株初心者必見

バイナリー オプション スプレッド

バイナリー オプション スプレッド

ハイローオーストラリアの人気取引に スプレッド取引 があります。通常のハイロー(HighLow)取引と比べて、その 利益額が大きくなることが人気の理由 です。

ハイローオーストラリアのスプレッド取引とは?攻略法もご紹介

ハイローオーストラリアのスプレッド取引とは?攻略法もご紹介


ハイローオーストラリアの人気取引に スプレッド取引 があります。通常のハイロー(HighLow)取引と比べて、その 利益額が大きくなることが人気の理由 です。

ハイローオーストラリアのスプレッド取引とは

ハイローオーストラリアのスプレッド取引は、 売値と買値で建値されたオプション取引 です。外国為替市場では、基本的な価格設定方式となっています。

そもそもスプレッドって何?

スプレッド取引

ハイローオーストラリアのスプレッド取引

スプレッド取引2

もともとのスプレッドの意味である「延ばす、広げる」からも分かるように、 業者が総取りできるレンジの幅を拡大する取引がスプレッド取引 なのです。

スプレッド取引のペイアウト率

≪スプレッド取引≫ バイナリー オプション スプレッド
HighLow スプレッド 2.00倍
Turbo スプレッド 2.00倍から2.30倍

≪通常の取引≫
HighLow 1.85倍から1.95倍
Turbo 1.85から1.95倍

スプレッドが設定されているために、 ペイアウト率に大きな差が発生 しています。

2種類のスプレッド取引

HighLow(ハイロー)スプレッド

ハイロ―スプレッド


HighLow スプレッドは、レンジ幅を通常のHighLow取引に設定した取引です。取引の終了時点で、為替値がレンジ幅を超えて上回っているか、下回っているかの予想を的中させることができれば、利益を得ることができます。

Turbo(ターボ)スプレッド

ターボスプレッド


Turbo スプレッドは、レンジ幅を通常のTurbo取引に設定した取引です。Turbo取引というのは、HighLow取引の取引時間を短縮した取引です。設定されている取引の時間は、 30秒、1分、3分、5分とかなり短く設定 されています。

Turbo スプレッドのペイアウト率は、 2.00倍から2.30倍 に設定されています。また、採用されている銘柄は、通過ペアが7種類となっています。

【トレード編】バイナリーを取り扱う国内業者と海外業者の主な違い!それに合わせてスプレッドの説明も!

pcモニター

バイナリー

そのついでに別の記事で登場した「 スプレッド 」というものについても説明していきます。

海外業者(今回はハイローオーストラリアを例とします。)の場合ハイロー取引を採用していますが、国内業者は規制の関係で「 ラダー取引 」という形をとっています。

スプレッド

スプレッドというのは前にも説明したのですが、一言でいえば ズレ のことです。正確にはちょっと違うのですが、バイナリーオプションを利用する者としてはこのイメージのほうがあっているのかなと思います。

では、 国内業者と海外業者の違い についてです。

海外業者の場合、単純に同時アクセス数の増加などによって エントリーしようとしたポイントがずれてしまった分の差 をスプレッドといいます。

それともう一つ、スプレッド取引というのがあって、簡単に言うと 予想するのが難しくなる代わりにペイアウト率が上がる取引方法 です。

Highエントリーで取引したい場合、通常であれば100.101円以上になれば勝ちですがスプレッド取引の場合、100.110円以上でないと勝ちにならなくなってしまうんです。

こっちは 途中決済や転売時に、買値と売値の差のこと を指します。ですが、国内業者は規制によってペイアウトが1,000円に固定されてしまって購入金額が変動している形をとっています。

その取引方法をラダー取引といって、一回の取引金額が少なく済む代わりに途中決済や転売を行った際に ペナルティ的に売値が下がる と思ってください。

スプレッドの分 不利な位置からのトレード が始まるものだと思ってください。

国内業者と海外業者の違い

理由はシンプルにラダー取引は 難易度が高いから です。

大きい利益を目指すなら予想する幅が大きいもの を選べばいいし、 手堅く利益を上げたいなら、予想する幅の小さいもの を選べばいいだけです。

ですが、1円が1,000円になる値幅を予想するとなればそれだけ難しくなるので、 勝率やロジックなどがちゃんと通用するものではないのか と私は考えてしまいますね。

それなら、 しっかりと分析した分成果を上げてくれるハイロー取引 のほうが現実的に利益を上げる続けることができると思います。

国内業者の例として1円からといいましたが、業者によって最低のベット金額は変化しますので取引前に確認することを忘れないようにしましょう。

海外業者はハイロー取引を扱うものが多いですが、その中でもペイアウト率の違いやしっかりと出金ができるかどうかなどを確認しましょう。

スプレッドが意味するものは、ハイロー取引の場合は配信レートのズレ、ラダー取引の場合転売時に差し引かれる分のペナルティ的なもの、fxの場合は買値と売値の差になります!

私が個人的に海外業者をオススメしているのは、 ハイロー取引を行えるということ と、ハイローオーストラリアの場合 しっかりと出金してくれる という点が確認できているためです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる