バイナリーオプション

株価移動平均線の見方

株価移動平均線の見方
テクニカル指標・チャート分析

移動平均線の見方と使い方

移動平均線は、もっともメジャーかつポピュラーなテクニカル分析で、相場のトレンドを把握したり、売買のタイミングをはかる指標として広く利用されています。移動平均線は、過去にさかのぼって株価の終値を合計し平均したものを折れ線グラフにしてあらわしたものです終値を合計する日数には、5日、25日、75日、100日、200日などがよく使われます。5日は株式市場が開いている月曜日から金曜日までのおよそ1週間をあらわす単位で、25日はおよそ1か月をあらわす単位、75日はおよそ3か月を表す単位、200日はおよそ1年を表す単位と言われています。
このうち25日移動平均線はもっともよく使われることが多いことから人気線とも言われています。そのほか75日線は需給を占う需給線、200日線は景気を占う景気線といわれています。

株の練習

1・移動平均線の見方

25日移動平均線を例に移動平均線の見方を解説をします。
25日移動平均線よりも株価が上にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい利益が出ています。売り圧力よりも買い圧力が強いことを示しています。このような時は心にゆとりができ、まだ上がるかもしれないのでもう少し持ち続けてみようとする心理が働きやすくなります。
逆に25日移動平均線よりも株価が下にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい損をしています。これ以上下がる前に株を早く売りたいという心理が働きやすく、売り圧力が買い圧力よりも強いことを示しています。。

移動平均線が右肩上がりにあるときは上昇トレンドにあるといい、右肩下がりにあるときは下降トレンドにあるといいます。

シティグループの移動平均線

2・移動平均線の使い方

移動平均線を上値支持線または下値支持線として使う方法。
上昇トレンドまたは下降トレンドを描いているときに、株価が移動平均線に近づいたとき、または離れたときに買いや売りを仕掛けるトレード手法。
上図のシティグーループの4月20日ごろを見ると、上向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反落しています。このように株価が移動平均線に近づいたポイントは小さな変化点になりやすく、売りや買いを仕掛ける一つの目安となります。
上向きに転じた株価が移動平均線で押さえつけられて反転する場合の移動平均線を上値支持線(またはレジスタンス)といいます。
シティグーループの9月5日や10月4日あたりを見ると、下向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反転しています。
このように下向きに転じた株価が移動平均線で戻されて反発する場合の移動平均線を下値支持線(なたはサポート)といいます。

株価が移動平均線よりも上方向に離れていることを上方にかい離しているといい、株価が小さく反落しやすいポイントの一つとなります。これも売買を仕掛ける一つの目安となります。
株価が移動平均線よりも下方向に離れていることを、下方にかい離しているといい、株価が小さく反転しやすいポイントのひとつとなります。

株価チャートは日足だけでなく、分足や時間足、週足などもあります。このようなとき移動平均線の計算に使う数字は、日数でなく、分や時、週などの単位が使われます。
分足チャートはデイトレードでよく使われ、移動平均線の計算には、12本、24本、48本の数字がよく使用されます。5分単位で計算すると、1時間は12本、2時間は24本、4時間は48本にあたります。週足チャートでは、13週、26週、52週、月足チャートでは、12か月、24か月、60か月がよくつかわれます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

株価が下降トレンドを描いているときは、短期移動平均線の上に中期移動平均線がきて、上昇トレンドを描いているときは、中期移動平均線の上に短期移動平均線がきます。下落していた中期移動平均線が横ばいまたは上向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上へと抜けていった交点をゴールデンクロス(GC)といい、下降トレンドから上昇トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。逆に上昇していた中期の移動平均線が横ばいまたは下向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を上から下へと抜けていくとき交点をデッドクロス(DC)といいます。上昇トレンドから下降トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。

移動平均線の基本、SMA(単純移動平均線)の見方・使い方を解説!

SMA(単純移動平均線)の見方・使い方

テクニカル指標・チャート分析

移動平均線の基本型がSMA

SMA(単純移動平均線)の計算式

SMAは、 過去の一定期間における、終値の平均値 から算出されています。

日数終値SMAの値
1日目100円
2日目102円
3日目103円
4日目104円
5日目105円(100+102+103+104+105)÷5=102.8
6日目110円(102+103+104+105+110)÷5=104.8
7日目111円(103+104+105+110+111)÷5=106.6
8日目109円(104+105+110+111+109)÷5=107.8
9日目107円(105+110+111+109+107)÷5=108.4
10日目106円(110+111+109+107+106)÷5=108.6

移動平均線の期間による違い

以下チャートでは、 短期線は5日 、 中期線は21日 、 長期線は70日 で設定しています。

SMAの短期線、中期線、長期線

株価移動平均線の見方 参考チャート:外貨ex byGMO

SMAの見方と使い方を知ろう!

移動平均線のゴールデンクロス

参考チャート:外貨ex byGMO [米ドル/円 日足 2018年3月〜11月頃] 株価移動平均線の見方 中期間の移動平均線が長期間の移動平均線を上抜いたらゴールデンクロス、つまり買いサインとなります。

移動平均線のデッドクロス

参考チャート:外貨ex byGMO [ユーロ/米ドル 日足 2018年3月〜11月頃] デッドクロスはゴールデンクロスの反対となる見方で問題ありません。

SMAの注意点は?

SMAは「過去の一定期間におけるレートの平均値」から算出されています。
そのため、レートが短期間で一方方向に動いている時、すなわち 直近の大きな変動に対して、反応が遅れがち となる特徴があります。

テクニカル分析で相場の流れをつかもう!具体的な分析手法を紹介

テクニカル分析とは株の分析手法のひとつ

株の分析手法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類があります。過去の値動きから考えるのがテクニカル分析、企業業績等を使って分析するのがファンダメンタルズ分析です。

2種類の株の分析手法

テクニカル分析は過去の値動きから考える

ファンダメンタルズ分析は企業業績等を使う

テクニカル分析で使う指標には2種類ある

テクニカル分析で使う指標にはトレンド系とオシレーター系の2種類あり、相場の流れや方向性を判断するために使うのがトレンド系テクニカル指標、買われ過ぎや売られ過ぎを判断するために使うのがオシレーター系テクニカル指標です。

1.トレンド系テクニカル指標

移動平均線

一目均衡表とは、相場が買い方と売り方の均衡が崩れたときに大きく動くことに着目して、どちらが優勢なのか均衡関係を一目でわかるようにしたテクニカル指標です。

2.オシレーター系テクニカル指標

MACD

RSI

テクニカル分析3つのメリット

テクニカル分析のメリット

1.株価チャートは視覚的で分かりやすく分析しやすい

2.経済や財務諸表の知識がなくても分析できる

3.プロと個人投資家で情報量の差が小さい

テクニカル分析3つのデメリット

テクニカル分析のデメリット

  1. 事象に対応できない
  2. 複数の指標で違うシグナルが出る場合がある
  3. 分析結果が常に正しいとは限らない

1.株価の急落など突発的な事象に対応できない

2.複数の指標で違うシグナルが出る場合がある

3.分析結果が常に正しいとは限らない

テクニカル分析を実際に使う場合の注意点

テクニカル分析の注意点

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

【株初心者向け】株式投資の始め方や勉強しておきたい3つのことなどを解説

株の売り時の見極めポイント4つや注意点、分析ツールを解説

株の買い方や証券会社選びのポイント、注文方法の種類や違いを解説

MONEY HUB PLUS 編集部

未来につながる投資情報メディア「Money Hub Plus(マネハブ)」の編集部です。
みなさまの資産形成に役立つ情報を日々発信しております。

資産運用セミナー オンラインでも開催!投資信託相談プラザ

資産運用に役立つ情報配信中!投資信託相談プラザ Youtube公式チャンネル

限定セミナーや最新情報をお届け!メールマガジン登録受付中!|ご相談無料の投資信託相談プラザ

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる