ビギナーバイナリーオプション

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説

取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説

自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合です。

経費と原価の違いとは?費用との違いや分類、原価計算などの基礎をわかりやすく解説

原価

疑問


原価とは、サービス・製品や商品を生み出すためにかかる費用を指します。一方、経費は、サービス・製品や商品を販売する際に、間接的に生じた費用です。

1-1.そもそも原価とは

1-2.そもそも経費とは

2.原価の種類

原価


原価には、標準原価と実際原価の2種類の計算方法があります。それぞれの原価を、目的に応じて使いわけましょう。

2-1.標準原価

2-2.実際原価

3.原価計算とは

計算


原価計算とは、サービスや製品を生み出すためにかかった費用を費目別に合算する作業です。財務諸表の作成だけでなく、効率的な費用分配に役立ちます。

4.原価計算の流れ


実際原価を求める際は、3段階にわけて細かく原価を仕訳していきます。ここでは、仕訳の過程を解説します。

4-1.費目別計算

4-1-1.形態別分類

4-1-2.製品との関連における分類

4-2.原価部門別計算

4-3.製品別計算

4-3-1.単純総合原価計算

4-3-2.等級別総合原価計算

4-3-3.個別原価計算

5.売上原価と製造原価の違い

課題


原価は、売上原価と製造原価の2種類にわけられます。混同されがちな原価の違いを、把握しましょう。

5-1.売上原価とは

5-1-1.販管費との違い

5-2.製造原価とは

6.売上原価と製造原価の分類

整理


売上原価と製造原価を構成する費目について、具体例を挙げて紹介します。業種ごとの売上原価の分類についても、注目しましょう。

6-1.売上原価の分類は業種によって異なる

6-1-1.材料費

6-1-2.人件費

6-1-3.減価償却費や水道光熱費

6-2.製造原価の分類

6-2-1.材料費

6-2-2.労務費

6-2-3.取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 経費

経費 まとめ


企業が利益を算出するためには、経費と原価にわけて費用を算出する必要があります。また、原価計算は財務会計に必須で、コストダウンや効率化すべき業務の抽出にも役立ちます。

勘定科目や仕訳の「こんなときどうする?」
86個の勘定科目と仕訳例をまとめて解説!

「経理担当になってまだ日が浅く、基本知識をしっかりつけたい!」
「勘定科目と仕訳について、まだ調べないとわからないことがある」
「毎回ネットや本で調べていると時間がかかって困る」

取引基本契約書とは?作成が必要な理由と盛り込むべき条項

・継続的な取引の場合
前述のように繰り返し発生する契約作業を簡易にすることで、 取引コストを削減することが可能 です。これは、取引基本契約書を締結することで、毎回の取引に共通する項目を都度確認する必要がなくなるためです。
その他にも、メリットがあります。それが取引関係の予測可能性です。例えば取引基本契約書に「あらかじめ●カ月先の発注予想を提出する」などと定めておくことで、唐突に大きな発注を受けるといった事態が避けられます。つまり生産に必要な資材や部材、そして在庫の確保が発注予測に基づいて行えるのです。かつ、取引の継続性が予想できるということは、急に取引が無くなるリスクも避けられます。
また、債権保全にも取引基本契約書が役立ちます。相手方の財政状況が悪化し、支払いが滞った場合、連帯保証人や期限の利益喪失などを事前に定めておけるからです。

・複合的な契約を取りまとめるため
取引基本契約書に毎回の取引に共通する項目を含められると解説しましたが、どのような項目が該当するのでしょうか。例えば「支払条件」や「支払期限」、「受入検査の方法」や「秘密保持」「賃貸借・使用貸借」などが内包可能で、広く複合的な契約を包括できます。

このように、取引基本契約書は必ずしも締結しなければならない契約書ではなく、他の契約書と同じように毎回契約書を交わして取引を行うことが可能です。しかし 「取引コストの削減による迅速な受発注処理」や「取引関係の予測可能性」、「複合的な契約を内包できる」などといったメリットが多く存在 するのです。

取引基本契約書の記載項目

・基本合意
取引基本契約書における基本的な取引内容を定めます。例えば商品の売買であれば「甲が取り扱う商品を継続的に売り渡し、乙がこれを買い受ける。」などのように売買契約であることを明確にします。

・適用範囲
取引基本契約書の内容がどこまでの取引に適用されるかを定めます。基本合意の内容について適用されると書きますが、もうひとつ重要な内容が「優先事項」です。イレギュラーな発注などがあった場合に交わす個別契約書と取引基本契約書の内容が異なる場合にどちらが優先されるか、「個別契約書が優先して適用される」といった内容を具体的に定めておきましょう。

・個別契約の成立
実際に発注を行う場合の発注方法を定めます。発注年月日、名称や品番、数量や納期、納品場所といった項目はもちろん、発注書(注文書)の提出方法も定めます。以前は紙の文書やFaxなどがオーソドックスでしたが、現在ではメールでの発注を受け付ける企業も多く存在するため、より簡易に行えるメールでの発注を定めておくことも可能です。また、受注者が発注内容を承諾しない場合、いつまでに通知しなければならない、といった内容も必要です。

・商品の受け渡し
発注書の内容に従い、納期までに納品場所に引き渡す旨を記載します。引き渡しにかかる送料についても、どちらが負担するか定めます。

・発注予想の提出
発注予想が欲しい場合「あらかじめ●カ月先の発注予想を毎月△△日までに提出する」などと記載します。予想と実際が大きく違う場合でも損害賠償請求ができないといった内容や、もし損害賠償請求できるのであれば、予測できないような事由があった場合についての対応も明記しておく必要があります。

・検査・検収
商品の受け渡し後、いつまでに検査を行って相手方に結果を通知するかを定めます。通知がなければ検査に合格したとみなすといった文言も重要です。

・不合格の場合の処理
検査、検収の結果、不合格であったものについて定めます。品質として不合格の場合や数量不足の場合に追加納入する期限や、数量超過の場合に引き取る期限、また検査不合格に対する異議などを通知する方法を明記します。

・特別採用
検査の結果、不合格となった場合でも、当事者同士が協議によって(場合によっては値引きなども含めて)価格を別途決定し、引き取れるといった内容を記載します。

・所有権の移転
納品された商品の所有権が、いつ相手に移転するかを定めます。例えば「所有権は検査合格時に移転する」などのように記載します。特別採用によって引き取られた商品についても「合意成立時に移転する」などと記載しましょう。

・危険負担
引き渡し前に発生した商品の破損や紛失、劣化などの損害を受注者が負担することを明記します。発注者側の理由による場合については、発注者が負担する旨も記載が必要です。また、引き渡し後についての損害は、発注者が負担することを定めます。

・商品の単価
商品単価の決め方を定めます。一般的には、受注者による見積書によって金額が提示され、両者協議の上、決定する旨を記載します。

・代金の支払いおよび相殺
商品代金の支払方法を定めます。例えば「毎月月末締め、翌月●日に、指定する金融機関の指定口座に振り込む」などと記載します。振込手数料をどちらが負担するかを明記するとトラブルを未然に防げます。また、発注者が受注者に金銭債権を持っている場合、支払金額によっていつでも相殺できる旨も記載することもできますが、相殺をしたくない場合は相殺禁止の項目を入れましょう。

・期限の利益の損失
支払い停止や支払い不能な状態に陥った場合や、差押え、仮差押え、破産、会社整理の申し立てを行ったなどという場合に、取引基本契約書や個別契約書(発注書)の利益期限を喪失することを明記します。本来、ビジネスにおいて「期限」は相手に待ってもらえるという利益ですが、待つことが取引のリスクにつながるような事態には期限の利益を喪失させ、相手方に対して直ちに債務を履行するように要求ができるようにする取り決めです。

・通知義務
法人の名称や称号の変更、指定口座の変更、代表者の変更などがあった場合に、直ちに通知する旨を記載します。

・瑕疵担保責任
納品された商品に瑕疵があった場合の通知方法と、対応方法を明記します。例えば補修や追加納品、代金の減額や損害賠償についてです。ただし、特別採用によって納品された商品については対象にしないことも明記が必要です。また、瑕疵担保責任の期限が納品後いつまでなのかも定めておきましょう。

・秘密保持義務
取引基本契約書や個別契約(発注書)によって知り得た相手方の営業上の秘密を、第三者に漏洩してはならない旨を記載します。

・解約の申し入れ・解除
契約解除を●カ月前に予告するといった内容を記載します。また「期限の利益の喪失」に記載した内容に該当した場合に解除できる旨も記載します。契約解除による損害の賠償に関しても明記しておきましょう。

NFTとは?仮想通貨との違いや利益を出す方法、最新の活用例を紹介

Non-Fungible Token


引用:Christie’s

CryptoPunks

さらに、日本国内でもVRアーティストとして活躍するせきぐちあいみ氏のVR作品「Alternate dimension 幻想絢爛」が、NFTマーケットプレイスの「OpenSea」で約1,300万円で落札され話題を集めました。

せきぐちあいみ

コレクターズアイテム

NFTトレカ

ONEPIECE

(c)2021, Eiichiro Oda /Shueisha Inc. All rights reserved.

ファッション

Gap(ギャップ)

Gap

同コレクションでは、Gapを象徴するフーディー(パーカー)をモチーフにしたNFTファッションが登場。コレクションは「コモン(Common)」、「レア(Rare)」、「エピック(Epic)」、「ワンオブアカインド(One of a Kind)」の4種類のカテゴリーに分かれており、コモンとレアの作品を購入することで、エピックの作品を購入する機会が得られます(ワンオブアカインドはオークション形式で販売)。

なお、エピック・カテゴリーのNFTコレクションを手に入れると、ニューヨークを拠点とするアーティスト・Brandon Sinesによる限定デジタルアートと、同氏が手がけるキャラクター・Frank ApeとGapのコラボフーディー(現物)を入手することができます。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)

イタリアを代表するラグジュアリーブランドの「ドルチェ&ガッバーナ」は、デジタルマーケットプレイスの「UNXD」と連携して、2021年9月に初となるNFTコレクション「Collezione 取引の基本や利益の出し方をわかりやすく解説 Genesi(ジェネシス コレクション)」を発売。9点で総額1885,73ETH(約6億円)という高値で落札され、話題になりました。

今さら聞けない財務分析の基本!収益性分析に必要な利益を分かりやすく解説!


売上高に対する売上総利益の割合です。粗利率と呼ぶこともあります。

②売上高営業利益率

③売上高経常利益率


売上高に対する経常利益の割合です。

④売上高当期純利益率


売上高に対する当期純利益の割合です。

(2)資本利益率

①自己資本利益率


自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合です。

②総資産利益率


総資産に対する当期純利益の割合です。

③経営資本営業利益率


事業に投下した資本から、会社がどのくらい効率的に利益を計上できたかを示します。経営資本に対する経常利益の割合です。

いずれの分析も、利益率を計算する時に重要なのは、何に対してどのくらいの利益を上げられたのかを分析する事です。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

これまでの融資支援実績は
4,500 件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、 まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。 融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

株式投資で利益を出す仕組みとは?株の買い方や儲け方を解説

株式投資で利益を出す仕組みとは?株の買い方や儲け方を解説

株式投資はいくらから始められますか? 100株単位の単元株なら数万円から始められますが、買いたい株をその金額で買えるとは限りません。投資したい株の株価が数千円や数万円といったケースもあるでしょう。1銘柄だけ買うなら高くても問題ないかもしれませんが、複数の株に投資する場合は多くの資金が必要になります。 その場合は、100株未満で買える単元未満株に投資しましょう。単元未満株は1株や10株など少ない株数で投資できるため、少額から投資を始めたい人に向いています。ただし、単元未満株の売買ができない証券会社もあるので気をつけましょう。

株価チャートは確認すべきですか? 長期的視点で投資する場合、株価チャートはあまり気にする必要はありません。企業の価値はチャートで判断されるものではないため、業績や事業内容、財務状況を分析するほうが重要です。 しかし、チャートが売買の判断材料になることも少なくないため、チャートの基本は押さえておくことをおすすめします。 例えば一定期間の株価を平均化した「移動平均線」はその株のトレンドの確認などに使われ、日足チャートでは一般的に過去5日間、25日間、75日間の移動平均線が表示されます。期間が長くなるほど長期のトレンドを反映するため、中長期投資では25日や75日の移動平均線を分析するとよいでしょう。

昼間に仕事があっても株の取引はできますか? 株の取引は、昼間仕事がある人でも可能です。 株を売買できる時間は9時から15時まで(11時30分から12時30分は休場)ですが、注文は24時間出せます。そのため夜に株価をチェックし、注文を出しておくことも可能です。リアルタイムで売買したい場合は、PTSを利用すると夜間などに取引できます。

PTSとは
証券会社内で株を売買できるシステムです。証券取引所を通さずに売買が行われるため、「私設取引システム」と呼ばれます。 PTSは証券取引所が開いていない時間でも売買ができるため便利ですが、通常よりも取引量がかなり少ない点や売買できる株が限定される点に注意が必要です。

株取引にはどのようなコストがかかりますか? 株の取引コストは、株を売買したときの約定代金に応じてかかります。株を買って売却すれば、買付と売却の約定代金それぞれに対して手数料が発生します。 株の売買手数料は「約定代金が50万円から100万円の間は◯円(◯%)」といったものや、「1日の約定代金が100万円までは一律◯円」といったものがあります。 複数のプランを用意している証券会社もあるため、投資する金額や頻度などに合わせて選択しましょう。

株取引の税金にはどのようなものがありますか? 株の税金は、1月1日から12月31日までに受け取った売却益と配当金に対してかかります。税率は20.315%で、利益部分が課税対象になります。 例えば、ある株を売却して30万円の利益が出た場合、税金は6万945円です。 売却益については原則確定申告が必要ですが、証券会社で「源泉徴収ありの特定口座」を選択している場合は、損益・税額の計算や納税を証券会社が代行してくれます。

特定口座とは
株式等の損益を証券会社が本人に代わって計算することで、確定申告手続きの負担を軽減できる制度です。「源泉徴収ありの特定口座」を選択すれば、納税も証券会社が行ってくれます。 一方、配当金の税金は原則的に源泉徴収が行われるため、確定申告は不要です。ただし確定申告を行う場合は、総合課税または申告分離課税を選択できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる