレードのデメリット

  • 時間外に株価の変動がある
  • 損切りが難しい
  • 手数料コストが高い

銘柄を選ぶポイント

  • 流動性の高い銘柄を選ぶ
  • 投資スタイルに合わせて銘柄を選ぶ
  • 銘柄数は3〜5つに絞る
  • 上昇トレンドを見て銘柄を選ぶ

スイングトレードの始め方は? スイングトレードを始めるにはまず証券会社で口座を開きます。手数料の安さやツール・アプリの使い勝手、サポート体制など、さまざまな要素から選定していくのがおすすめです。 利益をより意識するなら手数料の安さを重視し、本格的に取引するならツールの使い勝手も重要です。また、不明点が出た際に、電話やメール、チャットなどで相談できるのかも重要でしょう

コーピングとは?種類や導入方法を徹底解説

▼【リンクアンドモチベーションのサービス特徴】が分かる資料はこちら

  1. 1. コーピングとは?
  2. 2. コーピングが注目される理由
  3. 3. そもそもストレスの原因ってなに?
  4. 4. ストレスを放置しておくリスク
  5. 5. コーピングの種類は大きく分けて3つ
  6. 6. コーピングを効果的に行う方法
  7. 7. 今後企業が行うべきメンタルヘルス対策
  8. 8. 企業にコーピングを導入する流れ
  9. 9. 記事まとめ

コーピングとは?

コーピングが注目される理由

そもそもストレスの原因ってなに?

①物理的ストレッサー

②化学的ストレッサー(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰など)

③心理・社会的ストレッサー(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)

ストレスを放置しておくリスク

コーピングの種類は大きく分けて3つ

■問題焦点型コーピング

例えば、仕事がうまくいかないときに経験や知見のある上司・先輩に相談する / 勉強して新たな知識を身につける / 自分にはできないと思うことも「成長の機会だ」と捉えてできる方法を考える、等があります。

■情動焦点型コーピング

■ストレス解消型コーピング

コーピングを効果的に行う方法

■問題焦点型のコーピング

タイムスイッチ

ズームスイッチ

チャンスフォーカス

リスクフォーカス

ゴールフォーカス

■情動焦点型のコーピング

今後企業が行うべきメンタルヘルス対策

▼【1on1ミーティングのポイント】が分かる資料はこちら

企業にコーピングを導入する流れ

①メンター制度やカウンセリング窓口、ホットラインの設置

②定期的な研修

③ストレスが生まれにくい職場をつくる

記事まとめ

▼【1on1ミーティングのポイント】が分かる資料はこちら

神門 美紀

【プロフィール】 リンクアンドモチベーション入社。 大手・リーディングカンパニー向けの営業コンサルティングに従事。 育成・組織開発を中心に、企業価値向上に向けた 「ダイバーシティ推進」「理念策定・浸透」「制度改定」の実績等。 小売サービス業、インフラ企業、IT企業様など数多くの業界のお客様を支援。 営業をしている。

SIMカードのサイズ・種類を徹底解説! SIMカードの選び方やサイズ変更・交換する方法

SIMカード

SIMカードは“スマートフォンの身分証明書”のようなもの

SIMカードの中には固有のID番号が割り振られており、利用中のキャリアや契約情報などが登録されています。SIMカードは “基本パターン9種類を徹底解説 スマートフォンの身分証明書” のような存在です。

SIMカードのサイズは「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類

標準SIM microSIM nanoSIM

左から標準SIM、マイクロSIM、ナノSIM

SIMカードのサイズは、 「標準SIM」「micro(マイクロ)SIM」「 nano(ナノ)SIM」の3種類 。

標準SIM ガラケーやiPhone 3G・3GS、初期の3G対応スマートフォンで利用されている。現在は、ほとんど使われていない。
microSIM iPhone 4 / 4Sや2012~2014年頃のAndroidスマートフォンに多く利用されている。2~3年前の格安スマホでも採用されている。現在はガラケー(ガラホ)などに採用されている。
nanoSIM iPhone 5以降のiPhoneや2014年冬以降のAndroidスマートフォンで利用されている。 現在販売中のスマホはこのサイズが主流 です。

現在販売されている機種が対応しているSIMカードのサイズは、ほとんど nanoSIM です。ただし、一部のSIMフリースマホではmicroSIMを利用するケースもあるので、使用する端末に合わせて適切なサイズを選びましょう。

「マルチSIM」は全サイズ対応のSIMカード

標準SIM マイクロSIM ナノSIM

標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3種類のサイズに切り離せる

「UQモバイル」などのau系の格安SIMで名前を見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか? “マルチ(複数の)”という名称の通り、「マルチSIM」はスマホの対応サイズに合わせて、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類のサイズに切り離して使うことができる 全サイズ対応のSIMカード です。

「マルチSIMとnanoSIMは何が違うの?」と聞かれるのですが、 “マルチSIMはnanoSIMのサイズに切り離して使えるもの” というのが答えになります。

SIMカードサイズの選び方・SIMカードの挿入方法

SIMカード

SIMカードの申し込み時に困らないようポイントをチェックしておきましょう

格安SIMの契約手続き時に困らないように、本項では SIMカードサイズ選びのポイントや注意点 を解説します。

端末の対応SIMカードサイズを確認する方法

MVNO(格安SIM事業者)公式Webサイトの動作確認一覧で確認

「mineo」ホームページ画面

テレビCMでもおなじみの格安SIM「mineo」を例に解説します

使用したい端末に合ったSIMカードのサイズは、 利用するMVNO(格安SIM事業者)の公式Webサイトから確認 することができます。ここでは、ドコモ・au・ソフトバンクといった全キャリア対応の格安SIM「mineo(マイネオ)」を例として確認方法をご紹介します。

「mineo」検索条件を指定して絞り込み

検索条件を指定して絞り込むこともできる

まずは、使用する回線(ドコモ・au・ソフトバンク)の 「動作確認端末一覧」にアクセス して、一覧表の中から利用する端末を探します。メーカーや発売時期などで絞り込むこともできるので、検索機能も有効活用して見つけ出しましょう。

「mineo」動作確認端末一覧

メーカー別に動作確認の結果がまとめられている

「mineo」動作確認端末一覧表

表の中に記載されている記号の見方も解説します

メーカーHPの製品紹介ページで確認

「AQUOS Sense Plus」ホームページ画面

2018年夏モデルのSIMフリースマホ「AQUOS Sense 基本パターン9種類を徹底解説 Plus」(SHARP)を例に解説します。

MVNOの動作確認端末一覧ページ以外に、 各メーカーHPの製品紹介ページ から対応SIMカードサイズを確認するという方法もあります。

各メーカー側でも、現在発売中の端末に関しては必ず製品紹介ページを設けています。メーカーHPのTOPページからでは入り口が分かりづらいのですが、 「端末名+メーカー名」で検索 すればすぐに見つけることができます。

「AQUOS Sense Plus」スペック表

スペック表の中の「SIMカード」の項目で確認する

一般的に、製品紹介ページでは端末の特徴や詳細をいくつかのタブに分けて紹介しています。「スペック」のタブを探してクリックし、スペック表を確認しましょう。必ず 「SIMカード」の項目がある ので、そちらで対応SIMカードサイズを確認することができます。

上の画像は「AQUOS Sense Plus」のスペック表。対応しているSIMカードサイズがnanoSIMだと、ひと目で分かりますね。

端末のSIMカード挿入位置と挿入方法を事前に確認しよう

大手キャリアで契約する際、購入したスマホやタブレット本体に店員さんがSIMカードを挿入してくれていたと思います。しかし、SIMカードの選択と同様に、格安SIMの場合は 自分でSIMカードを挿入 することになります。

スマホやタブレットには SIMカードを載せて挿入する「SIMスロット(SIMトレイ)」 が装備されているのですが、その配置は各端末によって異なります。側面にSIMピンを挿して取り出すタイプや、裏ブタを外して電池パックの横に差し込むタイプなど SIMスロットの形状も様々 。

SIMピンで取り出すタイプのSIMスロットが一般的

iPhoneとSIMピン

iPhoneはSIMピンを挿してSIMトレイを取り出すタイプ

最もポピュラーなタイプのSIMスロットです。多くのAndroid端末、iPhone・iPadシリーズで採用されています。 本体の箱の中に「SIMピン」と呼ばれる金具が同梱されている ので、こちらを端末本体にある小さな穴に挿すことでSIMカードトレイを取り出すことができます。

iPhoneとSIMピンとSIMトレイ

SIMカードを載せて本体に戻せば完了

Android端末には2枚のSIMカードが挿せるデュアルSIMタイプもある

スマートフォンとSIMピンとSIMトレイ

2枚のSIMを同時に挿入できるデュアルSIMタイプ

AndroidのSIMフリースマホの中には、2枚のSIMカードを同時に挿入して2つの回線を同時に使用できる 「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」 に対応した端末もあります。

SIMカードとmicroSDカード

2枚のSIMカードとmicroSDカードが同時に使えるトリプルスロット構造を採用している端末もある

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる